氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
2014年(平成26年):大晦日
関係させて頂きました全ての皆様に厚く御礼申しあげます。
ありがとうございました!!

株式会社フロンティア・ロード
代表取締役 氏家大一郎
所属タレント・スタッフ関係者一同
| - | 16:27 | - | -
あぁ〜〜年の瀬
気が付けば…2014年(平成26年)も残りわずか…。
世間は仕事納めで…正月休みが殆ど…。
でも私…やることが一杯です…。
まぁこれも我が仕事…頑張ろう!!!
| - | 21:51 | - | -
ブラインド
我が事務所のブラインドが崩壊…。
紐が完全に切れてしまい…ありゃ!という状態に…。
紐以外は全く問題ないので何とか直せないものか…と試行錯誤するも…これや無理だ。余りにも複雑すぎる…で断念。
まぁ最初はオイオイ!とは思ったが、考えてみれば創業以来の付き合いだから15年は使用している訳で納得はいく。よく頑張ったなぁと…。でも実際は入居した当時、スタッフ皆んなで少々汚れていたブラインドを掃除したから多分その前からの商品だと思う。
改めて…ありがとう!!
という訳で年の瀬の迫ったこの時期にブラインドを手配しなければいけなくなり、右往左往。手早く既製品は無いのか!と思うも、カーテンと同じくいやカーテンよりもサイズが少ないのかなぁ〜まるっきりジャストサイズが無い!ジャストでなくても良かったのだがそれを補うサイズも皆無…。
結局…オーダーメイド。
こればかりは仕方が無い…無いものは無い!!
どれくらい掛かるのかな〜と不安だったのだが、予想以上に早く商品が届きサイズも勿論ジャストサイズで想像以上の品質。かなり満足!!
コレを機にストッパーというか接続器具も取り替えたのだが、基本的な構造は変わっていないようでもやはり現役は締りがいいような!?
基本的には物持ちがいい人間なので、ブラインド平均寿命と比較すればどうなのかは解らないが、毎日のように動作されてきた紐君には感謝かな!
ありがとう!前のブラインド!!
よろしく!!今のブラインド!!
| - | 20:06 | - | -
STAP細胞は…
あります!なのか…ありません!なのか……。
一応の決着が付いた様だが、あれだけ日本、いや世界をも巻き込んだにも関わらずこの終わり方は何なのだろうと思う。
いろいろな事情はあるにせよ、釈然としない。
世間の関心はもう低いのかもしれないが、日本の科学というものの信頼の失墜というこの事実の処理はどうするのだろうか?
現状での説明や退職でこの問題に関してピリオドは付けられないと思う…。
| - | 19:55 | - | -
東京駅100周年記念Suica
予想を大幅に上回る最低でも9,000人が殺到して、安全確保の観点で中止したという。
その東京駅100周年記念のSuica…15,000枚を準備して8,000枚を売った時点で中止となったとのこと。怒号が罵声が飛び交う場面もあったようだが、どうやら現場では色々問題もあり鬱憤もあったようで…。
・前日からの座り込み禁止なのにそれを容認…!?
・並ぶ動線が乱れていた…!?
・運営体制が…!?
・ルールを無視…!?
ん〜〜現場を見ていないので何ともいえないが、せっかくの記念日なのに残念な結果には間違いない。
しかも「人が殺到して開始15分で中止しました」であれば理解は出来るのだが、実際は約2.5時間後の中止。一人3枚までOKという事らしいので最低2,666名が購入したということになる…これに正直驚いた。
単純計算する1時間に1,066名、1分で17名。対応が2名体制であれば1分間に約8〜9名となるが、映像で見る限り4名体制という気もするが、仮にそうであれば1分間に4名の対応…でもこれでも一人15秒という計算になる…。報道されている数字が正しいのであれば、計算上は相当なスピードで処理対応していたということにはなる。
ということは、最初は対応出来ていたが徐々に爆発的に人が増えてきて、運営に問題が生じたということになるのだが…。最低でも9,000人が押し寄せたから開始時間を早めにして対応したけど、(最低でも)2,666名を対応した段階で安全確保が出来なくなった…約2.5時間の最初と最後の部分での運営の違いは何だったのだろうか?

報道だけでは解せない部分があるのは事実だとは思う。
| - | 21:23 | - | -
寒い〜〜〜
一気に寒さが!!
日本はどうなってしまうんだ!?みたいな寒波になっている…。
真冬並みの対応でなければ持たない…。
はぁ〜〜〜明日も寒いとのこと…。
まぁ12月…冬。
夏は暑く、冬は寒く…当たり前の話なのだが、よきタイミングで!徐々に!平年並みに!というところでうまく落ち着いてくれないものかとも思う。
まぁ…夏があの様に猛暑?酷暑?なのだから、冬もこうなっても納得出来るということか…。
| - | 19:59 | - | -
衆院選2014
結果は衆議院475議席の内…与党で326議席。
割合でいえば68.6%。
これが…紛れも無い結果。
何がどうこうとかそういう問題ではない、法に則り公平に選挙を実施した結果。

まぁ投票率は戦後最低の52.66%。

見えない声もあるのは事実だろう…でもそれは現状の選挙制度では全く意味が無い。ただひとつ…47.34%の有権者の主張も考えも無効であり無意味であるということ。

一部の人間だけでこの国を決めるのはよくない。でも半分近くの有権者が選挙を放棄しているのだから、結果的に仕方の無い部分という見方もあるとは思う。

でも…繰り返すが、法に則り公平に選挙を実施した結果であることは、選挙後に何を言おうと変わる事は無い。
| - | 19:44 | - | -
清水アキラ ディナーショー
清水アキラディナーショー

主催の皆様、会場関連の皆様、現地業者の皆様。

そしてご来場の皆様に、心より厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 19:34 | - | -
青色LED
ノーベル賞の授賞式で青色発光ダイオード(青色LED)の発明で日本人3名が物理学賞を受賞した。
世界に誇れるこの発明や技術は本当に凄いと思う。
ふと気づけば、世の中には青色LEDがたくさんある。特にこの時期は多い…ちょっと前までの電飾を考えれば物凄い進歩だと思う。
無理だといわれた青色LEDがもたらしたLEDの進化…この世の中にどれ程の影響をもたらしたのだろうか…。
何気なく見ているLED…そこにある日本人の力に感服と敬服しかない…。
| - | 20:31 | - | -
牛丼の値上げ
牛丼の吉野家が来週から現状300円の牛丼を380円にすると発表したという。
理由は「牛肉輸入価格上昇による調達コスト増加」
まぁこれだけ円安になったのだから当たり前のことだと思う。2年前は1ドル=80円前後、1年前で1ドル=100円前後…今や1ドル=120円前後。
仕方が無い…。
そもそも食料自給率の低いこの国日本。世界最大の食料輸入国ともいわれるのだから、どれだけ日常の「食」が輸入に依存しているのか…円安になればその分野は打撃を受ける。
100円が120円になった…
1000円が1200円になった…
コレ位ならとは思うが、額が増大していくと
100億円が120億円
1000億円が12000億円
同じ割合だけど額が大きくなるとその大きさが実感できる。
そもそも牛丼の値段は安すぎる部分もあるとは思う。自分が学生のときは牛丼+味噌汁+卵で500円みたいな価格だったと思う。どれ程の企業努力をしてきたのか…凄いと思う。
勿論、安いに越したことは無い…でもそこに一方のみしか利を得ないという状況は好ましくない。
値上げはそれは嫌だが、むしろ今まで牛丼300円でやってきたということに先ずは敬意を表する気にならなければいけないと思う…。
| - | 19:23 | - | -
清水アキラ&清水良太郎ディナーショー
主催の皆様、ご来場の皆様、現地関係スタッフの皆様、関係した全ての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!



そして…いつも思いますが、最高のステージ&パフォーマンス、本当に素敵なチームです!!
| - | 19:45 | - | -
東京で、たまたま。
新宿で仕事の打合せの予定が訳あって無くなった…内容的に結構時間が掛かるかと時間をとっていたので、いきなりポカーンと空白が…。
帰宅するには早いし…「ん〜〜どうしよう!」
ポッと浮かんだのがAさん。そういえば最近会っていないなと…電話してみた。
「元気ですか〜!?まさか新宿にいるって事はないですよね!?」
『えっ!いますよ!!何で解ったんですか!?』
「えっ!!新宿にいる????えっ!本当に!?」
そんな会話になってしまった。
たまたま電話しただけなのに、そばにいるなんて…本当に驚いた。
都内に住んでいれば解るが、ちょっと離れるとその人を見つけ出すのは難しい。都会の喧騒というやつで、どこかでばったり会うというのも中々無い…殆ど全てが他人。それが東京なのかもしれないが、一方では寂しくもある現象だ。
だからこそ、今回の電話には何か驚き感動すら覚えた。殆ど全部が他人の中にも知人……。人間の数だけではなく関係でしょ…大切なのは。
| - | 18:46 | - | -
衆院選
公示されたがどうも盛り上がりに欠けるというのが正直なところ…。
本来であれば、政権を決める選挙なのだから国中がその話題でないとおかしいと本当に思う。
投票率をみれば郵政選挙で67%、民主党へ政権交代で69%、自民党に戻るで過去最低の59%…今回はどれ位なのだろうか…。
本来であれば最低でも70%位はいかなければいけないと心底思う。
そもそも投票しないということは選挙権の放棄であって、その結果についてあれこれいう資格は無いとなる。自身が経験したことが無いのに薀蓄を語るのと同義だと思う。
「自分が入れても変わらない」「たかが1票」「政治なんて…」
そういう思いを抱くのも解らなくはないが、それが政治不信・腐敗を助長しているということを知るべきだと思う。投票率が低ければ一番良い!みたいな事を発言した政治家もいたが、それは固定票・組織票があるからで、その一定の人達だけで政治が動かされる結果になる…だからこそ「自分が入れても変わらない」「たかが1票」「政治なんて…」ではなくて投票すべき。
選挙=義務にした方が良いのではとさえ思えてくる。本来であればそれ位重要なこと。そうすれば間違いなく、この国の政治は変わると思うが…。
| - | 20:31 | - | -
立ち往生8時間
JR東日本の仙台と山形を結ぶ仙山線で雪による倒木の影響で停電し、乗客約300人が8時間缶詰状態になったのだという。
停電発生が7:40頃…約3時間後に救援スタッフが到着し防寒シートやカイロ・軽食・簡易トイレが配布され、発生から約7.5時間後に電気が復旧し、約8時間後に最寄の駅に着いたのだという。その殆どの間は停電状態で照明は勿論、暖房もトイレも使用できなかったという。
乗客は互いに励まし助け合いながら過ごしたというが、体調不良の乗客がいなかったのがせめてもの救いだろう。また誰一人としてとり乱すことも問題を起こすことも無かったのだという…何と素晴らしい乗客だと思う。
乗客の話によれば「経過の報告」が無いから戸惑ったという声があった。停電だから車内放送も使用できないのだろう…ワンマンでやっているのであれば運転席を離れられないという規定はあるのかと思うが、もし車掌がいたのであれば各車内を循環して説明くらいはして欲しかったというのは解る気がする。ただただ待ちぼうけよりは、今どんな状況で復旧見込みはどれ位で…それだけでも心は落ち着くものだと思う。
しかし…あれだけの雪で倒木となれば、これから本格的な雪になればどうなるのだろうか?点検作業にも限界はあるとは思うが、救援体制・復旧体制も含め今一度考え直さないといけないとは思う。
JRは新幹線やリニアだけでは無いのだから…。
| - | 17:30 | - | -
師走
気が付けば2014年(平成26年)最後の月…本当に早い…。
師走とはよくいったもので、あれこれと忙しい時期の到来。
一年の区切りでいえば年末と年度末があるが、やはり年末の場合は年が変わるというのが大きく「気持ち新たに!」という心理が多くを占める。なので余計に12月は一年の集大成みたいな月になってくる。
さぁ2014年の最後を飾る月…頑張ろう!!

| - | 19:28 | - | -
出張!
現場=地方出張が続くと一気にデスクワークがたまる…。
勿論、主張先でノートパソコンを使って…というのもあるが、地方出張=現場=本番な訳でなかなか時間が取れない。
現場はLIVE=生ものだし何が起きるか解らない…だから感動も生まれる訳だが…如何せん、時間が読めない。
時間あるだろ!といわれるかもしれないが、本当に有るようで無いのが現場だと思う。
例えば前乗り・翌日戻りみたいな現場だと、計3日間そのイベントに費やすことになるが、前乗り日は翌日の打合せやら確認事項に費やされるのが普通。それはそうだろう・・・・主催者からすれば傍にいるのだから確認しやすいし、こちらサイドとしても確認したい。当日はアレコレと…パソコンを見る時間は朝と夜みたいな…。戻り日は午前に出発して昼前後に東京着で…みたいな…。
よく「地方出張でいいね!」とはいわれるが、実際は自由な時間って少ないというのが現実だと思う。19時開演でも当日は10時位から仕込みやら何やらやっているのも当たり前。
見えないところで、現場って色々やっているんです…。
| - | 20:57 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE