氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
成田空港の検問
成田空港を利用する人を対象とした検問…今日で廃止になった。
電車の駅出口や道路で実施されてきた検問…個人的には意味あるの?と思うことも少なからずあった。見ているのか見ていないのか解らないというか、ただその行為をしているだけというか…。
今後は顔認証(顔認識)システムやナンバー読取システムなどで対応していくのだという。良かったのではとは思う。
ただそれと同時に羽田空港や大空港は?ターミナル駅は?とも思ってしまう。勿論、成田の検問は成田空港の歴史背景から…ということも解るが、今やグローバル時代でその警戒対象はたくさんあると思う。
よくプライバシーの問題が俎上に載るが、実際の問題としてナンバー読取システムは全国に当たり前のように存在している。顔認証(顔認識)についてもやろうと思えば一気に…であろうし、この世の中の防犯カメラの数を考えればそれこそ…とは思う。
情報技術の進化は計り知れない…だからこそ、その運用が問題になってくるのだとは思う。
| - | 19:32 | - | -
プロ野球開幕!!
テレビでプロ野球を見て育った自分にとっては、やっぱりワクワクしてくる。
子供ながらにナイター中継を見ながらのビールと枝豆に憧れ…成人しそれが実現し…今や地上波でのプロ野球中継は数えるほどに…。
ちょっと前までは、この時期から秋まで毎日のように地上波でナイター中継があって当たり前のように延長があったのだから、本当に時代の流れは早い…というか、それだけ年を食ったということか!?
| - | 19:01 | - | -
ドイツ機:墜落事故 vol.2
報道によれば…事故時、パイロットが1人だった可能性があるという。
何らかの理由でもう一人のパイロットが外に出た。でも戻ろうとしたらコックピットのドアは開かなかった…そして墜落…。との可能性があるとのこと。
機器のトラブルもあるだろうし、病気等の発作もあるだろうし…その他の事態も想像はできる。その真意は解らないし軽々にはいえない…ボイスレコーダーの解析を待つばかりとは思う。
でもここで思うのが、昔の様に3人体制の方が良いのではということ。
昔でいえば操縦士・副操縦士・航空機関士…それが最低限度の安全・保安なのではとは思う。時代背景やコンピューター技術の発展、経費削減もあるのだろうが、2名体制というのに疑問を感じる。
もし何かあったとき…そう考えればそれが正しいような気がする。
トイレなど席を離れてもコックピットには常時2人…別に機関士でなくてもいい。操縦士1・副操縦士1・操縦士補1でもいいと思う。それが真の空の安全を守るものでもあると思う。人間だから幾ら自己努力していても急に調子が悪くなるときもあるだろうし、予期せぬトラブルに遭遇するときもあるだろう。それは批判されるべきものではないと思う。ある意味、想定できる当たり前の話。だからこそ、常時コックピット常時2名はあっても良いような気がする。
安全な乗り物なのは解る。でも…ひとたび事故が起きれば甚大且つ重大…それが飛行機だと思う。
| - | 20:36 | - | -
ドイツ機:墜落事故
ドイツのLCC旅客機が墜落した事故。乗員・乗客150人の生存は絶望視されているという…。
報道で見る限り、あの粉々となった機体は一体何を意味するのだろうか…。どういう理由でどういう状況で…真相究明が待たれる。
ただ日本の日航機事故の時もそうだが、奇跡の生還も信じたい…可能性はゼロではないとは思う。時間との戦いにはなるとは思うが、何とか…と祈るしかない。

この世の中で一番安全な乗り物ともいわれる飛行機…

でも一たび事故がおきればそれは甚大な結末に繋がる。最近、航空機の事故が目立つ気もするのは、偶然なのか何なのか…。
飛行機というもの、航空業界というものを今一度考えてみる時期なのかもしれないとも思う…。
| - | 19:50 | - | -
桜:開花
日本の風物詩…文化ともいえる桜の花見。
今やCherry Blossoms Japan = Sakura で海外でも有名になっているのだという。
1年に1回だけ、しかもあっという間の桜の世界。
開花してから7〜10日位(気温によっては〜14日位)で満開になり…あっという間に散る桜…。
この時期しかできない花見、そしてその下でアルコール飲みながら宴会をすることが出来る日本は、改めて素晴らしい…。
| - | 18:29 | - | -
イベント会場
この仕事をしていると、必然的に全国のイベント会場を何度も使用させて頂くことになる。
その会場に足を踏み入れる度に、色々な思い出が巡ってくる…。
あぁ…あのときはこうだったなぁ…ここ変わったんだぁ…あの出来事思い出すなぁ…ココ懐かしいなぁ…etc
出演者・主催者・お客様・現地業者…いろいろ思い出す。
昔と変わらずそこにあるイベント会場…でもそこには毎回ドラマが生まれている……会場がリニューアルしたり人が変わったり周辺が変わったり…でもあの時、共に時間を共有したことだけは永遠の思い出だなと思う。
| - | 20:52 | - | -
最高の掃除商品
身の回りで知らず知らずの間に出来た汚れというものはあると思う。身近にある洗剤や道具を使ってもどうしても取れない…そんな汚れは誰しも一つや二つあるとは思う。
自分も、ん〜〜5年前位からだろうか…どうしても取れない汚れがあった。気が付いたときには既に遅しの汚れ…いろいろ試してみたが頑固な汚れで…業務用の洗剤でなければ無理だろうなぁ…なんて諦めていた。
が!
知人に薦められた商品を使ったところ…見事に消えた!!この喜びというか開放感といったら表現のしようが無い。
今まで何年間も消えなかった汚れが、ものの見事に消える…。感動以外の何者でもない。
技術の進化はこういうところでも実感できる…勿論…Made in JAPAN。
| - | 19:31 | - | -
暑い!
昨日は20℃超え。
いきなり感は否めないが、本当に昨日今日と温かい。
街中には何と半袖のツワモノが!
自分も暑がりだけどまだ流石に・・・・
さぁ一気に春に!とはならないようだが…春間近ということなのだろう。
| - | 18:52 | - | -
FAXは今…。
弊社にFAXはある…でもどれだけ活用しているのだろうか?
一昔前までは、ビジネスにおいては「TEL番号とFAX番号を教えて下さい」というのが当たり前だったが、今は「携帯電話とメールアドレス」に変わっているような気がする。自分の業界だけなのかもしれないが、社会全体でその傾向は顕著だと思う。
自分自身、FAXの送受信がここ数年で限りなく少なくなってきたと切に感じる。ビジネス相手から「FAX送ります」とはまず言われないし、こちらから依頼するときも「メールで…」というのが普通だし、その方が楽でも便利でもある。
FAXはFAXの良さも有るのだが…今の時代と考えるとメールに軍配が上がる。実際に弊社のFAXだって受信するのは営業FAX(ダイレクトメール?ダイレクトFAX?)が殆ど…。
デジタル社会はどんどん進化しているが、将来のFAXはどうなっているのだろうか?自分も「FAXをファインで送って下さい!」みたいな時代もあった…それだけ郵送ではなく、書類や図面がほぼそのままリアルタイムで送れるというFAXの素晴らしさが活用された時代は間違いなくあった。でも今はデジタル社会でありIT時代。FAXの未来は如何に!!!
| - | 20:41 | - | -
北陸新幹線開業!
ようやく北陸新幹線が開業した。
[東京-金沢]
今までも東京から何度か行ったことがあるが、全て空路だった。でもこれからは陸路になるのかな?と思う。約2.5時間で金沢に着くのだから東京-新大阪と一緒。それなら陸路=JRかなと…。
コレを契機に多くの人に日本海側の文化に触れて欲しいなって…自分が日本海で育ってきたのでそう思う部分もあるが、日本海の魅力ってあると思う。
そして北陸といえば…やっぱり思い出す。故逸見晴恵さん(エッセイスト/故逸見政孝氏夫人)との旅…懐かしいなぁ…。勿論、サンダーバード!! 車窓の風景を話したり北陸の魚の味だったり…忘れられない思い出…。また巡ってみたい……。
そんな北陸新幹線…本当は新大阪まで繋がって完成形というか理想形なのだとは思う。東海道新幹線のバイパスとしての役割も大きい。仮に大地震や大震災、噴火なのが起きて東海道新幹線がアウトになったらどうなるのだろう…本当に大動脈なのだからその影響は大きい。だからこその北陸新幹線の役割もあると思う。
でも次の敦賀(福井)までの開業予定が2022年度、福井は前倒ししても2020年度という話がある。バイパスは繋げなければ意味が無い…。
| - | 19:32 | - | -
ホワイトデーとマシュマロ
チョコレート専門店の前を通ったら何か違和感が…店内はサラリーマン風の男性だらけ!
何で!?と思ったら、今日はホワイトデー前日。なるほど…と納得した反面、一昔前ならマシュマロ、クッキー、飴みたいな…ど定番があったなぁとしみじみ思い出した。バレンタインデーも本命なの義理なの言っていたのは一昔前で、今や「女友達へ→友チョコ」「自分用→自己チョコ」「男性から女性へ→逆チョコ」等など多様化している訳で…。
そもそも一業界の商戦から始まった訳だが、それが他業界にも普及するというのはそれはそれで良いのかなとも思う反面、マシュマロ頑張れ!と思うのは自分だけだろうか…。
| - | 18:00 | - | -
3.11の現実
3.11…東日本大震災から4年。
警察庁緊急災害警備本部発表によると昨日現在で

死者  15,891人
行方不明 2,584人

となっている。
避難生活を余儀なくされている人は約23万人、その中で仮設住宅暮らしの人は約8万人ともいわれている。まだまだ復興とは程遠い現状があると思う。

核燃料の処理の問題だけでもゴールの見えない問題なのに、街中にある汚染廃棄物のあの山積み放置された行き場の無い光景を見ると本当に心が痛む。今尚、家庭の敷地内に置かざるを得ない状況だってあるのも事実。原発問題は本当に深刻だと思う。

原発問題だけではなくても、関連死問題、震災孤児問題、賠償問題、高台移転問題、堤防問題、健康被害問題、自然問題、がれき問題、税金、犯罪…一体、どれ程の解決しなければいけない問題があるのだろう。

4年経ってこの状況…いつ解決するのだろうか…。決して次世代に託す、いや丸投げということはしてはいけないと思う。
| - | 18:44 | - | -
美容室で男性のカットは違法!?
厳密にいえば「美容室での男性のカットのみ」になるという。
1978年に当時の厚生省が各都道府県知事あてに出した「理容師法及び美容師法の運用について」という通知がそう根拠なのだという。
要約すれば、

[理容師]男女ともカットのみはOK。男性客のみ仕上げ目的のパーマはOK(パーマのみは不可)
[美容師]男性客のパーマ等の行為に伴う美容行為の一環としてのカットはOK(女性はカットのみも可)

確かにそれであれば違法とはなる…。元々は
理容:カット、シェービング等
美容:化粧、結髪、パーマ等
に分類されていたというが、そこから現実の問題を考慮しながら拡大解釈?して…
理容には…男性客の仕上げ目的のパーマ
美容には…男性客のパーマ等の行為に伴う美容行為の一環としてのカットや女性のカット
が容認されてきたのだと思う。
これでいうのであれば、理容:男性/美容:女性という棲み分け基準がはっきりするのだが、今の時代、男性客が美容室に行くのは普通。当たり前のように男性カット美容室が存在しているのだから、どう考えても時代にもニーズにも現実にも即していない。
理容の文化は文明開花の断髪令(1871年)が始まりとも言われているから、その流れはあるのだろうが、実際は利権争いの産物ともいえる気もしなくはない…。一見、幼稚園と保育園みたいともいえるが、制限や条件等を考えればそれよりも相当おかしい。
周囲に男性知人に聞いてみたら、美容室(院)とカット専門店(1000円/10分など)だけで、理容室(理髪店)はゼロ。(カット専門店は従事するスタッフにより理容か美容に分かれるらしい)勿論、地域差や年代、それぞれの状況もあるとは思うが、平成25年度全国理美容室店舗数の実勢調査(平成25年3月末調査/厚生労働省)によると、理容128,127店舗/美容234,089店舗になっている。東京に至っては、理容8,603店舗/美容20,396店舗。
報道によると安倍総理も美容室らしいが、そこにパーマ等の行為に伴う美容行為の一環としてのカットなのかの真偽は抜きにして、時代にそぐわないもの、曖昧なものは正すのは当たり前の様な気がしてならない。
| - | 20:19 | - | -
中央環状線
中央環状線が全線開通した。
山手線西側中心の自分にとっては、物凄く便利になる…何より羽田とのアクセスだと思う。
今でも羽田からは首都高速が“空いていれば”電車よりも早いのだが、如何せん首都高速…混んでいる時間が多いのも否めない。一度大きく中央部を通ってからの西側への移動なので仕方が無い…。電車との比較でいえば、その差に本当に驚くときがある。電車も乗り継ぎなの何なので結構ロスト時間があって、渋滞は無いにせよ時間は掛かる。なので時間帯によっては高速の方が早い時がある。
そして今回の中央環状線の全面開通により、羽田-新宿が約40分→約20分になる見込みなのだというから、嬉しい限り。確かに時間帯によっては出来ない数字ではないと思う。
電車も羽田アクセスを変更していくらしいが、より近い羽田…嬉しい限りだ!!
| - | 19:23 | - | -
ウスターソース
自分的にはソース=中濃ソースで育ってきた。でも地域によってはソース=ウスターソースが主流というところもあるし、世界的にもそうなのだと思う。
ただ実際には用途に応じて…ということになっていることも事実で、料理によって様々な種類のソースが用いられてはいるが、時としてウスターソースが食べたい!(かけたい!)と思うときがある。
そう思ってウスターソースを買おうかな…と思っていたら、ものの見事に「売り切れ」だった。え〜何で!?他のソースと比べて陳列している個数が少ないという訳では無さそうで、ウスターソースだけがドバッと売れていた。テレビか何かで紹介されたのか?季節的にウスターソースを欲する時期なのか?等と思いつつ、悔しさが倍増…。
あっ!そういえば!!とある飲食店を思い出した。常にウスターソースがテーブルの上においてあるお店。そうかそうか…あそこに行こう!行ってみたら…ウスターソースの瓶そのものが見事に無くなっていた…。
ん〜〜〜摩訶不思議…ウスターソース。
| - | 20:12 | - | -
美容家IKKO:トークショーin福岡!!
美のカリスマIKKO:トークショー

主催の皆様、ご来場頂きました皆様、現地関係者&業者の皆様、ご協力頂きました皆様、関係した全ての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 19:47 | - | -
選挙権…18歳へ!?
選挙権年齢を20歳以上→18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案が提出されたという。
賛成する政党や議員が多く今国会で成立する見通しで、早ければ2016年夏の参院選から実施される可能性が大きいとのこと。
世界レベルで考えればそうだろうし、民法では成人は20歳かもしれないが、他の法律では成人と同じ条件を20歳以下にも与えている例がたくさんある訳で、その解釈は曖昧ともいえる。そもそも憲法改正に関する投票権は18歳以上となっているのだから、憲法改正の国民投票が18歳以上、投票権が20歳以上というのも何とも理解し難い…。
個人的には良いのでは?と思う。少子高齢化という問題もある訳で、世代間の割合や世代間票格差という意味でも良いのかなと思う。
とはいえ…もうひとつ思うこと。それならば少年法の改正も必要だろうなとは思う…。
| - | 19:25 | - | -
胸焼け
ん!?胸焼け?と思う今日この頃…。
調べてみると、その代表的原因というのが…

・高脂肪(油)
・炭水化物
・甘い食べ物
・香辛料
・アルコール
・タバコ
・コーヒー
なのだという。

・・・・・・・かなり当てはまる・・・・。

常日頃摂取しているものを考えれば…原因は油モノか!?確かに会食もあって続いたんだよなぁ〜〜それ系が…。ん〜〜でもまぁそれほど過度な摂取はしていない気もするなぁ…歳か!?

ん〜〜〜遠因はアルコール・タバコ・コーヒー…我が三大摂取物ということにしておこう!?
| - | 20:18 | - | -
知らなかった寄付金
政治資金規正法では、国から補助金を受けた企業からの政治献金を1年間禁止している。
が、ここ最近の報道では、多くの議員が寄付を受けているという。
が!
「規定に違反してされる寄附であることを知りながら、これを受けてはならない」とあるので、知らなかったらOK!?という解釈ができるという…。
正にザルとしかいいようが無い。
単純明快で…企業側には、発覚した場合は向こう5年間の補助金禁止とか罰則を強化すればいいだろうし、政治家側は当該企業に確認すればいいだけの話。
何が難しいのだろう…。
そもそも1年間という期間限定というのも意味が良く解らない。しかも決定通知を受けた日から1年って…。
知らなかったからで無罪放免…こんな都合のいいモノはない。他の犯罪に照らし合わせると良く解る。例えば…スピード違反「制限速度を知りながら、速度違反をした場合は罰則」という定義が通用するのだろうか?仮に本当に速度標識を認識していなくても速度違反であれば、間違いなく『制限速度表示を確認するのが運転手の義務であり責任』ということで問答無用に処罰の対象になるだろう。軽犯罪だって条例だってそうだろう…。どこに「知る・知らない」という定義が成り立つのだろうか?
甚だ…疑問であり残念ながら疑心の念が沸いてくる。法律とはそういうものではないと思うし、同様に法律を作るのは誰か…。そしてその法律を守るのは誰か…。何かおかしい。
| - | 19:56 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2015 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE