氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
灯油の巡回販売サービス
電化が進んだ今日とはいえ、灯油の需要はまだまだ大きい。その灯油を巡回で販売してくれるサービスの話。
自分自身も過去に使ったことがあるが、普通のポリタンクであれば店頭で購入して運ぶ煩わしさというか面倒臭さがないのが利点だし、野外設置等の大型タンクであればこのサービスを受けるしか道は無いとも言える。が!その不正があるのだという…。
解りやすくいえば、少なく入れて正規の値段を徴収…差額は作業員の懐へ…ということなのだという。確かに実際どれだけ入ったのかは解らない…業者・作業員を信じるしかないのが現実ではあろう。
実例…ポリタンク18リットル→17リットルしか入れない→18リットル分を徴収→1リットル分を懐へ…なのだという。
その分、幾らになるのか!?1リットル=約100円。それだけで何で!?と一瞬思ったのだが、ちりも積もれば…であって日に200本分請け負うこともあるらしく、計算上多いときで1日に2万円ともなる。実際は月30〜40万円は懐に入れることが出来るという…。これであればちょっとした出来心という話ではなくなる…。
不正を働いていた人間の証言によれば「会社は黙認している筈」という言葉にまた衝撃を受けた…。
確かにふと考えればメーターと徴収金額の差は歴然で、会社が当たり前のように気が付く筈でもある。仮に話半分で考えても…

計上:18リットル×100本=1800リットル=18万円
実際:17リットル×100本=1700リットル=17万円

手作業だから多少の誤差はあるとしても、メーターで100リットルも違っていれば気が付くだろう・・・・それとも作業員が勝手に領収書や伝票を書いていたのだろうか?穿った見方をすれば……余り考えたくは無いが、いろいろ可能性はある。

日本という日本人という…そこには海外では考えられない、日本人が普通に当たり前のようにやっている良さや素晴らしさがあると思う。

今回、メデイアの前で全てを話すと不正を打ち明けた灯油販売員…。
勿論、理由や業界構図や体質はどうであれ不正に関与した訳だから褒められたものではない。でもこの一石が何かを変えてくれるのであれば…とは思う。
| - | 19:34 | - | -
スカイマーク
民事再生法を申請…経営破綻。
航空大手三社が当たり前だった時代に新規参入した航空会社。その就航の新鮮さは未だに覚えている。当時は価格破壊ともいえる運賃も魅力だった…「えっ!こんなに安く飛行機に乗れるの!?」単純にそう思った。何より高いのが飛行機みたいなイメージだったし、それが当たり前だった。
でも大手がそれに追随するサービスを提供し始め、それが今日の航空業界の様々な格安運賃・割引運賃に繋がっている…。
日本の航空事情に風穴を開けたことには間違いないと思う。
いまやLCCが当たり前のようになっているが、その先駆者のスカイマーク。自分自身、スカイマークの信者でも何でもないが、いろいろ経営事情や諸問題もあったこととは思うし、先駆者には先駆者の苦しみもあった筈。だからこそ、これからに期待したいと思う。
今のJALを考えてみればいい…最高の再出発を成し遂げた。本当にそう思う。あの時のJALはどうだったのか?世間のイメージは?社会的制裁は?そして…今は?
さぁ第二次スカイマーク…期待したい!!スカイマークの復活が、次世代の航空業界にまた新たな風穴を開けるかもしれないし、次世代の当たり前のサービスを提供してくれるかもしれない…。
| - | 20:15 | - | -
テニスの試合時間
錦織圭選手の大活躍でテニスが注目が集まっている。ここまで注目されることは過去に無かったと思う…それはそうだ。今まで日本人が到達しなかったレベルで活躍しているのだから。
テニスというスポーツは誰もが知っているとは思うが、そのルールは卓球と同じ?とか大体こうだろう?とは解っているつもりでも、実際は今ひとつ解らない。
じゃあせっかく中継やっているのだから、見てみるか…と思っても、これまた時間が長くて…。まだ中継勉強は実現できていない…。テレビも時間が読めないということが中継に踏み出せないひとつの要因でもある。
でもふと冷静に考えてみれば選手って凄いなぁと…。自分も含めて見る方が長いなの何なの言っているが、実際にその時間選手はあれほどの運動をしているのだから物凄いことだと思う。
ゆっくりじっくり見て見たいなぁと思う、今日この頃である。

| - | 19:20 | - | -
訃報
知人が亡くなった…。

知人というよりは後輩、同志なのかな…。

まだ30代…。

想い出は尽きない・・・・

だからこそ、

生かされている命…

大切にしないといけない。
| - | 20:53 | - | -
信書
クロネコメール便が廃止されるという。理由は「曖昧な信書の定義」で結果的に郵送事業者以外に顧客にも罰せられる可能性があることを懸念してのこと…。

厳密に言えばその事例は少なくないと思う。
そもそも信書とは…

「特定の受取人に対し差出人の意思を表示し又は事実を通知する文書」(郵便法・信書便法)

書状、請求書、納品書、領収書、見積書、願書、申込書、申請書、申告書、依頼書、契約書、照会書、回答書、承諾書、レセプト(診療報酬明細書等)、推薦書、注文書、年金に関する通知書・申告書、確定申告書、給与支払報告書、会議招集通知、許可書、免許証、認定書、表彰状、証明書、印鑑証明書、納税証明書、戸籍謄本、住民票の写し 健康保険証、登記簿謄本、車検証、履歴書、給与支払明細書、産業廃棄物管理票、保険証券、振込証明書、輸出証明書、健康診断結果通知書、消防設備点検表、調査報告書、検査成績票、商品の品質証明書、その他の点検・調査・検査などの結果を通知する文書、ダイレクトメール、文書自体に受取人が記載されている文書、商品の購入等利用関係、契約関係等特定の受取人に差し出す趣旨が明らかな文言が記載されている文書

総務省によると上記のようになる。
一方で、

新聞、雑誌、会報、会誌、手帳、カレンダー、ポスター、講習会配布資料、作文、研究論文、卒業論文、裁判記録、図面、設計図書、カタログ、小切手、手形、株券、為替証書、プリペイドカード、商品券、図書券、プリントアウトした電子チケット、乗車券、航空券、定期券、入場券、クレジットカード、キャッシュカード、ローンカード、会員カード、入会証、ポイントカード、マイレージカード、ダイレクトメール・パンフレット・リーフレット(街頭における配布や新聞折り込みを前提として作成されるチラシのようなもの)、説明書(市販の食品・医薬品・家庭用又は事業用の機器・ソフトウェアなどの取扱説明書・解説書・仕様書、定款、約款、目論見書)、求人票、配送伝票、名刺、パスポート、振込用紙、出勤簿、ナンバープレート

は信書ではない。

もう既に…?

色々な時代背景、社会構図があってのことだとは思うが、はっきりした方がいいと思う。免許証は信書でパスポートは信書ではない…といわれても何がなんだか良く解らない。はっきり言って解りにくい…。本来であれば郵政民営化した時点ではっきりすべきだったのではと思う。

一般論からして郵便物で考えれば、絶対に!という場合は書留にするだろうし、宅配系のサービスで送るだろう。

同等の値段でサービスをする会社があって、その補償も同等…同じ民間会社として…では何が信書を扱える会社と扱えない会社の違いになるのだろうか…。

本当に・・・?
| - | 20:11 | - | -
秘宝館
男なら知っている!?とは思っていたが、そうでもないらしい…俗に言えば性に関する展示館とでも言おうか。
全盛期には全国に20ヶ所以上あったらしいが、現在は1個だけになってしまったのだという。

今ある日本で唯一の秘宝館は熱海。

行ったなぁ〜〜〜〜!ロープウェイに乗って!!
何というのかその物珍しさというか、冒険心というか、男心を擽るというか、性のマジックというか…。温泉地・観光地ということもあって、行っちゃうんだなぁこれが!とはいってもお客さんは男性だけでもないし女性も多かったし、グループが多かったイメージがある。

感想は人それぞれだろう…人生に一回行ってみるのも悪くはないと個人的には思う。そもそも性というものは、軽蔑するものでも恥ずかしがるものでもなんでもない。当たり前の話であって、堂々といけばいい!?

まぁココまで言っておいて感じたこと…

秘宝館に行ったことあるぞ!と堂々と公言することも無いのかなと…

まぁこれもまた自分ということで・・・・。
| - | 18:52 | - | -
MIRAI
解りやすくいえばトヨタの水素自動車!!
燃料を水素にすることにより、酸素と混じり水しか排出しないという世界初の市販型燃料電池車[FCV]で「究極のエコカー」といわれている。
発売後1ヶ月で国内年間販売目標の4倍弱の1500台を受注したのだという。
一番の懸念は、ガソリンスタンドの代わりの水素ステーション!現状これが全く無い。でもこれが普及すれば物凄いことだとは思う。しかもトヨタはこの燃料電池に関する約5680件の特許を無料開放すると発表しているということも意義深い。市場が広がれば…。
真夏は道路への水の散布にもなる訳で、その点でも効果はある気がする…。(まぁ季節が変わり寒冷地での仕様の程は解らないが…)
いつまでもガソリン=オイルに頼ることも出来ないのは判っている訳だから、次世代の車という意味では本当に興味深い。
「車=ガソリン」という概念で生きてきたが、それは当たり前では無くなる日がくればいいなぁと…。
| - | 20:57 | - | -
お年玉付き:年賀はがき
当選番号が発表になった。

1等:1万円(33,185本)
2等:ふるさと小包(331,858本)
3等:切手シート[82円+52円](66,371,640本)

過去に比べると賞品が…という声も少なくない。確かにそうだ…それは感じる。年賀状という文化が年々衰退しているのも一端ではあろうが、この文化は続けて欲しいなとは思う。

そこで思ったこと!単純計算で費用を考えると…

1等:3億3185万円
2等:不明
3等:88億9379万9760円

計 :92億2564万円9760円

となる。いろいろ当選割合等の法律的問題もあるのかもしれないが、3等はもっと少なくていいのでは!?と思う。勿論、自前のサービスだからその分の…はあるのだろう。でも計算上は切手代で約89億円という数字にはなる。

3等を半分にすれば…44億4689万9880円が浮く。それを1等に等配分すれば1本あたり13万4003円となる。そうなれば…


1等:144,003円(33,185本)
2等:ふるさと小包(331,858本)
3等:切手シート[82円+52円](33,185,820本)

1等:47億7873万9555円
3等:44億4689万9880円

計 :92億2563万9435円

となる。
この方がよっぽどか現実的だし、貰った年賀状1枚で14万円!であればこれほど嬉しいことは無いし、何より購買意欲に繋がるとは思うのだが・・・。
| - | 19:55 | - | -
阪神・淡路大震災…20年
約6,400人の犠牲者を生んだ阪神・淡路大震災。あれから20年が経った…。

1995年(平成7年)1月17日、午前5時46分。

自分はその時、大学生だったが人生で初めての大震災だった。自身の人生の中で死者数の最高は事故での何百人であった中、死者数何千人という大震災の現実。そして…大都市のビル、家屋、高速道路の崩壊、大規模火事というあの光景。

自分もボランティアで神戸に行ったが、想像を絶する現実がそこにあった。

20年経ち、この国の地震対策はどうなったのだろう…。

先の東日本大震災(死者15,889人、行方不明者:約2,500人)もあった…。

いつ起きるか解らない地震…地震大国の日本。未来の為にやることはたくさんあると思う。
| - | 19:24 | - | -
ビール
ビール(ビール類課税出荷の各社別シェア)の2014年のデータ。

1位:アサヒ38.2%
2位:キリン33.2%
3位:サントリー15.4%
4位:サッポロ12.3%

ちなみにアサヒの首位は5年連続。ちょっと前までは、ビール=キリンだったのに…とも思えてしまう。何かの宴会は必ずキリンの瓶ビール!という記憶があるのに…。(個人的にはアサヒ派ではあるが・・・・)

今は「取り敢えず…ビール」という文化も当たり前?鉄板?とはいえない時代になっているのかもしれないが、やはりこの現象は「スーパードライ」なのだろうなぁとは思う。あのセンセーショナルなCMは未だに覚えている。事実…自分はそれが当たり前になった…。

ビール文化はそういった流れなのかもしれないが、飲みニケーション文化の良い部分は残していって欲しいなぁとは思う。
| - | 19:22 | - | -
美容家IKKO:トークセッションin東京!!
美のカリスマIKKO(美容家):トークセッション

主催の皆様、代理店の皆様、ご来場頂きました皆様…
関係した全ての皆様に、厚く御礼申しあげます。
ありがとうございました!!
| - | 19:28 | - | -
成人の日
街中で振袖姿の新成人を見かけたここ数日。
海外で多い18歳という成年年齢と比べて、20歳=成人という概念もどうなのだろう?という議論もあるが、10代と20代という区切りとしては良いのかなと個人的には思う。
一応…お酒も解禁、堂々と飲める様になる訳で、そこが何よりの身近な違いなのかなとは思う。(自分たちの時代はまだタバコ=喫煙も大きかったのかなぁとも思うが今や…)でも本来であれば選挙権というのが大人の権利の象徴なのだとは思う。政治に参加=社会的責任。だからこそ大人なのであり事件を起こせば実名となる…。
ちょっと大人の先輩として!?新成人には大いに活躍して欲しい!!と心から思う。
同時に…
ちょっと大人の先輩!?の自分の成人式の時を思い出したりも…。あの日、自分は何をし何を思い何を生きていたのだろう…。
そして今回の新成人は1994年4月2日〜1995年4月1日生まれが対象とのこと。あの頃、自分は何をし何を思い何を生きていたのだろう…。
成人の日…新成人のお祝いと同時に、既に成人のものが「あの頃」を振り返る日でもあってもいいのかもしれない…。
| - | 17:48 | - | -
スケート
TBSに用事があって行って来た。今、TBSの赤坂サカスには「スケート場」がある。
50mプールを小さくしたような位のサイズなのだろうか…都会のど真ん中にある簡易スケート場は人で賑わっている。
自分自身、秋田で育ったのだが「スケート場」というのは身近な存在だった。県立のスケート場があるので学校行事でも家庭行事でも良く行った。が、東京で知人に聞いてみるとスケート未経験という人も少なくない。
へぇ〜〜何て思っていたが日本は狭いようで広くもある。人生はそれぞれだから仕方が無い。
自分が行っていたスケート場はスピードスケート用とフィギュア(ホッケー)用があったので、赤坂サカスでのスケート場を見ると少々思うところもある。
でもでも…都会のど真ん中:赤坂で滑るスケートというのもなかなか乙なもの!!
オリンピックのフィギュアスケートであれだけ勇気と感動を貰っているのだから、スケート体験してみませんか!?
| - | 19:48 | - | -
異物混入
ゴキブリに始まり、ビニール、プラスチック、金属片、虫…挙句の果てには「歯」…まぁ何とも…。
ただはっきり言えば冷静に考えれば「あり得る」話だとは思う。
食品を扱う以上、その管理は厳重にして欲しい…でも限界はある。どこかに人間が介入する以上、異物混入はあり得る。さすがにゴキブリはグロテスクではあったが、小バエにしろ虫にしろ、外部からの進入口がどこかにあればそこから入るだろうし、ビニールにしても製造段階においてビニールを使用しているのであれば、何らかの理由により混入することはあり得る。
そう考えれば今までもそういった例はあったと考えれば話は早い。解らないだけで人の毛だって相当混入している気もするし…。あれだけの数を作っているのだから、それは不良品も出る。その都度、メーカーも対応していたのだとは思うし、その全てを公表していたら相当な数になるのではないだろうか?
食品管理や食品衛生が厳しくなった今、過去に比べれば相当良くなっていると思うが、比例して世の中も変化してきた。
今や誰もが情報を発信できる時代。
その何万分の1、何億分の1の不良品1個が企業イメージ・商品イメージとしてあっという間に世間に広がってしまう。ある意味、酷な話でもある。
イチゴのデザートを買ったらイチゴの中に虫が入っていた…そのことをメーカーは公表せずに封印した!という報道もあったが、メーカーの答えは「イチゴの中までは確認しきれない。健康被害やその被害の広がりという観点で公表せずに個別に対応した」だった。これは普通だと思う。これが許されないのであれば、説明書ではないが注意書きでも同封して「稀にイチゴの中に虫が産卵し成虫となって混入する場合があります」とか記載するしか方法は無い。野菜だって果物だって一緒だと思う。そういったあり得る要素、過失的なものは仕方が無いのではないだろうか?まぁ「歯」については…故意ではなくても本人は解ると思うので徹底的に調べて欲しいが…。
そもそも異物混入はあるんです!
という認識でいれば、そこまで神経質にならなくてもいいのでは?とも思う。どれだけ厳重にしていても、ゴキブリや蚊が侵入してくるのと一緒で、ある意味仕方が無い。刺身だって寄生虫の例もある訳で…。故意であれば公表や対応は当然だが、自然発生的に生じてしまった事例に関してはある程度は容認するしかないとは思う。
とはいえ、異物混入がなくなればそれに越したことは無いのだから、コレを機にもう一段レベルを上げて食品製造&加工してくれればいいと思う。
| - | 19:44 | - | -
駅伝
正月の風物詩:箱根駅伝。
今年も多くのドラマが生まれ、感動を貰った…。
本当に素晴らしい競技だと思う。
「襷」コレに尽きる。
参加選手全員の力走あって初めて成立する、一人ではない、何人かでもない、参加選手全員というのがポイントで、それが時として感動の象徴にもなるし、時として残酷にもなる。
他種目でいえばリレー等になるのだろうが、駅伝の面白さや奥深さ、感情移入の構図は長さにもある。何があるか解らない…人生の縮図ともいえる。
駅伝=EKIDENがオリンピック種目だったら物凄いだろうなぁ〜と思ってしまった。
| - | 18:56 | - | -
築地マグロ初競り
何かと話題の築地の初競りマグロ…今年は青森大間産のクロマグロ451万円だったそうだ。
初競り価格なので随分と高い買いものになる訳で「縁起物」「ご祝儀相場」という概念で理解するしかないが、競り落とした企業努力には頭が下がる…。
ちょっと前までは倍々ゲームで、3年前の5649万円からついには一昨年史上最高の1億5540万円になったが、これは異常だったと思う。宣伝効果という意味合いもあるとは思うが、さすがに…とは思う。
でもふと考えれば…漁師の皆さんはどう思うのだろうか。
ちょっと前までは、5000万円なの1億5000万円だった訳だから…そこに当たった猟師さんは最高だろうなぁと…。ただマネーゲームが終わった昨年は736万だから前年の約20分の1…この落胆は大きかっただろうなぁと…。
割り切ろうにもは割り切れない思いもあるとは思うが、これが世の中でもあるし、今が正常と納得するしかないのだろうが…。
急上昇で急下落…マグロバブルは恐ろしい…。
| - | 17:41 | - | -
2015年(平成27年):謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

株式会社フロンティア・ロード
代表取締役 氏家大一郎
所属タレント・スタッフ関係者一同


| - | 15:05 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2015 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE