氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
IKKO(美容家)トークショー in 宇都宮!!
美容家IKKOトークショーin栃木(宇都宮)!!

主催の皆様、ご来場の皆様、現地関係業者様…関係しました全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!
| - | 21:22 | - | -
美のカリスマIKKOトークショーin愛知!!
美容家IKKOトークショーin愛知!!

主催の皆様、現地関係者の皆様、そして…ご来場の皆様。

関係した全ての皆様に厚く御礼を申し上げます!!

ありがとうございました!!!!!
| - | 20:20 | - | -
美のカリスマIKKOトークショーin仙台!!
美容家IKKOトークショーin仙台!!

主催の皆様、現地関係者の皆様、そして…ご来場の皆様。

関係した全ての皆様に厚く御礼を申し上げます!!

ありがとうございました!!!!!
| - | 21:44 | - | -
図書館・・・切り取り事件。
全国の図書館でページの切り取り事件が頻発している。
特に「学校史」や「記念誌」等が狙われているのだというが…それは無いだろうと思う…。
そもそも切り取るという行為自体が問題。公共の財産だろうと…正確には行政なのかもしれないが、地域住民の為のものだろうと…。それは今いる住民だけではなく、将来の住民への為でもある。しかも地域のシンボルでもあろう学校関連のものを…一般書籍ではないのだから冊数も限られているだろうし…それを何故…。
犯人には厳罰でいいと思う…安易な気持ちでやっているかもしれないが、悪戯とか悪ふざけで許されるような事ではない。賠償もしっかりとやるべきだと思う…ただ決してお金では解決できない学校史や記念誌もあろうかとは思う…それだけ貴重なものということ。
どうなんだろうか…性善説の自分的には諸手を挙げて…とはならないが、最後はやっぱり防犯カメラなのかな…と。今や街中どこでも、エレベーターにも電車にも車にも各家庭にもカメラがある時代。運用方法や管理体制をしっかりすれば、問題ないと思う。警察だって、結局は民間の防犯カメラや監視カメラを重要視している時代なのだから、もっと国をあげて防犯カメラを普及させればいいと思う。神社仏閣への液体事件もそう…悪戯・悪ふざけではなく犯罪だろう。それで失う価値や文化、歴史、資料、財産、想い…あなたはどう返してくれるんですかと…。どう考えても…悪戯・悪ふざけで済まされるものではない。
| - | 19:56 | - | -
横綱の怪我
横綱:稀勢の里の怪我が気になって仕方が無い…。
自身の想いが一番優先されるべきとは思う。でも今場所は休場で良いのではないだろうかと…。
待望の優勝と日本人横綱誕生、そして先場所の奇跡の連続優勝…そして今場所になるのだが…先場所の怪我が完治していない現状がある。そんな中で強行出場をしてボロボロになってしまったケースも多々ある訳で…同じ様になって欲しくは無いと切に思う。今場所は休場して怪我を完治させてからの勝負でもいいのでは?と…。
出るも出ないも横綱次第……
横綱だから!の強行出場もあれば、横綱だから!の休場もありとは思う。
| - | 19:46 | - | -
75歳の医師
大分で川に溺れた男児を飛び込んで救出した人がいる…75歳男性/医師。
映像で見た…賞賛の一言。
医師であるからこそ、救えた命ということもあるかもしれないと思う。それは救出しようとして命を落とす人が少なくないから…。救出先までは泳いで向う事ができても、要救助者を確保した瞬間から自身の危険性が増すという。溺れている人はパニック状態…予期せぬ行動もあるのだという。冷静に身を委ねてくれれば何とか引っ張って…とはなるが、そんな状況ではない。強引に身を寄せられると自らの動きの制限も取れなくなり…という事案は少なくない。人を助けるために行動し、自ら命をおとす…こんなことはおきて欲しくない。
そんな中での今回の救出劇は、医師による冷静な判断というのも確実にあったと思う。しかも75歳…。年齢、職業とは言いたくないが、周囲には他にも多くの大人もいたことだろう…この医師に関しては賞賛以外の何ものでもないと思う。
そして救助された男児…おじさんなのか、おじいちゃんなのか、お医者さんなのか…男児がどう表現するのかは解らないが、「あんな**になりたい!!」って人生を送って欲しいなと思う。
| - | 21:19 | - | -
臭い....。
人それぞれ臭いはある。体臭もそうだろうし、香水や整髪料、化粧品…。自分では意識していなくても、時に他人にとっては「臭い」「不快」と感じる事も無くはない。自分もエレベーターに乗って強烈な臭いを感じたときは何度もある…。
今回は新幹線での話。喫煙ルームでタバコを吸った人の臭いが気になる!ということ…。まぁ確かに…とは思う。線香と同じで臭いは着く。それが不快だから止めろ!というのも少々…という気がする。タバコが合法である以上、こればかりは共存するしかないと思う。人によっては香水、整髪料、化粧品…が嫌だ!という人ももいるだろうし、現にタバコ以上に臭いを撒き散らしているであろう時もあるが、こんなことは仕方が無いと思う。
ただ今や電車内での「アルコール」や「弁当」などについてもクレームがあるのだという。要は「アルコール臭」や「弁当臭」ということ…確かに解る部分もある。自分自身、気になるときも確かにあるし、どちらも独特の臭いが周辺には伝わる…でもそれが禁止事項なのだろうか?それは違うと思う…。アルコールの臭いが弁当の臭いがって、じゃあ車内では全く臭いがしない飲食物しか駄目ということなのだろうか?臭いの強烈な食品を持ち込んで電車内で…というのであればそれは配慮は必要だろう。でもアルコールや弁当などはただ単に駅構内で購入したものだろうし…そこまで束縛するモノなのだろうか?
何だろうかな…度の過ぎた主張が多い様な気がする。公共交通機関である以上、独占は出来ない訳で個人が望む環境は提供できる訳が無い。個人が望む環境を望むのであれば、座席を買占めすれば良い話。そこに他人が存在する時点で個人の絶対は有りえないのが世の常だろうと…。

お客様は神様です!・・・・これは客が思い主張するのではなく、もてなす方が思い実行すること…。

中には神様と思えないという人もいるのではないだろうか…それが現実の様な気がする。何故、クレーマーやモンスター等の言葉が生まれてきたのだろうか…売買関係はお互いの関係だと思う…。そもそも人間社会なのだからお互い様ということは大前提としてあるべきだと思う…。
| - | 21:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE