氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
魚釣り
全くのど素人…。
先日、魚釣り好きな人達の魚釣りに同行して来ました。
時間も無かったので、ちょっとした時間ではあったのですが…魚釣り自体は興味がある自分。
まぁ釣れなかったら早く帰るか…何て勝手に思いながら、見物していたのですが、たまたま「ちょっと竿を持ってて!」という展開に。言われるがまま、持っていたらグイグイと!
いきなり2匹も釣れてしまいました‼
しかも、その後もグイグイと当たりが‼‼‼
結果6〜7匹も釣れましたが、竿を貸してくれた釣り好きの人が1匹で…正にビギナーズラック。エサやら針やら何から何までやって頂いたのにと…申し訳ない気持ちにも…。

まぁ…これも魚釣りの醍醐味ということなのでしょう!と理解しました!!
| - | 20:47 | - | -
井上順LIVE in 隠岐の島!!
隠岐の島町の野外音楽フェスティバル「MAMEDAGIA FES 〜隠岐の島 2014〜」

[参加アーティスト]
GAKU-MC・奇妙礼太郎・神聖かまってちゃん・SPECIAL OTHERS ACOUSTIC・藤巻亮太・PE'Z・bonobos・My Little Lover・あらかじめ決められた恋人たちへ・(仮) ALBATRUS・井上順・OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND・キマグレン・ゴンチチ・シクラメン・Predawn…(50音順/出演日順/敬称略)

主催の皆様、ご参加頂いた皆様、町民の皆様、関係した全ての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 18:11 | - | -
IKKOトークショーin宮崎
美のカリスマIKKO(美容家)トークショーin宮崎

主催の皆様、ご来場の皆様、関係した全ての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 20:54 | - | -
サンマ
秋の味覚といえばコレかなぁ〜と思うほど、サンマ=塩焼きが好き!何しろ美味い!!
パリパリの皮、身、そして何よりワタ…これが絶妙。
色々な魚はあれど、サンマほど全てが食べられ、しかも調理しやすい魚もなかなか無いのではないだろうか?
下処理も必要も無くただ焼くだけ…小骨も食べようと思えば食べられる訳で…。ワタも食べられしかも美味い!正に最強!!
そんな話をしていたら知人が一言…
「“ししゃも”が一番楽じゃないですか!?」
まぁ…そう言われればそうではあるが…。
違う、違う!ワタだ!!食感!!!そして味!!!!
やっぱりサンマだ。
| - | 16:43 | - | -
松野弘教授:講演会
松野弘教授(千葉商科大学人間社会学部教授)

実践応用編 サラリーマンのための大学教授の資格(VNC)

刊行記念講演会を開催します!
   
2014年10月1日(水)12:00〜 *開場11:30

八重洲ブックセンター本店8Fギャラリー

演題「なぜ、大学はすぐれた社会人教授を必要とするのか」

詳細及び予約申込は、主催:八重洲ブックセンターまで


是非、ご参加ください!!
| - | 21:06 | - | -
飲食店での席移動
店員にお願いするときもあるが、今回は店員にお願いされる時の話。
ランチタイムでの某飲食店でのこと。普通のテーブル席の他にカウンター席も併設している店で、客の出入りがあってカウンター席がこういう状態になった。

空席・客A・空席・空席・客Bの荷物・客B・客C

客Aは20代の女性
客Bは30代の女性
客Cは40代の男性

そこに3名グループの客が入ってきた。テーブル席は満席で3人組はカウンターでも良いという。そうしたら店員が食事中の客Aに席の移動をお願いした。かなりムッとした表情を浮かべる客A。

客A「食事中に移動しろって事ですか!?」
店員「申し訳ございません。3名様のお客様がいらっしゃいまして…」
客A「あそこ(客Bの荷物)をどかせば大丈夫でしょ!」

結局、店員は客Bに荷物をどかしてもらうように頼み、客Aと客Bの間に3人組を招いた。そのやり取りは周囲の人間にも伝わる位な大きな声だったこともあり、客Aと客B、そして待っていた3人組も何とも言いようのない表情で横一列に並んだ…微妙な空気がこっちにも伝わってくる。

自分が客だったらどうするだろうか?
自分が店員だったらどうするだろうか?

時間はランチタイムで、外には席が空くのを待っている人が多数いる…。

客として考えてみる。
カウンター席で隣りの席を荷物置きとして使用するか…自分はやらない。というか悪くてやれない。
実は自分の知っている他店では、カウンターの場合どんな状況であろうと「お荷物は隣の席に置いてください」と態々いってくれるお店がある。そしてどんなに混んで来ても新規客は待ちになる。だから…余計に席の荷物を自主的にどける客が多くいる。(勿論、そのまま置きっ放しの客もいるが…)人間社会だし世の中、そんなモノだと自分は思う。

店員として考えてみる。
席の移動をお願いするか、荷物の移動をお願いするか…いい易い人、いい難い人…いろいろあるとは思うが…自分なら荷物の移動をお願いする。俯瞰で見ても考えてもそれがベターだと思うし平等だと思う。

席移動を要請された客として考えてみる。
正直、これは難しい…。自分が隣に移動すれば事は済む…でもどうしてもこれだけ混んでいる中で、しかも堂々と席に荷物を置いている客のことは気にはなるだろう。ん〜〜どうだろう「良いですよ!でも普通は荷物をどいて貰うのが筋かと思いますよ」位は言うかなぁ!?ん〜やっぱり、男は黙って譲って何も言わずに心の中で「いるんだよなぁ〜あぁいう(周りを顧みず自分勝手に荷物おいている)客!あぁいう人間にはなりたくないな〜」と己の行動を自身で褒め称えるのか…。

いろいろなパターンを熟慮の結果…

こういう場合を考慮して、お店が「混雑時は(隣のお席に置いている)お荷物の移動をお願いするかもしれません」というのが一番かと……。これが誰もが傷つかない!…と思った。
| - | 20:07 | - | -
日本語は奥が深い。
外国人の発言が面白かった。片言というよりはかなりの日本語マスターという感じのアジア系の女性外国人。どうやら日本人の知人とランチをどうするかという会話の様だった。

「あそこに行きませんか?読み方は解らないけど、大きいという字に、江戸の戸、屋根の屋というお店」

そう…外食チェーンの「大戸屋」

何とも興味深かったし感動!この外国人は、

大→大きいの「おお」
戸→江戸の「ど」
屋→屋根の「や」

と理解している。

大きいは解るが、江戸は難しいだろうし屋根もなかなか…。日本人が英語で…というときを考えてみれば解り易いが、大きい小さいとかは安易に習得するだろうが、元号とか屋根とかはなかなか無いだろうなぁとは思う。

凄い!!

でも「大戸屋」の正式名称は解らないと主張する…これが何とも愛らしいというか愛くるしいというか愛おしい!!!
| - | 19:30 | - | -
吉田…
二つの吉田がつく報道がある…

吉田証言。
吉田調書。

現状の報道を見る限り、何とも・・・・という感じがする。
その経緯も何も解らないが、国益という意味ではどれだけの影響だったのだろうか?

人間社会だから誤りもある。訂正や謝罪もそれはあると思う。

ただ一ついえるのは、過ぎ去った時間=過去は取り戻すことが出来ないという事だろう…。
| - | 20:11 | - | -
母の思い
喫茶店で待ち合わせ。そんなときに隣に座ったお母様軍団の会話が面白かった!
察するに息子が同じ部活のママ友のよう…。

ママA「この前、夕食作れなくてカップラーメンを食べてね!って言ったら文句いわれたわ〜」
ママB「手抜きって思われたのかしら!?」
ママC「手抜きも必要よ〜そういう時は“あなただけみんなより高級な”カップラーメンだからね!って言うのよ!」
ママAB「(笑い)」
ママA「そうそうまた靴が小さくなってきたっていうのよね〜“また”靴買わないといけないのよ〜〜」
ママC「(成長が)早いわよ〜この時期は。ウチなんか専門店は高いからデパートのスポーツコーナーで我慢させているわよ!」
ママA「へぇ〜でもウチなんかバカの大足で28cmよ!あるかしら?」
ママC「そんなの注文すれば取り寄せてくれるわよ〜〜〜」
ママA「そうね〜」
ママB「ウチはシューズ入れを買いたいのよね〜今まではお姉ちゃんのお下がりで我慢させていたんだけど…。別に文句をいう訳じゃなくて黙って使っているんだけど…年頃だし今の流行のじゃないから可哀相かな〜って思ってきて」
ママC「あら!ウチなんかレジ袋よ!」

最高!…心の中で爆笑してしまった。徹底的に我慢させる母・我慢している息子を思う母もあれば、要求してくる息子・我慢している息子もある…。この母に対しどんな息子なんだろう…会ってみたい!!

まぁ各家庭の教育・方針・やり方は多々あれど、ママは…素晴らしい!!!
| - | 19:08 | - | -
ゲリラ豪雨と傘
今やゲリラ豪雨も当たり前というか…。
あれだけ晴れていたのに!みたいな時にいきなり来るから、勿論、傘なんて勿論持っていない…。
時間に余裕があればちょっと雨宿りしていれば止む場合が多いのだが、そうもいかない場合もある。そんな時はビニール傘の登場になる。
コンビニや量販店・薬局等々、結構売っているところが多い。それはそうだろうな〜その瞬間は需要度は絶大だし、ある程度高くても買う人も多いはず…。
自分もその一人ではあるが、これが何とも嫌になる…積もり積もって結構な値段になる。この前なんかは目的地まで数十メートルでビニール傘を購入…仕方が無い。降り方が強くて走って突破するとずぶ濡れになる…。結果、濡れずに打合せへ参加も、打合せが終わった頃には太陽が燦燦と…。実に1分もかからない移動に500円位の出費、その無念さは計り知れない!!!…?
最初から雨が解っていれば自身の傘(普通の傘)を使用する訳で、2回目以降のビニール傘の使用機会は本当に限られる…。自分的には人にあげるか、出張時に空港や駅に向う際に雨が降っているとき…。
そんな愚痴を知人に話していたら「自分は折りたたみ傘を持っている」と…。確かにそうなんだよなぁ〜でも荷物になるから持ちたくないんだよなぁ〜〜〜〜これが…。
| - | 18:52 | - | -
NHK受信料
最高裁がNHK受信料の滞納に関する時効を5年とする判決をしたという。
ん〜…いずれにせよこのシステム、法律、組織…いろいろ解決しなければいけないことは多いと思う。
ただそれを置いておいたとしてももっと興味深い問題がある。

平成25(2013)年度調査でのNHK受信料の支払い率

全国平均74.8%

1位 秋田 96.5%
2位 島根 93.8%
3位 新潟 92.3%
4位 鳥取 90.7%
5位 山形 90.6%
:  : :
43位 京都 69.0%
44位 北海道65.2% 
45位 東京 63.3%
46位 大阪 59.1%
47位 沖縄 45.0%

差が大き過ぎる。
上が9割台で下が4割台…沖縄を除いたとしても下が5割6割台というのは正常ではない。
参考までに他の主要都市は
神奈川72.9%、愛知77.0%、埼玉76.2%、千葉74.7%、兵庫70.0%、福岡71.5%。
我が故郷秋田はNo.1、第二の故郷山梨は81.0%、現在の東京はワースト3位。

いずれにせよ…考えものだと思う。
| - | 19:03 | - | -
宿題代行
夏休みも終わり…ココに来て宿題代行が注目されている。
子供に代わり、各種ドリル・読書感想文・デッサン・自由研究・工作等を代行するサービスなのだが、かなりの需要があるのだという…。中には余りの宿題の出来に賞をとったこともあるというから驚きだ。
理由は様々らしいが、多いのが「塾」に専念させたい!ということらしい。
どうなのかなぁ…と正直思う。そこはやっぱり子供にやらせるべきだと思う。そもそも親は子供に何と言って説明しているのだろうか?「塾で大変だろうからやって貰ったからね!」「代わりにやって貰うから塾を頑張りなさい!」「学校では自分でやったというんだよ!」etc
何が問題か…「大人が子供に嘘をつかせる!!」ということに尽きるだろう。
百歩?千歩?譲っても子供がわからない部分であればまだ…と思うが、他人にやってもらった宿題を自分がやりました!といって提出する子供の心が問題だと切に思う。将来どんな成績の良い大学に進んでも、その心はどうなるのだろうか?子供のため…という親の思いが将来的に子供の負や陰の部分を助長・形成させる要因となるのではないだろうか?
ただ実社会には色々な代行サービスがあるのも事実。運転代行・家事代行に始まり、今や披露宴出席代行・スピーチ代行・合コン代行・出席(参加)代行・謝罪代行・墓参り代行…中には?と思われる代行もあるが「大人の事情」で処理?理解?することも出来る。そんな中での宿題代行なのだろうとは思う。需要がある以上、違法でもないのだからビジネスモデルとしては有りだろう。でもそこは「大人の事情」→「大人の社会」での話であって、そこに子供を巻き込むことはいかがなものかと思う。
子供同士の会話や情報化社会の今…子供が「お母さん、宿題代行頼んで〜〜〜〜」そんな日が来るのだろうか…。
| - | 18:56 | - | -
盲導犬刺傷事件
盲導犬が何者かに刺傷された事件だが、動物虐待とか器物破損罪とかいう次元では処理できないことだと思う。
視覚障害者の方が「気が付かなかった」というのだから、盲導犬は吠えなかったのだろう…吠えるのではない…悲鳴だろう。突然刺されて悲鳴すら声すら出さなかった盲導犬…本当に頭が下がる。どれ程の訓練があって人間の為に頑張ってくれているのかなと…。
日本では約1000頭の盲導犬が活躍しているのだという…。30万人以上とも言われる視覚障害者の数からすれば頭数は少ない…。でもそれは、それだけ盲導犬になるのは大変な事なのだということなのだろう…。盲導犬はどれ程、稀有な存在であって素晴らしく立派で貴重で宝のような存在なのか…。

人は…盲導犬の声無き声を感じるべきだと思う。
| - | 19:09 | - | -
デング熱
デング熱感染問題で新たに19人見つかり、計22人になったのだという。
毎年200名前後が海外で感染し帰国した例があるそうだが、日本国内で感染した例は過去60年は無かったという。
が…今回は発見された。
しかも22名いずれも代々木公園が原因地とされている。蚊を媒介として発症する訳で代々木公園にその蚊がいたという事なのだが、本当に代々木公園だけにたまたま出現したのだろうか?毎年200名前後が感染し帰国している訳で、デング熱と気付かずに…というケースもある気がするが…。
とはいえ、デング熱が判明したのからそこは治療と再発防止対策を練るしかない。
蚊が媒介する感染症は、デング熱の他にもマラリア、ウエストナイル熱・脳炎、日本脳炎、チクングニア熱、黄熱、東部・西部ウマ脳炎、ベネズエラウマ脳炎、リフトバレー熱…あるという。グローバル社会の今、いつどこで感染するかは解らない…。世界の医療や感染対策に託すしか無い訳だが、個々で出来る対策はとらなければいけないのだろうなと…。ただ蚊は本当に厄介、神出鬼没というか…。

そんな事思いながら過ごしていたら…蚊に刺された………。
| - | 18:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE