氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
IKKOディナーショー in 水戸!!!
美のカリスマIKKO(美容家)ディナーショーin水戸!!

[完売御礼]

主催の皆様、代理店の皆様、現地関係者の皆様、そして…ご来場の皆様。

関係した全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!!!!!
| - | 19:25 | - | -
タラの芽
自分の中では子供の時に食べたタラの芽が忘れられない。それは何故か…自然のものだから!!
東京の生活も随分と長くなったが、東京で見るタラの芽は本当に…可哀想で見ていられない。
小さいし、良い意味での刺々しさというか、あの特有の生命力を感じない…。野生と動物園の違いというか…。
まぁ自分の子供時は、タラの芽は「買うもの」というよりは「採ってくるもの」が当たり前だったから、余計にそう思うのかもしれないが東京で出会うタラの芽には本当に…。値段が高いのは解るがせめて…みたいな。
まぁそれは東京で見る我が秋田の魚=ハタハタ(鰰)も同様な感じではあるが…。
いずれにせよ…やはり食は地のものが一番ということなのだろう…。
| - | 19:36 | - | -
28℃って…。
まだ5月も半分も経っていないのに…今日の東京の最高気温。
この時期のこの気温はさすがにキツイ…。
自分的には完全に半袖レベルなのだが、この時期から半袖になってしまうと、夏本番が怖すぎるので我慢かなと…。
どんな気象環境・自然環境なのか…。
はぁ…今年も暑さとの戦いが目の前に迫っている…と考えるだけでガクッとなる。
| - | 19:11 | - | -
ゆとり教育:決別宣言
今年度中に予定されている学習指導要領改定に関して、文部科学省は「ゆとり教育」との「決別宣言」をしたという。

昨今何かとゆとり世代がクローズアップされるが、簡単にいえば詰め込み式教育というか勉強勉強!授業授業!からの脱却を目指した措置?教育方針?。
そもそも指導要領の改定はほぼ10年毎に実施されていて、諸説あるが質や量がピークだった1968年改定を100と考えれば…

1968年=100
1977年=91
1989年=91
1998年=74
2008年=85

になるのだという。100→91も「ゆとり化」には間違いない。ただこれは正常化・正当化という見方が多いという。自分はその91で教育を受けた世代ということになるが、1998年改正の74が「ゆとり教育元年」とすると、10代後半から20代がその影響が強い世代ということになるらしい。

74→85が「脱・ゆとり」と言われたのだが、今度は「ゆとり:決別」…まぁ実際の成果として諸問題あってのことなのだとは思う。ゆとり教育からの決別方針は必然なのかも知れないが、その世代にとってみればたまったものでは無いと思う。

国の政策として方針として、ただただ当然に受けてきた教育。その教育方針から「脱」なの「決別」なの…もう少し、気の利いた配慮した表現は出来なかったのだろうか?とは思う。

自分は「団塊ジュニア世代」なので、必然的に生徒数も多いのでマンモス校のピークの時。まぁよくあの人数を教室に詰め込んだなぁ〜みたいな…今の生徒数を考えるとその差も凄いとは思う…。でも自分自身はそれはそれで良かったと思っている。でも例えば「脱:団塊ジュニア世代の教育」とか「団塊ジュニア世代の教育との決別」とか言われれば、それはいい気はしない。

スポーツ…世界の舞台で大きく活躍し、感動を与えてくれている世代はいったいどの世代なのだろう…そんな事も思うとまた違った見方も考え方も配慮も心遣いも出来るとは思う…。
| - | 21:16 | - | -
Sarah Alainn(サラ・オレイン) ディナーショー in 東京
Sarah Alainn(サラ・オレイン)

・癒しの旋律
・世界が魅了される女神(ディーバ)
・3オクターブを超える音域と絶対音感
・f分の1ゆらぎの癒しの波長……

初のディナーショー!!
極上と究極の世界観、魅惑と魅了のスーパーステージ…本当にありがとうございました!!

完売御礼…ご来場の皆様。そして主催の皆様、現地関係者の皆様、関係した全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!!!!!
| - | 21:51 | - | -
KAWAMURA BAND LIVE & DINNER in TOKYO
KAWAMURA BAND(カワムラバンド)
〜モノマネの領域をはるかに超えたサザンオールスターズ最強トリビュートバンド〜

in TOKYO でのディナーショー!!

主催の皆様、現地関係者の皆様、関係した全ての皆様、そして…ご来場の皆様、本当にありがとうございました!!

最高のメンバーとスタッフの皆様にも改めまして心より感謝申しあげます。

ありがとうございました!!!!!
| - | 21:48 | - | -
ソフトめん
いわずと知れた…給食の定番!! と思って知人と話してたのですが、結構知らない人もいることに驚いた。地域性があるようだ…。
我が秋田では温かい状態でビニールに入っていて、それを汁?スープ?ソース?等に入れて食べるので、いろいろな麺メニューに化ける代物だった!! 給食でご飯でもパンでもなく麺というこの何ともいえない感覚というか感情というか…何故か強烈に思い出が残っている。
そういえば給食以来食べていないなぁ…何て思っていたら、どうやら給食用として開発されたものということ…納得。でもいろいろ思い出すと食べたくなってくるのが人間というもので…。調べてみたら市販もされているのだとか。大人になってから食べて見るとまた当時とは違う感想になるようではある。
まぁそんなことを話していたら、給食で食べていた人たちの共通の動きがあって面白かった。それは何かというと袋の上から指とかで分割して食べていたということ!!自分も二分割とか四分割とかしていた。あぁ〜〜やっていたなぁ〜〜と!!まぁ汁?スープ?ソース?が入った容器にソフトめんを全て入れれば溢れるという物理的な事情もあったのは事実だが、これって先生に言われてやっていたのか?自主的に?伝統?
いずれにせよ…給食というのは、学食や社食とは似て非なるものと強く思った。
| - | 19:11 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE