氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
東北新幹線の架線トラブル
東北新幹線の架線が切れ停電した事故は、発生から約4.5時間後に運転再開、58本が運休し、約6万1000人に影響が出たのだという。
まぁGW初日でもあって…実際影響が出た人はもっといたとは思う。仕事・商談・学業・プライベート、冠婚葬祭、海外旅行…プライベートやビジネス問わずに当事者も関係者も含めれば、影響は相当だとは思う。
原因追求・事故防止に努めて欲しいと思う。
でも新幹線=時刻通りで当たり前という風潮?文化?認識?は、世界レベルでいえば本当に贅沢な?恵まれている?驚愕な?ことだということも合わせて考えないといけないとも思う。
そこにある日本の素晴らしさ、気質…
常日頃、当たり前の様に定時運行しているJRも凄いんだよなと…。

| - | 20:18 | - | -
統一地方選挙
前半&後半が終わった。
結果はいろいろだろうが、どうしても気になるのが投票率…軒並み過去最低なのだという。
国政選挙と違ってどうしても注目度は低い…それは地方だから仕方が無いがこれでいいのだろうか?とも思う。本来であれば一番身近な選挙のはずで関心度も投票率も高くないといけないと思う。
しかも得票数をみてみれば解るが、たった…というレベルの得票で議員が決まっている側面があるというのも有権者はもっと感じた方がいいと思う。誰だが解らないとか知らないとか…はっきりいえばそうだろう。でも確実にその人は当該地域の議員であって住民の代表となって報酬をうける。連続の無投票当選なんてどう考えてもおかしい。
一番身近な議員ということを考えて見ればいい。教育でいえば校長になるのだろうか?国政選挙は教育委員会とか教育長とかを考えれば解りやすい。どれだけ身近なのかと…それに対して投票ができるというこんなチャンスはそうは無い。自身の1票なんて…そう考えている有権者にとっては、その1票の重みなんかは国政と比べれば雲泥の差がある。本来であればそれだけの選挙…。
まぁいずれにせよ、あらゆる選挙の投票率の問題は看過出来ない問題だとは思う。
| - | 20:10 | - | -
同時アクセス
弊社のHPで同時アクセスによるエラーが…。
簡単にいえばアクセス集中により閲覧が出来ないということ。
ある程度は大丈夫のはずで、またコレといってアクセスが集中する理由がわからない…。
レポートによると某日某時間帯にありえない数のアクセス数が…。
ん〜とりあえず、アクセス解析だな、こりゃ。
| - | 19:59 | - | -
世紀の一戦
ボクシング…フロイド・メイウェザー(アメリカ/47戦全勝/26KO/5階級制覇)VSマニー・パッキャオ(フィリピン/57勝5敗2分/38KO/6階級制覇)戦。
興味が無い人には全く…だろうが、業界でいえばまさ世紀の一戦。
チケットは約18万〜約120万円、パブリックビューイングで約88億円、PPVが約1万円…チケットは既に売り切れ、過去最高の興行になるのだというから、その大きさや深さは解るかと思う。
試合がどうなるのか気になるところだが、どちらが勝つにせよ、試合の長短は別にせよ、ファンの納得する試合であって欲しいと思う。
自分自身の人生でいえば、マイク・タイソンなのかなとは思う。あの圧倒的なオーラとパワー&スピード…あっという間に終わるときも多かったが、それも醍醐味でもあって強烈なインパクトを残したと思う。仮に1Rや2Rで終わったとしてもそれはそれだし、長くなっても判定になってもそれでいい。
ただただ…ファンが納得すればそれでいい。
あれだけの料金を払っても見たい!という試合なのだから…そう考えればもの凄いことなのだろうなと改めて思った。
| - | 20:40 | - | -
ドローン
首相(総理)官邸の屋上にドローンが不時着?墜落?していた問題…。
勿論、警備の問題もあるかとは思う。空…という盲点を突いた訳なのだが、それに関してはラジコンのヘリでも飛行機でも出来なくはない。一番の問題は、自動飛行で指定した場所への飛行が出来、また安定した飛行が出来る高性能マシーンであること、そして何より放射性物質があったことだと思う。
現状の法律では空港付近等を除き、250m迄の上空での飛行はOKなのだという。(250mといえば都庁と同じくらい)しかも免許も要らず…。
空撮や高所点検等の利便性は素晴らしいと思う。これだけ凄い映像が撮れるのか…正直感服する。大げさでなくても今まではヘリコプターでやっていたことが、ドローンでも出来るようになったメリットは大きいとは思う。一方で落下事故なども発生しているみたいで、購入の際に強制的に保険(=対人:最大1億/対物:最大5000万)に加入しなければいけない商品も出始めたという。
海外ではプログラミングで主要箇所への飛行が出来ないようなことを強制している国もあるように、今後、日本でも規制が強くなるのは仕方が無いような気がする。やろうと思えば空から薬物や危険物等を散布・落下させることも可能な訳で、空への警備という新たな一面も出てくるのではないかなとは思う。
便利になればなるほど、技術が進化すればするほど新たな問題が出てくる…何か嫌な感もあるが仕方が無い。取り敢えずは登録制とかが有効な一歩になるのだろうか…。
つい最近までドローンでは、プライバシー問題が問題になるのでは?等といわれていた……そこに現代の落とし穴があるような気がした。
| - | 20:51 | - | -
耐風傘…購入!
突風による傘破壊の消沈から乗り越え…耐風傘を購入!
とはいえ、たまたま買った傘がそうだったのだが…。
購入後に良く見て見ると「耐風傘:グラスファイバー製」という表示があって、まぁこのタイミングでとは思ったが、考えようによってはナイスタイミングなのかなと…。
前My傘は耐風ではなかった筈…そうなると不思議なことに、次の風が強いときを期待してしまう…。
ん〜〜調子こいて結果は嫌な予感!? まぁそれもまた人生ということで…やって見たい感アリアリ!!
| - | 20:08 | - | -
傘…破壊。
東京の天気が…強風&雨。
今日はどうかなぁ〜と思っていた。安い傘もあれば捨てても良い!という傘もある。でも今日は大型の傘かなと…基本的にそんなに強い雨でなければ傘は要らない!!というタイプなので、ビル風なり何なりと気を遣って傘を差していたのだが、やってしまった!!
ちょうど携帯に電話が来て話をしている時に…突風に巻き込まれた…。

結果・・・・傘破壊。

マイ傘があらぬ方向に曲がってしまった……気分はかなり憂鬱。
はぁぁぁ・・・・・。
でもまぁ…勉強!いかなる場面でも、ながら携帯・ながらスマホはいけないということで納得することにした。
| - | 20:16 | - | -
美のカリスマ・美容家IKKOトークショーin横浜!!
ご来場の皆様、主催の皆様、現地関係者の皆様…

心より厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!
| - | 19:05 | - | -
広島空港着陸事故
広島空港で起きた着陸事故。一歩間違えれば…という内容だったと思う。
原因究明をしているところだとは思うが、早急な対応と何より発表をした方が良いと思う。
既にある程度の時間が経っているにも関わらず、何一つ原因が判明しない…。「低空飛行だった」ということは誰でも解ることであって、何故そうなったのかという根本部分が何らはっきりしない。人為的ミスなのか?自然現象なのか?
外部の損傷調査はそれとして、機長なり副操縦士なりに話を聞いたり、ブラック・ボックスを解明すれば直ぐにでもある程度の原因が判明するのではないだろうか?
先のドイツ機墜落事故とは状況が違う。全てが残っている…ボイスレコーダーだけでもある程度の判断は出来るとは思う。そしてフライトデータレコーダーと自然環境などとの関連性なのではないだろうか?
この時間も世界中で飛行機は運行している…取り敢えずはコレが原因と思われる位の発表はしてもいいと思うし、出来ると思う…。
| - | 19:36 | - | -
山手線:支柱倒壊
JR山手線で架線を支える柱が倒れた事故…国は「重大インシデント」と認定して調査官を派遣したという。
それはそうだろう…。
たまたま日曜日の早朝に発生したから…たまたま電車が走っていなかったから…の事であって、満員電車が突っ込んでいたら…と思えば、ことの大きさは容易に察しがつく。
事故前に傾きは把握していて修理はまだ大丈夫という判断だったらしいが、この結果であれば、その判断が誤りだったということになる。大幅な保守点検や判断の基準見直しが必要なのだとは思う。
今回のJRだけではなく首都高もそうなのだが、築年数から考えればギリギリの部分でやっていることも実際は多いとは思う。全面回収が出来ず補修工事でやりくりしているのが現状だとは思うが、何らかの手を打たないと重大な事故が起きる可能性はあるとは思う。
ただ単にヒューマンエラーなのであればまだ手の施しようがあるが、建築構造の限界というのが根本にあるのであれば、その危険性はあちらこちらに存在していると思う…。
| - | 19:57 | - | -
横断歩道でお辞儀する小学生
横断歩道でお辞儀をする小学生がいる。
止まってくれたのだから当たり前でしょ!?ではない。自分自身だって信号機の無い横断歩道で車が止まってくれたり、信号機のある横断歩道で微妙なタイミングの時に止まってくれる車には頭を下げる。
今回のポイントは…「渡った後にお辞儀」ということ。
渡りきってペコンと頭を下げる小学生…まぁ何とも微笑ましいというか素晴らしい!見ていて涙が出そうになった。中には歩行者用信号が青のときもやる小学生もいるのだという…。
その原点は何なのか…学校?保護者?地域?真相は解らないが、そんな小学生がいるということだけで、誇らしくも有り、嬉しくも有り、この国の…と考えて見たり。同時に…自身も含めて大人とか成長とか社会とか…色々考えさせられた。
| - | 19:02 | - | -
新宿のゴジラ
新宿コマ劇場跡地にゴジラ!!
新しくオープンする複合ビル関連のオブジェなのだが、これがまた存在感ありあり。しかも実物大?設定大?らしい。
たまたま打合せへの道中に通ったのだが、多くの人が顔を見上げて見ていたり写真を撮っていた。そこで感心したことは「ゴジラ!」という言葉の他に「GODZILLA!!」という言葉が目立っていたこと。要するに外国の人!!
何か…嬉しくなった…。
| - | 19:51 | - | -
成田空港:第3ターミナル
成田空港でLCC専用の第3ターミナルが開業した。
成田の新しいターミナルは22年振りだというが、今の時代考えれば良い事だとは思う。
LCCの魅力は徹底的なコスト削減の結果生まれる格安航空券。その結果、ターミナルビルも至るところで簡易な設備&表示になっているのだというから面白い!ボーディング・ブリッジ(搭乗橋)ではなくてエプロンルーフが基本、天井は配管むき出し、歩く歩道は無し、電光掲示板は最少に…等など。一方で深夜早朝便対応で大きめのソファやフードコート開放等があるのだという。これはこれでいいと思う!
ただまぁ…アクセスが…何とまぁ車寄せが無く、最寄の第2ターミナルから約500m/徒歩15分。無料連絡バスで第2→第3:約10〜15分/第3→第2:約5分。まぁこれもLCCとして楽しむしかない!!

| - | 20:30 | - | -
寒の戻り…雪!?
何とまぁ…寒い!!
つい先日までは、あの温かさ?暑さ?だったのに…まぁ今日は雪が降ったなの何なのと…完全に冬モードの服になってしまった…。
人間は情報があるからいいけど、自然界の動植物達はどう思っているのだろうか?とふと思った。ん?どうした?あれ?みたいな…桜もびっくりしているだろうなぁと…。
この寒さでの東京の桜…殆ど散っているとはいえ可愛そうな光景ではありました…。
| - | 19:18 | - | -
ファウルボール訴訟
プロ野球の観戦中にファウルボールが直撃し失明したのは、危険防止や安全対策を怠った球団や球場の所有者・管理者の責任とし計4650万円の損害賠償を求めていた裁判。
地裁が約4190万円の支払いを命じたという。
どうなのだろう…。
勿論、安全対策はして欲しいし、危険防止の強化もしてほしい。
でもココで必要となってくるのは、観客側の意識とも思う。野球観戦においては“それなり”の危険性は常にある。ファウルボールもそうだろうし、ホームランボール、バットだってそうだろう…。単にネットやフェンスを増強しただけでは避けられないこともあるとは思う。
勿論もしもの為に補償などがあれば最高だとは思うが、現実の問題として保険料や線引きの問題でも難しいだろう…。約款や注意事項にも記載されている通り、応急措置はするが…というのはある程度は仕方ないとは思うし、何より大相撲の砂かぶり席やプロレスのリングサイドみたいに、ある程度の“覚悟”もまた必要な気がする。
講演会・コンサート・演劇・式典…観客席の様子はそれぞれ違う。歌系でも着席当たり前!もあれば、立つのが当たり前!もある。スポーツも同様でそれぞれの観客席の様子や事情があるとは思う。
被告側は控訴したらしい…最終的にどうなるのかは解らない。観客側の意識というのを今一度認識する機会になればいいと思う。
| - | 20:22 | - | -
徳島空港:管制ミス
飛行機にあらゆる指示をする管制…。
その管制が離陸を許可したのだが、何と滑走路に作業車があったのだという。航空機側の判断で事故を回避したというが、一歩間違えれば…。
何とも信じられなかった…。
何が…1人で対応していたということ。
そんな事が普通に行われているのだろうか?人間だからミスすることはある。それは当たり前のこと。だからこそ、複数人で対応するバックアップ体制が重要だと普通に思う。
先の飛行機事故?事件?もそうだが、何か!を考えれば3人は必要なのではとは思う。2名体制としても1人がトイレにいけば1人体制になる訳で、これでは意味が無い。
コックピット問題も管制問題も…人員を増やせば大方は解決する話。そこにコストの問題があるのなら、それは真義の観点で違うと思う…。
| - | 19:52 | - | -
寿司
何の偶然か、この1週間は寿司ばかりの日が続いた。
会合、打合せ、打上げ、差し入れ…何故か全て違う相手(シチュエーション)なのに出てくるのは寿司!!
まぁ基本的には寿司好きなので、嬉しい悲鳴ではあるのだが、流石に何日も続くと…。
毎日毎回同じものだと拒否反応…そう考えれば、人間って贅沢なんだよなぁとは思う。
例えば野生を考えてみれば…ペットや動物園の食事や餌を考えてみれば……。そんな贅沢は無い…相手は寿司だ!
食べたくても食べられないときもある…食べさせて頂いているだけで感謝しなければいけない…。

この先の食事!?……しばらくは、カップラーメンにしよう!?
| - | 21:29 | - | -
鉛筆削り
今や鉛筆離れどころか、活字離れの時代…書くということでさえ少なくなっている。
そんな中、日本で最初に電動の鉛筆削り器を開発したとされるメーカーが事業停止したという。何か時代を感じてしまう…。
自分もはるか昔に使用していた…毎日毎日、お世話になった。最初は手動だったのが、いつしか電動になり…削り過ぎストッパーが有るなの無いなのという思い出でもある。ストップ機能が無いものを使ってしまって、鉛筆が随分短くなった記憶もある。
古き良き…そう思うこのときも時代は確実に動いている…。
| - | 19:56 | - | -
事務所の通信回線
TEL・FAX・インターネット…全てがダウン。
ん?何で!?
某社に連絡をして検査&調査してもらったら…結局は通信回線の中枢機器のフリーズ…。
ただただ簡単な電源のON/OFFで直った…。何じゃそりゃ!と一瞬思ったが、パソコンのフリーズと考えれば解らなくもない。常に通電している機器だし、何より機械だからそれは何かしらの理由で…というのは解る。
ただまぁ通信の全てがダウンするのは怖いものだ。携帯(スマホ)で何とか乗り切ることは出来たが、その怖さというかもどかしさというか…。
世の中には「当たり前」過ぎてその素晴らしさを実感できないことがある。身近なインフラでいえば電気・水道・ガスだろうが、当たり前の裏側にある企業努力に改めて敬意を表すると同時に、思わぬ落とし穴に関しても肝に銘じておかないといけないのかなとは思った。
| - | 20:50 | - | -
2015年度(平成27年度)
新年度がスタート!
年初めとはまた違う年度初め。やはり何か引き締まる…。
そんな日に街中では新社会人の姿が目立っていた。新社会人独特の雰囲気が初々しくも気高く!といった感じだろうか。
社会人として歩み始めた…その希望に満ちた姿は素晴らしい。ただ学生と社会人は全く違う…色々な壁にぶつかる事もあるとは思う。でもそれは誰しもが通る道…次世代を担う新社会人にはエールをおくりたい。
そして…自分の新社会人時代を思い出す……そんな4月1日。
| - | 19:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE