氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
給食食べ残し。
ある町の中学校で給食の食べ残しが問題になっているという。
食べ残しの画像を見てみると…想像を絶する食べ残し。正直驚いた!えっ!これは無いだろう…と。
生徒の言い分は「美味しくない」「冷たい」…
町の言い分は「食育に則った塩分や味」「配送には温度制限があるので冷たいのは仕方が無い」…
今回の場合は給食といっても弁当タイプで、その味がちょっと…ということらしい。冷たいというのは食品衛生上19度で運搬している為で、一般的に考えれば、コンビニの弁当をレンジで温めないでそのまま食べる感覚なのではないだろうか…。
自分自身は、小学校〜中学校まで給食だったが、学校で調理される給食の恩恵を受けてきた。そこは恵まれていると思うし、当時の行政に感謝したいと強く思う。給食自体、勿論温かいし不平も不満も全く無かった。というより「残すな!」時代だったのもこれまた事実で、味がどうこういう時代ではなかったような気がする。ごはん・パン・麺類・給食のお皿や箸・スプーン・牛乳・たまにある特別給食?みたいな…今となっては懐かしい思い出だ。
今回の場合は弁当という違いはあれど、成長に一番重要な時期であろう中学生が、昼ごはんを食べる事が出来ないということには違いなく、義務教育で考えれば重要な問題だと思う。時代時代で文化も教育も環境も変わる…美味しい不味いだけの問題では無い気がする。
と思っていたら続報で当該給食で、虫や髪の毛、ビニール片などの異物混入が昨年1月以降で約100回見つかっていたという。町の調査でわかったらしい…。
業者が問題なのか町が問題なのか生徒が問題なのか…よく解らないが、ただ一ついえることは、学校の意見は?と。当然ながら同じモノを食べていた筈だろうし、学校運営という立場でも食さなければいけない筈。学校サイドはOKだったのだろうか?NGだったのだろうか?現場の大人=教員の判断は重要だと思う。
義務教育の給食…
・残している
・残されている
・残さざるを得ない
・食べない
・食べたくない
・食べられない
表現によってはどうにでも解釈できる…。
ただ一つ…義務教育の中学生がアレだけの量を残しているのは、間違いなく問題なのだから、早急に解決すべき問題だと思う。
| - | 23:06 | - | -
サンマ不漁。
サンマが不漁なのだという…。
近年の他国の漁獲の問題もあるのだが、根本は地球温暖化による水温上昇だろうと言われている。日本近海で獲れていたサンマが、水温上昇と共に離れていく・・・まぁ納得できる話ではある。
これだけ自然環境が破壊しているのだから、昔の様に…とか例年通り…は如何せん無理な話。サンマからすれば、自分に一番良い海を目指す訳で、人間が昔の様に海水温を低くするか!といっても、勿論そんな簡単な話ではない。ましてや魚場が遠くなったのなら遠くまで獲りに行けばいい!という単純な話でもない訳。そこには必要経費なり何なりと…それが価格に跳ね返ってくるのが世の常。
庶民の味・味方…そんなサンマがいつか高級魚になることは無いと信じたいが、人間が環境を破壊し続けている現状において、自然界は極々当然に環境に対峙している。種が少なくなるのもいれば、増えている種もある…。
全ては人間が招いた結果ということは忘れてはいけないと思う…。
| - | 21:43 | - | -
9秒98
桐生祥秀選手が日本人で初めて男子100メートルで10秒を切った…そのタイム9秒98。
ただただ…素晴らしいことだと思う。1998年に10秒00を記録して以来の記録更新。高校時代に素晴らしいタイムを記録した事もあり、大学生活で注目され続け大学4年で突破した…会見でも話していたが、コーチとのエピソードは涙が出てくる。選手もそうだがコーチも戦っている…その結末があのコーチの涙なのだと思う。
世界で夢の9秒台といわれた時代があって、世界では9秒台が当たり前になった現代…。
100分の1秒の世界で戦っている現実は凄いもの。30〜50cmとかのレベルなのだという。それをクリアできれば9秒台みたいな…たかが40cmなのかもしれないが、されど40cm。その「距離」が物凄く大きく、遥か遠いのが100mの世界なのだろう。
先のリオオリンピックでの男子4×100mリレー銀メダルでもそうだが、近年の陸上短距離の活躍は物凄い。そもそも体格差が大きく不利な中で、リレーで銀メダルというのは賞賛以外の何ものでもないと思う。
長らく10秒の壁を越すことが出来なかった訳だが、今9秒台の世界に入ったニッポン短距離。
今回は追い風1.8mの記録ではあるが、陸上競技は自然環境との融合でもある…だから“最高記録”な訳だろうし、同じ条件なら俺も!俺だって!そういうライバルアスリートはたくさんいると思う。いやいるだろう…。
そんな選手が今後どうなるか?TOKYO 2020 はどうなるのか?…更に更に応援!!そう思える…ニッポン陸上短距離だと思う。
| - | 22:09 | - | -
電車が燃える!
沿線の建物からの火事。
・煙を確認も通過できると判断した電車。
・線路からの消火活動を考えた消防。
・消防の要請を受け踏み切りの非常ボタンを押した警察。
・非常ボタンで強制的にブレーキがかかり動けなくなった電車。
・火事現場の真横に電車が停まり、しばらくして電車の屋根に燃え移る…。

流れとすればこういう感じなのだろうか…。
普通に考えれば「何で火事現場の横に横付けするんだ!」となるだろうが、システム上の強制的な緊急停車なのだからこればかりは仕方が無い。「じゃあ早く移動しろ!」となるのだが、コンピューター管理されている以上、運転士の判断で勝手に運行が出来る訳でもなく、マニュアル上、運行管理?指令?なりへの報告や非常ボタンが押された踏み切りの安全確認もしなくてはならないのだろう…。「電車が動けないのだから電車から降ろせ!」と言っても線路に降りる避難誘導は、厳しい規制があってそれぞれの確認や許可が必要な訳で…。世界に誇る我が国の電車の安全運行システムが、逆に影響したという方が正しいのかとも思う。

ただ考えれば考えるほど怖い話。屋根が燃えているのだから…これが仮にラッシュ時だったらどうしたのだろうか?他の車両への移動などは出来る訳がない…ただただ待っていろというのだろうか…。非常時はマニュアル通りではなく現場の運転士と車掌の判断に委ね…勿論理想論ではある。都市部や過密ダイヤの現状では中々難しいとは思うが、何らかの対策は必要な気がする。

勿論…今回の件は、それぞれ最善を尽くそうとした結果。

それは間違いないが、最良だったのか…大惨事にならなかったら良かったで済まされる事ではないとは思う。
| - | 21:25 | - | -
四横綱
大相撲秋場所…四横綱のうち三横綱が休場するのだという…。

残念だが、怪我なのだから仕方が無い…。
ただ同じ様な怪我をしながらも我慢して出場する力士はいると思う。その違いは何か…横綱という立場だと思う。立場というよりはある意味、特権なのかもしれない。横綱はどんなに負けようが休場しようが、その番付が下がることは無い。その代わり何が問われるのか?といわれれば「優勝」だと思う。四横綱である今は「優勝争い」となる。そう考えれば休場は仕方が無いと思う。でもその出場したときの成績はどうなのか?とも思ってくる。

A:2勝3敗10休→15勝(優勝)→14勝1敗(優勝)
B:13勝2敗(優勝)→6勝5敗4休→2勝4敗9休
C:10勝5敗→1勝4敗10休→2勝2敗11休
D:10勝5敗→11勝4敗→11勝4敗

ではあるが、ここ30場所(過去5年)でみてみると優勝力士の内、
横綱…24場所
大関…5場所
関脇…1場所

大関&関脇優勝した後、後に大関&横綱になった分を反映すれば…
現横綱…27場所
現大関…2場所
現関取…1場所

横綱、圧倒…。

で、横綱白鵬の優勝回数が…17回/全30場所

何も言う事ができなくなる…。
| - | 21:10 | - | -
IKKOディナーショー in 浜松(静岡)!!
美のカリスマ IKKO メイク&トークショー
〜いくつになってもキレイになれる! IKKOの美の法則〜

日 時:2017年10月15日(日)17:30〜19:00
会 場:4F 宴会場「平安」
料 金:15,000円(税・サ込)
食 事:Aプラン16:00〜 Bプラン19:00〜
主 催:オークラアクトシティホテル浜松
問合せ:イベント予約係 053-459-1450(10:00〜19:00)

是非、お越し下さい!
| - | 21:48 | - | -
IKKOディナーショー in 新潟!!
美のカリスマ IKKO メイク&トークショー
〜いくつになってもキレイになれる! IKKO 美の法則〜

日時:2017年10月1日(日)16:00〜17:30
会場:4F 宴会場「朱鷺の間」
料金:16,000円(税・サ込)
内容:ショー、料理・ワンドリンク付
食事:1部 14:15〜15:45 2部 18:00〜19:30
主催:ホテル日航新潟 
問合せ:予約課 025-241-0808(10:00〜18:00)

是非、お越し下さい!
| - | 18:43 | - | -
バードストライク
羽田発ニューヨーク行きの飛行機で発生し緊急着陸したという。
バードストライク…鳥が飛行機にぶつかる事故。今回は飛行機のエンジンに鳥が入ってしまう事故だった様だが…こればかりは本当に仕方が無いとは思う。現に昨年だけでも日本で1626件、ここ数年をみても1500〜2000件で推移している。そのうちエンジンやプロペラなどへの衝突は約18%、ノーズ(先頭)部分で約35%、翼で約23%なのだという。
重大な事故が起きていないのが幸いではあるが、ある意味怖くもある。知られている通り、飛行機は片方のエンジンが故障しても飛行できる…が!バードストライクが両エンジンになってしまったらどうなるのだろう?とか…。
まぁでも利用者からすれば、飛行機(航空会社)も空港も最大限の対応や対策をしている…それを信じるしかない。飛行機とはそういうものだと!
ただまぁ…ニューヨーク行きの飛行機…乗客はその後どうなったのだろうか?仕事もあればプライベートもあるだろう…様々なドラマが進行しているのだろうなぁとは思うが、でもこれも飛行機とはそういうものだ!と納得するしかない。
| - | 20:12 | - | -
充電の不具合…携帯ショップ VS 量販店
携帯の充電がどうもおかしい…。
朝起きてみたら満充電ではない…えっ!何もかも全て正常に繋がっているのに…。自分の充電器はアダプター&ケーブルの別々式なのだが、どう考えてもしっかりと接続されている…携帯の故障か?と思い、様子を見ることにした。ランプは点いているので、充電はされている様なのだが、どうも遅い様な…。
諸々調べて見ても良く解らず…病院へ!(勿論、某携帯ショップ)
その某携帯ショップでの診断は…本体は異常なし/アダプターorケーブルの異常ではないか?とのこと。正規品を薦められたが、正規品は大きくて使い勝手が悪く高いので購入は止めて某量販店へ行くことに…。
某量販店で充電器(=アダプターorケーブルどちらの異常か解らないので、一気にどちらも変えようと一体型)を購入しようとしたのだが、最初の対応…「どうされたのですか?」と。事情を説明すると「某携帯ショップではどこの異常と言われましたか?アダプターですか?ケーブルですか?この一体型充電器を購入されるよりは、部品だけの交換の方が少しは安くなりますよ」と…某携帯ショップではアダプターorケーブルの異常との診断だったので、その旨を伝えると「そんなの直ぐに解りますよ!お調べしましょうか?」と…何というグレートな対応。結果…「多分、アダプターだと思いますよ!」と。結果、アダプターのみを購入し充電してみた…復活!!!!!
何とも感動した!!!
(1)一体型の正規品を購入
(2)アダプター&ケーブルを一気に購入
(3)アダプターのみを購入
この3つの選択だったのだが、一番安い(3)で済ませる事ができた。某量販店のスタッフに言われなければ、(2)を選択していた。某量販店に感謝しかない!!勿論、某携帯ショップでの商品取り扱いは一体型しかないのも解る…でも何だろうか、感情というか何というか…。
勿論、大きな金額ではない…でも大きな感動と満足感を得る事が出来た…これこそお金では買えない幸せだと思う。
某量販店=Bさん、ありがとう!!!!!
| - | 21:32 | - | -
野球場に鳥の大群!
鳥の大群が押し寄せ球場を支配した!?という。
えっ!?と思って映像を見てみたら…凄かった。というか面白かった!?
内外野問わず、鳥の大群が低空飛行であっちにこっちと…野球どころではない!
追い出し作戦に出た球場スタッフ。
・笛を吹きながら追いかけるという人海戦術を敢行!
・花火で威嚇!
・消灯作戦!
・ドローン投入!
・???
しばらくして大空に消えた鳥達…それに費やした時間、数十分。
どういう訳で舞い混んで来たのかは解らないが、鳥達も混乱していたのではないだろうか?ココはどこ?何この音?誰これ?明るい?暗い?えっ?何?みたいな…。
自然なり動物なり…人間の尺度では図れないよなぁ〜と改めて思いつつ、数十分の間、球場内を右往左往と旋回し飛び続ける鳥達…鳥にとっては大したことは無いのかもしれないが、その凄さも感じた出来事だったなと…。あぁ…一度は鳥になってみたい!!
| - | 21:09 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE