氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
雪崩事故.....。
栃木県で登山講習中の高校生と教員が雪崩に巻き込まれ8人が死亡した事故。主催した栃木県高校体育連盟の登山専門部や引率教員等の責任問題が浮上している。

何とも胸が痛くなる事故ではある。実施の有無の判断や遭難場所を知らせるビーコンの未装備、緊急事態の一報時に本部の責任者が席を外していた等の問題があったというので、それらも含めての本講習についての過失については、当然捜査や調査をすべきと思う。ただ引率した教員が素人なのか?と問われればそうではなく、いうなればベテラン。参加した生徒も登山部や山岳部で素人参加の登山教室ではない。

そう考えれば…自然とは正に予測不可能ともいえるとは思う。

どの報道の誰とは言わないが、登山専門家という人のコメントで「当然、雪崩はあり得る。責任者は避けるべきだった」みたいなコメントがあったが、それが常識なのか結果論なのか…。

やはり…自然は予測不可能。

自然相手に関しては人間の想像・予測・想定を超える…としか言いようが無い気がする。
| - | 19:01 | - | -
美容家IKKO講演会in池袋!
美のカリスマIKKO(美容家)講演会in池袋!!

主催の皆様、運営&代理店の皆様、現地関係者の皆様…そしてご来場頂きました皆様。

関係した全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!
| - | 21:03 | - | -
横綱・稀勢の里:優勝!
新横綱・稀勢の里が優勝した!!
しかも…逆転優勝。何といっても手負いの状況からの逆転優勝だったので、感動はひとしお!!
怪我を負ったときに誰もが「優勝は無理」と考えたと思う。その後の相撲をみても全く力が入らない状況で…正に絶望。待ちに待った日本人横綱。そんな希望や期待、そして何より重圧に耐え、文句の付けようの無い内容で連勝していた横綱に降り注いだ負傷という試練。相撲の神様も凄いことやるなとも思った。
が!まさかの2連勝…これは本当に感動モノ。もう捨て身というか覚悟を決めたみたいな…。本割の右に左に変わった立会いもそうだろう…優勝してこそ横綱みたいな…。「立場が人をつくる」とはよく言ったもので、横綱の権威や意味、横綱としての優勝のためになりふり構わぬ姿…正に横綱としての気概を感じた。状況が違えば、あの立会いだって横綱らしくは無い、当たり前だ。でもそうしなくてはいけない位の傷を負っている訳で、本来であれば休場ものだったのかもしれない。そんな中での強行出場なのだから、それは誰もが納得するところだと思う。
そして…君が代のときのあの涙。
あれが心に来た…あの姿が何ともいえない…。心から賛辞を贈りたいと思う。
一方で感動劇の裏には相当の無理もあったような気もする。表彰式で相当重いであろう内閣総理大臣杯を受け取るときの苦悶の表情が、それを物語っている気がしてならない。今回の無理が今後に響かないよう願うばかりだ…。

そして…テレビ中継。放送や編成という事情は理解している…でも!もう少し何とかならなかったのだろうか…と。十両で優勝決定戦が巴戦になったという事情もあるとは思うが、千秋楽では異例の進行の遅さには驚いた。結果、優勝インタビューが放送されずに終わったのは本当に無念で、ある意味…勿体無かったと思う。誰もが見たい聞きたい最高の場面だった。あそこまで延長して引っ張ったのであれば、後5分!みたいな…。

まぁそれは放送局としても断腸の思いであったかとは思うし、ぶっつり中継が切れてニュースを読んだアナウンサーも同じ思いだったのかもしれないが、あそこで冒頭に優勝した相撲の取組のVTRを流すのであれば、少しでもインタビューを!とも思ったり…でも生中継では難しいか…みたいな。現場の葛藤なり何有り…いろいろあっただろうなぁと…。

まぁ何れにせよ、心躍る歴史的な瞬間だった事には間違いない!!!
| - | 20:35 | - | -
5/28:美のカリスマIKKOディナーショー in 川崎!!
美のカリスマIKKO(美容家)ディナーショー

2017年5月28日(日)
川崎日航ホテル(神奈川)

Aプラン:受付11F 13:50〜/食事14:10〜/ショー16:00〜
Bプラン:受付10F 15:40〜/ショー16:00〜/食事17:40〜

S席:17,000円
A席:15,000円

ショー:12F 鳳凰の間(シアタースタイル/全席指定)
食 事:11F 橘の間


[お問合せ]
川崎日航ホテル
宴会予約係 TEL.044-244-4441(10:00〜19:30)


美のカリスマIKKO(美容家)が贈る、IKKO WORLD……是非、ご体感下さい!!
| - | 22:36 | - | -
証人喚問
流行なのかどうか知らないが…ここのところ注目されている。答弁や会見とは違って、法に則ったものなので偽証罪等にもなる重要なもの。
ただ…自身に不利なことは「覚えていない」「記憶に無い」といえば、全てが罷り通るのでは?と穿った見方をしてしまう。記憶というのはその人間しか解らない事であり、例えそこに他人がいたり記録が残っていたとしても「忘れた」という事はあり得ること。まぁ勿論…人としての問題は大きく残るとは思うが…。
ただどうしても解せない事がある。証人喚問は嘘はいけない!という事で何やら真剣になる感じだが、通常の国会でも議会でもいいが、そこでは嘘をついてもいいのだろうか?何かやるせなさも感じてしまう。
一層の事、国会や議会では偽証罪を問われるシステムにすればいいのではとも思う。そうすれば態々証人喚問もする必要は無い訳で…でも駄目か……殆どの答弁が「覚えていない」「記憶に無い」になるかなと…。
| - | 20:29 | - | -
牛丼屋での外国人観光客
打合せの合間に知人と牛丼屋に入った時のこと。
我々の向いの席に、60代と思われる欧米の男性外国人観光客が友人と思われる人といた。英語のメニューを見ながら何やら注文していたが、指差しだったので問題なく注文は出来たとは思う。牛丼=GYUDONという事で有名になったのかなぁ〜等と勝手に思いながら、我々は注文をした。
先に商品が出て来たのは欧米外国人2人組。どうやら牛丼&味噌汁&サラダセットのようで、味噌汁を器用に箸を使って食べている(飲んでいる)様子だった。が!次の瞬間、困惑の表情を見せた・・・・ん?と思って観察してみると、どうやらサラダのドレッシングの使い方が解らない様子だった。そのドレッシングは、親指と人差し指等で二つに折って中身が出てくるタイプ。あぁ〜〜解らないんだろうなぁと直ぐ察したのだが、イラストで書いてないかなぁとも…。しばらく見ていても解らない様子で諦めてサラダをそのまま食べ始めた…。店員も気が付くこともなく…ドレッシングと解っていながら出し方が解らない…そんな構図が余りにも可哀想なので、我が“スペシャル英語”を駆使して説明したら「おぉ〜〜」という感じで喜んでくれた。良かったなぁ〜等と思いながらいたら、我々の商品が届いたので食べていた。
と思ったら、欧米外国人2人組が店を出る雰囲気に…。随分と早食いだなぁ〜と思ったのだが、良く見てみると牛丼の具の部分だけ食べた様で、ご飯は丸々残っていた!牛丼が合わなかった?ん?違うか?肉(具)は完食だし、味噌汁もサラダも完食…お腹が一杯だった!?ご飯嫌い?やっぱりステーキ?等など勝手に考えながら…どうしても気になってしまう自分自身。まぁ…理由はどうであれ、自分が関係したサラダは完食だったので良しとするか!と思っていたら、その欧米外国人2人組…席を立って私を見るなり「Thank You〜!」という言葉と同時にスーパーウインク!!!
これぞ外国文化!!日本人は出来ない?やらない?…というより似合わない!!スーパーウインク!!!日本で見る外国文化に感嘆しつつ…食する我々。

まぁ…日本のおもてなし?文化?は感じてくれただろう…と自画自賛!?
| - | 22:30 | - | -
痴漢男が線路を逃走!?
JR池袋駅で痴漢と思われる男が容疑を咎められ被害を訴える女性を突き飛ばした挙句、線路を逃走したという。結果、埼京線、山手線、湘南新宿ラインが運転を一時見合わせ約3万2000人に影響が出た…。

自分もその被害者の1人。

一言…捕まるのを望む!!報道で線路を必死に走り去る容疑者を見た。痴漢なのかは解らないが、仮に言いがかりだ!冤罪だ!俺は潔白だ!なのであれば、あそこまで必死になって走って逃げるか?…とは思う。何れにせよ現実の問題として、あの時間帯の線路に下りて走って逃走して…東京の大動脈を止めて…どれだけの人に迷惑をかけたのか…。自分はまだ無駄な労力・体力・気力を使っただけで済むが、中には重要で重大なことが吹っ飛んだり、取り返しのつかなかった人もいるだろうと思う…。

迷惑以外の何者でも無い。

迷惑防止条例違反=痴漢の疑いで行方を追っているらしい。勿論、痴漢は冤罪も多いというのは知っている。(そもそもそれもかなり大きな問題だとは思うが…)一方で痴漢が見過ごされている=被害者が我慢しているケースも多いのも事実。今回も真実は解らない。ただ今回でいえば、線路内を走り去るだけでも重大な犯罪なのだから、その部分だけでも厳しく罰するべきで、法整備で考えれば痴漢なり性犯罪は、飲酒運転と同じ様に厳罰化すればいいと思う。いつまで同じことを…と思う。

かつて…JR東海が認知症患者が徘徊中に列車にはねられ死亡した事故で、家族に監督義務があるだろう!と約720万円の損害賠償を求めた訴訟があった。一審で全額支払え!二審で半額支払え!最高裁で賠償責任無し!になったのだが、認知症の家族に損害賠償を求めるのであれば、今回の様なケースでは当然…線路逃走男に損害賠償の訴訟をするべき。

痴漢加害者だろうが冤罪被害者だろうが関係ない…線路を走って逃げて約3万2000人に迷惑をかけただけでも、刑にも罰にも損害賠償にも値する人間である事には間違いないと思う。
| - | 19:34 | - | -
テレアポの嘘
日に何度も掛かってくるテレアポ。
仕事で一般電話でやりとりする割合が激減し、携帯が主流になっている時代。我が業務においては、ほぼ100%携帯。一般電話に掛かってくるのは、新規の問合せが殆どで、それ以外は業務とは全く関係のない営業の電話。しかも…掛けて来る業界がほぼ一緒。どの業界とはいわないが…。
そんな中、会社で打合せ中に電話が鳴った。出ると「先ほどご連絡しました**と申します」と…。ん!?先ほどって…電話は無かったけど!!みたいな…。いつ電話したのか聞いてみても、その時間に電話があった事実は無い…。騙された振りをして誰と話したか聞いてみたら「お名前は聞きませんでしたが、男性の方に対応しても貰いました。『会議中なので後ほど電話してください』と言われたので電話差し上げているのですが…」と…。ん〜〜まぁアポイントの成約に必死なのは解る。テレアポ専門会社がやっているのだろう…でも嘘はいけない。敢えて聞いてみた。『本当ですか?』と…。「本当です!丁寧にご対応頂きました!!」人間やっぱり嘘はいけない。『嘘でしょ?』とストレートに聞いた。「え〜〜〜。そんな事は無いです!」怒鳴りつけてやろうかとも考えたが、電話口から受ける印象は何だろうか素朴というか…変なプロっぽい感じが無くて素人っぽいというか純朴っぽいという感じで、マニュアル通りに言われた通りに一生懸命やっているんだろうなぁと…。『嘘かどうかは貴方が一番解るはずですけどね…』敢えてそれ位しか言わなかったが、何か気付いて欲しいなぁとは思う。
嘘は…自分なのか相手なのか関係する人なのか…誰かは解らないが誰かは必ず傷つく事になるということを…。
| - | 20:09 | - | -
東日本大震災から6年
あの東日本大震災から6年…3/10現在で死者1万5893人、行方不明者2553人。
前年に比べ、身元不明者が8名減ったというが依然として69人の遺体が身元不明のままになっている。避難者は前年より約5万人減って約12万3000人。仮設住宅での暮らしを続ける被災者は約3万5000人…。
まだまだ…という気がする。被災地の今を見てみれば、誰もがまだまだと感じると思う。自分が行った被災地域は取り敢えず土地が高くなっただけみたいな…それだけの大災害だったという事を改めて感じると共に、こんなに遅いのか…とも切に思う。
勿論、単純に比べることは出来ないが、やれ国立競技場なのオリンピック施設なの豊洲なのと…桁外れの建設費が使用されている事をどうしても考えてしまう…。そして復興費の訳の解らない使用というか流用というのも許し難き話だと改めて思う。
人間は忘れる動物なのだから、ここ数日の様に3.11を迎える度に、東日本大震災の報道や特集はするべきだと思う。
そして…原発問題。この問題は一体どこまで進んだのであろうか?増え続ける汚染水はどうするつもりなのだろうか?あの一体を汚染水基地にするつもりなのだろうか?アンダーコントロールなのであればどうコントロールしているのであろうか?
終わり無き、答え無き道を歩み続けている………真偽の程は解らない。
| - | 20:38 | - | -
A380
エアバスA380…総2階建てのスーパージャンボ!!ラウンジ&バー・SHOP・シャワーブースも設置可能な機体で空飛ぶホテルとも言われている!!
そんな飛行機が2019年春、ANAのハワイ(ホノルル)線で誕生するという!!! 昨今の中型機への移行もあって大型機が敬遠というか回避される中での発注で、余計にワクワクしてしまう。仕様によって変わるので何人乗りになるのかは解らないが、そもそも500人以上乗れるスーパー機体なのだから夢は膨らむ。超豪華になるのか?共有スペース重視?座席数重視?サービス重視?…まぁ個人的にはラウンジ&バーを各所に!一層の事、喫煙ルームも!みたいな…まぁ無理か…。
現在のANAのホノルル線は搭乗率9割なのだというが、JALの座席数と比べれば約3分の1なのが現実、そこでのA380の導入なのだという。
2年後。世の中はどうなっているかは解らないが…この決断は応援したい!! そして…乗りたい!!!
| - | 20:33 | - | -
宅配便の値上げ!?
最大手の宅配便会社が27年振りの配送料の値上げを検討しているという。
社会の買い物文化が劇的に変化した結果だとは思う。ようはネットショッピングであり通販需要の拡大。簡単な日用品も近くのスーパーよりネットという時代なのだから物量は増える一方。料金据え置きではとてもじゃないが対応できないということらしい。給与等への反映も勿論だろうが、人材確保なり設備強化なりの次世代を見越した投資的な側面もかなり大きいとは思う。配送料以外にも再配達で追加料金?みたいな構想もあるようだ…。
ん〜〜まぁ解る気もしなくないかなとも思う。今や時間指定は当たり前。時間指定しても不在なのであれば再配達で料金徴収。その額にもよるが仕方が無いのかなとも思う。業者は指定通りに届けている訳だから…。逆に時間指定をしないのであれば不在で再配達でも1回は無料みたいな?勿論、業者が時間外に届けた場合は割引みたいな!? 鉄道の指定席と自由席みたいな感覚でもいいのではないかと思う。指定したのだから指定した電車に乗る!乗れなかったら自由席で!どうしても指定席に乗りたいのであれば、別途お金を払ってください!みたいな…。改めて考えてみると、ある意味、当たり前といえる気も…。
まぁ転換期という事なのだと思うし、今まで値上げをしてこなかった事には敬意を評すというか凄いの一言だと思う。どれだけの企業努力なのだろうか?自身の27年前を考えてみなさい!と…。どれだけ世の中が変わったのかって…しかも宅配も便利になった訳で…本当に賞賛に値すると思う。
ただ一つ気になる報道もあった。宅配事業の個人からの利用は約1〜2割で多くは企業からの利用。そして爆発的に増えている通販関係企業には大口割引があるにも関わらず、料金値上げは個人客を先行して…なのだという。割引率などは解らないが、一律*%UPで良いのではないだろうか?大口のしわ寄せが個人に来るのも何か…とは思う。そもそも大口企業とはいっても届ける先は個人なのだから、余計にそう思う。
そもそも2時間枠で時間指定できるという世界に誇る日本の宅配!こんな凄いことは無い。値上げ問題の大前提として、そこをしっかり心に留めて置いた方がいいと思う。決して世界で当たり前の当然のサービスではないとは思う。
| - | 21:36 | - | -
発注ミス!
世の中にはある…。
我が会社でも当時のスタッフが、コピー用紙を1箱(5冊)発注する予定が、何と10箱(50冊)発注してしまったことがある!
商品が届くまで気が付かなかった様で、商品が届いた瞬間…担当スタッフが青冷めていた記憶がある。ただでさえ狭い我が事務所が…コピー用紙まみれというか…。まぁ自分自身も何コレ!?みたいな!!顔見知りの配送屋さんも「何かおかしいとは思ったんですよね〜〜」と…。結局は事情を説明して、快く返品&返金処理をしてくれたのだが…。
こんな事もあった。あるLIVE会場の楽屋に缶コーヒーの山!!尋常ではないその数。優に30本以上はあった。え!?と思ってこっそり聞いてみたら、10本の予定が100本と打ち間違えたと…。「多かったですよね…でもまだまだ余っているんです。是非、持ち帰ってください!」とは言われたのだが、そうも持って帰ることも出来ず…。結局、全スタッフに差し入れしたりで何とか…缶コーヒーの役目も終えたかなと!?
あるスーパーでも同じ様なことが起きたらしい。240→2400個のミス!ただ…商品が「ケーキ」!!返品も効かなく売るしかない!! 発注ミスという理由を説明して半額セールとしてSNSで拡散した結果、無事売り切れたのだという。利益がどうだったのかは知らない…でも廃棄される食材が問題視されている今、良い話ではないか!!
人間はミスを犯すが、人によりその問題も解決する…ということで!?
| - | 19:37 | - | -
水道の交換
水道の交換時期というのがある。それは毎日使っている訳だから、何年か毎には交換しなければいけないのは誰しも解る。
我が家も我が事務所もたまたまそんな時期が重なった…。事務所の方がビルなので大掛かりな工事になる訳で期間も長い…コレばかりは仕方がない。
その分、断水なり規制なり工事なりと大変ではあるが、改めて毎日当たり前の様に使用しているその有難みというのを感じる。
今回は身近な水道の話ではあるが、現実の問題として日本各地の上下水道の交換というのも切羽詰った問題なのだという。耐久年数が限界という水道管は少なくないという…。
先の福岡での道路陥没事故もそうだが、一度破損すれば…という怖さはある。高速道路の耐久性の問題もある…。国立競技場なりオリンピックなり豊洲なりで莫大なお金を費やしてる訳だが、もっとも身近なところに切迫した問題も山積している事も忘れてはいけないと思う。
一体、何が大事で何が優先で何がレガシーなのだろうか…外っ面だけ?表面だけ?格好だけ?ではない、大切なものもあると思う…。
| - | 21:23 | - | -
ノロウイルス
東京立川の小学校(7校)で、児童・教職員1000名以上が嘔吐などの症状が出た。原因は給食の親子丼で使用された「きざみ海苔」なのだという。
海苔を加工(=刻み海苔に)する段階において素手で作業をしていたと…。そして当時、その作業員はノロウイルスに感染していたのではないか?という症状があったのだという…。
ウイルスの強さというか怖さが解る話。症状があったのであれば…でもそれはある意味、結果論でもあって、気持ち悪くなったとしてそれが食あたりなのか?何なのか?直ぐにノロウイルスとは普通は考えない気がする…。コレばかりは難しい話ともいえる気がしてならない。同様に食品に関係する人は全て素手ではなく手袋で・・・というのも…これも“当たり前”ではないとは正直思う。代表的にいえば寿司だろうが、寿司だけではなくあらゆる「食」に従事する人は手袋ですか?となる。加工会社だけではなく、料理店、スーパー、ファストフード、食堂、極端にいえば農家…そんな直接、食べ物に触れる人だけの問題で済む話でもないだろう。食に関係する人は絶対に手袋?みたいな…。
唯一現実的とすれば、体調が悪い時は仕事は即NG。人から隔離、手袋&マスクは必須!病院直行!!みたいな…ただ現実問題としては納期やシフトなどビジネス面を考慮すれば、難しい問題とは思う…それが即実行できますか?と…。
とは言っても、影響が大きいだけにこれまた厄介な事でもある。
何が出来るのか…嘔吐を伴う症状の時はノロウイルスを疑って…なのか!?
ノロウイルスだけの問題ではないだろう。一昔前までは全く問題も無く当たり前だった事が、どんどん問題視されている。免疫力の問題?食生活の問題?現代文化の問題?水も…井戸から水道になり、今やミネラルウォーターが当たり前になっている…。
昔と同じ様に…では通用しないことは解る。他人が握ったおにぎりは食べる事は出来ないという文化も今や普通に存在する。何が良いとか悪いとかではないが、人の温もりというか味というか…そんな事も大切にしていきたいとは思う。
ただ・・・・それはそれとして、1000名以上の人に影響を与えたという事実は余りにも大きい。時代が時代なのだから、こういうときなのだからこそ、国がしっかりとしたガイドラインを示すべきだと思う。一業者の一スタッフの問題で済ます方が、よっぽど問題だと思う。
| - | 22:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE