氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
祝日:山の日!?
国民の祝日として「山の日(8月11日)」が2016年から制定される見通しだという。
意義としては「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する」。お盆期間で…ということを考慮?配慮?してこの日付なのだという。さすがにこれ以上、月曜日の祝日(ハッピーマンデー制度)は増やさない方がいいとは思うが、お盆休みと連動して…という観点で言えば何とも中途半端な日が祝日になりそうな気もしなくはない…。個人的にはハッピーフライデーでもいいとは思うが…。
まぁ海の日(7月の第3月曜日)もある訳だから山があっても何らおかしくはないし、世界遺産:富士山もある訳で…。となれば海・山とくれば次は何なのだろうか?空??川???個人的には春(春分の日)と秋(秋分の日)があるのであれば、夏(夏至の日)と冬(冬至の日)があってもおかしくはないとも思うのだが…。
あと一つ…来年からで良いような気もしなくもない…。
| - | 20:00 | - | -
スクランブル交差点
渋谷のスクランブル交差点を渡っていたら、欧米系の外国人が盛んに写真を撮っていた。
ココ最近、都内で欧米系の外国人観光客の姿を多く見る。一時期はアジア系が殆どだった気がするが、今は欧米系が本当に多くなったと思う。まぁ真相は解らないが“国の観光客誘致の賜物”ということでここは納得しておくことにしよう…。
それで何故、外国人が渋谷のスクランブル交差点を…ということ。
外国の各種ガイドブックで取り上げられているということが第一理由らしいが、その動機というか解説、感想が面白い。

・信じられない人の数
・四方八方から常時人が押し寄せる

まぁこれは解る、確かにそうだ。そして面白かったのがコレ!

・尋常ではない大勢の人が行き来する交差点で、ぶつからないで普通に横断できる芸当は日本人にしか出来ない!一見の価値あり!!

なるほどなぁ〜と思った。
考えてみればある意味360度全ての方向から一気に人が押し寄せている訳だから、普通に考えれば中央付近で混雑してぶつかる!と考えるのが当たり前。特に歩き出しの映像(画像)を見ればこの後どうなるんだ?と思っても不思議ではないし興味がわく。普段何気なく横断しているスクランブル交差点も、海外から見れば摩訶不思議な光景になるということ…。
まぁ実際の経験値として思えば、行こうとした最短ルートとは別な横断になる場合もあるが、確かにぶつかったことはない…。

とにもかくにも、これは日本の文化であり、日本人にしかできない芸当なのであればそれはそれで結構なこと!!

いずれにせよ、Welcom to JAPAN!!ということでしょうな!!!
| - | 20:16 | - | -
オバマ大統領来日
アメリカのオバマ大統領が国賓として来日するに際し、都内は厳重な警戒体制で至るところに警察官!発表によると警視庁全職員の3分の1(約16,000人)が警備警戒に当たっているのだという。これだけ街中に警官がいると異質ではあるが、他の事件や事故も起こりづらいだろうから今東京は安心で安全ともいえるのか…。
同時に主要駅のコインロッカーやゴミ箱等は閉鎖されているが、これが結構辛い。いかに通常、当たり前のようにお世話になっているのかという感謝の気持ちにもなる。
とはいえ都内の混乱振りや警戒態勢が話題の中心では意味がない。首脳会談で何が話されどう未来が変わるのか…ここが一番重要であることには違いない。
日米同盟、日米安保条約、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約…どんな名称でも構わない。実用性、実効性が問われる時代になっている気がする…。
| - | 18:45 | - | -
野外ライブ
昔から一度は聴いてみたい!というアーティストの野外ライブ!
何と言うのだろうか…いやぁ〜〜〜良いなぁ〜やっぱり!
そんな感想!!
ただまぁ…アレだけ暖かかったのに…ココ最近のこの寒さ…まぁ世の中そんなものです…。
| - | 19:57 | - | -
知ったかぶり
渋谷駅から東京メトロ:銀座線に乗ったときのこと。50代と思われる出張サラリーマン軍団と遭遇した。
A「新橋方面はこの路線で大丈夫か?」
B『大丈夫ですよ〜私、良く知っていますから!』
A「本当か?もう一度確かめたほうが良いのではないか?」
B『昔、東京にいるときにこの路線よく使っていましたから』
A「そうはいっても新しくなっているかもしれないし…」
B『大丈夫ですよ!よく東京来ていますからね〜私は』
A「そうか〜」
B『大丈夫ですって。何なら青山二丁目で江戸川線に乗り換えてショートカットしても行けますよ!』
A「そうなのか!」
B『そっちの方が早いかもですね、多分』

ん?え?

まず大前提として…

青山二丁目→青山一丁目
江戸川線→大江戸線

ここから間違っているのだが、そこは良しとして…新橋であればそのまま乗っていた方が100%早いし、大江戸線の汐留駅は新橋の直ぐそばとはいえ大江戸線ホームへの乗り換えを考慮すれば先ずは選択しない方法。

まぁこういう人もいるよな…何て思っていたのだが、次の会話で自分的には終わった…。

A「あれ?赤坂見附って大きな駅じゃなかったか?そこで乗換えとか出来ないのか?」
B『赤坂見附は殆ど誰も利用しない駅ですから止めときましょう!』

申し訳ない…思わず吹き出してしまった。咳ということで誤魔化したが余りにもおかしいというか、変というか、支離滅裂というか、意味不明というか…。

知ったかぶりも程々に…としか言いようが…無い。

| - | 20:10 | - | -
韓国:旅客船沈没事故
情報が錯綜しているが行方不明者が修学旅行の高校生も含め300名弱いるとの報道がある。
救出とは関係の無い様々な情報や事故原因の追究など多くの新情報や真実が取り沙汰されているが、今はそれより人命救助だろう。一刻も早く救助して欲しい。こういう時こそ世界のあらゆる技術を結集させて何とかならないものなのだろうか…。
あの大きな船の中に300名弱の行方不明者がいる…そう思うと気が気でない…。
| - | 19:40 | - | -
ランチタイムでのマナー
基本的にランチは安い…夜の営業にも来てくれれば…そう思っているお店が殆どだと思う。だからこそランチタイムはどのお店も回転数を重視しているし、同時に利用者は限られた時間内にどう効率良く安く美味しいものを食べられるのか注視している。
そんな中、気になることがあった。知人と3名でランチに行ったときの事。行ったときはランチタイムど真ん中!既に満席で「5〜10分位お待ち頂ければ…」との事だったので待っていた。ランチは回転が速いはず!実際待ったのは5分弱だろうか…4名掛けの席に案内された。オーダーを済ませ店内を見てみるとカウンター席も含め、とっかえひっかえお客さんが出入りしているし、既に外には行列が出来ているようだった。
そんな中、我々の横の席に座っていた1名客の女性に料理が運ばれてきた。そこは2名は座れるのだが、カウンターが満席だったのだろう2名対応できるテーブル席に案内されたと察した。ところがだ…その女性、一向に箸を進める気配が無い。読んでいる漫画をじっくり読んだまま…。「お店、可哀想に…。せめてカウンター客ならなぁ〜」なんて思いながらカウンターに目をやると、初めて手にしたのだろうかスマホと取扱説明書?らしき冊子を手にあれこれやっている50代男性が…。完全に箸が止まっている…。
まぁ自由といえば自由…
そう思いながら待つこと5分位だろうか、我々の料理が届いた。この時点で隣の女性はまだ一口も食べていなく読書中。カウンターの男性は食べ終えたのか、食器が片付けられていた。
そんな中しばし・・・我々は食事を終えた。
その間にさすがに隣の女性も箸を進め5分の1位は量が減っただろうか…でも片手には常に漫画がある。そしてカウンターの男性…今尚、水で粘ってスマホを格闘中…。
外には行列が出来ている…我々は店を出ることにした。ランチタイムで待っているお客さんもいる…別にこれから追加オーダーするわけでもない。そう思えば食べ終わったら席を立つ…普通にそう思っただけのこと。同時に気になった男女の客に対して「早く食え!」「早く出ろ!」と思ったのは正直なところ。
「時間制限あるわけじゃないだろう!」そういわれればそうだろう。でももう少し周囲や状況を考えることは出来ないのだろうか?ガラガラ状態ではないし、一番のピークのランチタイムで、ましてやここは喫茶店ではない…。
この世の中は、人を想う…という事で成立している文化やマナーがあると思う。ましてやこの国はその典型だろう…。
個性という名のわがまま、自分勝手な主義主張。
もっと周りを見てみませんか?と思う。どれだけ周りの人に助けられているのかって…。

そう思いながら、コーヒータイムの為に喫茶店に行った・・・・。
| - | 20:21 | - | -
日本人:1億2570万4000人
総務省発表の日本人の推計人口(2013年10月1日現在)は1億2570万4000人で、在日外国人を含んだ総人口は1億2729万8000人。
そのうち
・65歳以上の割合 25.1%…過去最高
・0〜14歳の割合 12.9%…過去最低
なのだという。
全人口の4分の1が65歳以上ということになる。
時代背景や家庭環境等の問題も勿論あるが、まさしく少子高齢化。この国の財政問題を考えればこの数字はどう考えても、真摯に向き合わなければいけない数字だと思う。
2035年には65歳以上の世帯が全世帯の4割になるという試算もあるように、社会保障費としての増税は今後どうなるのかは容易にも安易にも察しがつく。
そもそも日本の適正人口は5〜6000万という見方もあるというが、それはそれだろうし、現在の65歳以上の方たちがいてこそ今のこの国があるということを忘れてはいけない。
戦後69年…焼け野原からココまで成長したこの国…そこには若い力も現役世代も高齢世代も…なにより、夢見る力があったと思う。
今更0〜14歳の人口を増やすことは出来ないし、今後をどうするしか道は無い。この時代、劇的な出生率の上昇は見込めないと正直思う。終身雇用はもとより正社員どころか、契約社員全盛のこの時代。過去の状況とは余りにも違い過ぎる。生みたくても生めない・・・それが現実だと思う。
これから生まれる子供達の義務教育期間中の全ての医療・教育・公共関連費用は国負担…みたいな政策があれば劇薬になるかもしれないが、そこまで出来るのか…。本気でやるのであればそこまで思い切った策しか無いような気がする。
全世代が現実はこうだからこうしよう!という前向きな気になる状況を形成するしか道はないと思う。社会保障費のために消費税10%、15%、20%、25%、30%・・・これは誰でも推察できる道だと思う。
| - | 19:44 | - | -
うじいえのにら
知人からこんなメールが!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
氏家様
手広く商売していたんですね!
本日、発見して購入しました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何だ?と思って添付の画像を開いてみると…

「うじいえのにら」

と書かれたニラ!!思わず爆笑してしまいました!!

栃木県にさくら市氏家(旧氏家町)というのがあることは知っていたのですが、ニラの産地でもあったんですね。考えてみれば栃木といえば宇都宮餃子…確かに納得!!

氏家には昔何度か行ったことがあるのですが、何か変な気分になるんですよね。至るところに「氏家」ばっかりで!当たり前なんですけど我が苗字=氏家は「佐藤さん」「鈴木さん」「高橋さん」みたいに多くある苗字ではないので、生まれてこの方同じ苗字の人とかに慣れが無いんですよね。なので栃木の氏家地区に至るところにある「氏家」の表示に嬉しいやら照れるやら…。

でも最近は行ってないな〜。いつかまた行こう!!

そうそうこんな素敵なメールをくれたのは、美人で淑女で貴婦人な方!(意味深!?)
ありがとうございました!!
| - | 18:29 | - | -
プロ野球:統一球問題
基準違反で飛びやすくなっていた問題…また!?
プロ野球の球は職人が1時間で4個のペースで手作りしているという…。
技術大国日本の職人…何が問題なのだろうか?

職人の問題?
球のもつ性質?
反発係数が非現実的?
保管状況の問題?

原因追求を待つばかりではあるが、技術大国日本の職人を信じたい…。
| - | 21:11 | - | -
ご近所トラブル
知人からこんな話を聞いた。
隣に住む70代と思われる男性と顔を合わせたときにこう言われたという。
知人「こんにちは〜」
隣人『あぁ〜どうも。あ〜さっきはてんぷらか何か食べてたのかな?油の臭いがぶわぁ〜〜ときて驚いて窓閉めちゃったよ〜。まぁ仕方ないんだけどね〜余りにも酷くて』
知人「・・・・」
隣人『仕方ないことだけどね』

知人はお昼にから揚げを調理していたのだという。勿論、換気扇を回していた訳でその換気扇から出る臭いが、隣人宅の方に行き窓を閉めざるを得なかったのだという。

どうなのだろう…。

聞くところによると隣人は、性格が硬いというか潔癖に近いらしく、自宅には
ステッカー(セールスお断り/犬猫の糞尿お断り)等が複数枚掲示してあり、猫対策なのか猫進入防止様のトゲトゲマットを自宅の四方に張り巡らせ、効果が?マークの猫避けペットボトルは敷地内に数十本設置、犬を散歩中の通行人に対して執拗なまでの凝視、ごみ集積場で他人のゴミ袋を開封し違反を見付けたら張り紙、自身の敷地内に侵入した他人の樹木の枝伐採、自宅前の道路を朝昼晩と掃除し食べ歩きしている小中学生には「散らかすなよ」アイスクリームを食べているだけでも「溶けるぞ」ジュース飲んでいても「こぼすなよ」…近所では有名?煙たがられている?人ではあるという。

知人もその人間性は解っていた様だが、まさか換気扇の油の臭いまで言われるのか!と…。

知人は憤慨していたがもっともだと思う。別に油料理であれば通常の生活レベルで出るものであるし、大音量で迷惑とかというレベルではない。別に気にする必要は無いと思うし、はっきり言えば隣人にそこまで言われる筋合いは無いというのが一般論だと思う。飲食店(焼肉?炭火焼?)ならまだしも、一般家庭で出る換気扇であればたかが知れていると思う。

ちなみに我が知人は、それ以降、油で揚げる料理は自粛しているという。

何なんだろうか…せちがないというか…。
「お互い様」という精神で理解できないものなのだろうか…。

人を思う…そういう人間が萎縮し、我慢し、犠牲を負い
人を思わない…そういう人間が主張し、我を通し、利便を得る

そんな社会はおかしいと思う・・・。
| - | 19:35 | - | -
クロワッサンたい焼き
何気なく見付けたときは大行列で断念…知人にその事を話したら有名で美味しいという!
これは食べなくては!!
不肖:氏家大一郎…パン中で一番好きなのがクロワッサン!それがたい焼き!?これは食するしかない!
何度かトライする機会があったが行列で断念すること数回、ようやくゲット!

これは美味い!!
実に美味い!!!

「クロワッサン」と「たい焼き」のいいとこ取り&アレンジという感じかなぁ。
でもやっぱりネーミングと見た目のインパクトなのかなぁ。

でも食べても納得出来る、クロワッサンたい焼きということなのだろう。
| - | 19:11 | - | -
皇居・乾通り:一般公開
天皇陛下80歳:傘寿記念の皇居・乾通りの一般公開は5日間で38万5060人が訪れたという。
初めての一般公開という事もあるのだろうが、一日平均7万7012人…もの凄い数字だと思う。期間中、皇居周辺に行く機会があったが、正に人、ひと、ヒト!
本当に物凄い行列だったので、相当な待ち時間だったと思う。
今度は秋に実施予定だという…紅葉の季節にはぜひ参加してみたい!!


| - | 20:25 | - | -
女性が喜ぶ言葉
マイナビウーマン調べで面白いアンケート結果があった。
22〜34歳までの働く女性が男性に言われて嬉しい言葉。

1位:一緒にいると楽しいね!
2位:かわいいね!
3位:また会ってくれる?
4位:彼氏が羨ましいな!
5位:何かほっとけない!

なるほど〜〜〜勉強になる!今度、使おう!!
でもでも、どんな言葉より心のこもった言葉が一番だろう!とも思いつつ…
ん〜〜〜参考にすることとしよう!!!
| - | 18:40 | - | -
日本相撲協会
公益財団法人として新理事が発表されたのだが、どうも気になるところがある。

総合企画部長
指導普及部長
生活指導部長
監察委員長
危機管理部長
博物館運営委員

この6つの役職は一人の理事に与えられた役職なのだという…。相撲界にどういう風習や慣習があるのかは知らないが、一般的に考えてこれだけの役職を兼任するというのはどうなのだろうか?どう考えてもそれぞれ重要なセクションでありポジション。中小零細、個人商店では解るが、これほどの組織で兼任とはどういうことなのだろうか…。

・この理事が他の理事とはかけ離れて特出した素晴らしい能力をもっている
・役職を任せられない理事が多い
・役職自体が名目だけのお飾り
・悪しき習慣
・真相不明

これしか考えられない。
どれが正しいのかは解らないが、いずれのせよこの状況は無駄が多いことなのだと思う。理事が多いのか、役職が多いのか、仕事できる人が少ないのか、仕事を押し付けて楽したい人が多いのか、名ばかりなのか…。

はっきりいうが自分自身、相撲は好き。だから余計に思うのかもしれないが、普通に考えておかしな状況だと思う。現実の問題として意味無いものはなくしていかなくてはいけないと思う。
| - | 19:48 | - | -
フロッピーディスク
一世を風靡したフロッピーディスクも、今やパソコンにそれを使用する常設の仕様が無い。
いつの間にかCD-R、そしてUSBに変わったというところだと思うが、何とも寂しい限りだ。
弊社にも使わなくなったフロッピーがあるのだが、現実の問題としてそのフロッピーディスクを読み込む方法が無い。外付けで購入することも可能なのだが、特段購入する必要もないのかと…。
ただまぁ自分自身がパソコンというものを認識したときは、PC-9801とかしか知らなかったし、フロッピーでもパソコンは大きくて、ワープロは小さい!みたいな感覚しかなかった。

それが今や…。

先日、この話をした時に知人に「今時、知らない人もいるんじゃないですか?」
なんて言われた…。

時代は確実に進んでいる…ということで理解しておくことにしよう。
| - | 19:28 | - | -
世界一
我が知人の中に何人か世界一の称号を手にした人がいる。
日本一でも凄いのに世界一というのは、本当に素晴らしい。
言葉では簡単に世界一とか金メダルとかいえるが、その陰にはどれ程の努力があったのかと思うと涙が出てくる。
どんな分野でも世界一というのは物凄いこと。
その軌跡は本人しか知らない道なのだろうけど、そこにこそ真のドラマがある気がする。
世界一になってから知り合った人もいるが、世界一を目指している時に出会った人の方が多い。世界一を獲ったときの感動は今尚、新鮮だしあの心の鼓動は永遠だ…。

人間一人ひとりは世界で唯一、オンリーワン。
そしてその世の中で一番、ナンバーワン。

Best in the WORLD!!

これはそこに到達した人にしか解らない聖域があるのだろうし、その軌跡はやはり常人には到達できないものがあるのだろう…。

やっぱり凄いよ…世界一って・・・。
| - | 20:09 | - | -
桜満開!
東京は桜満開、まさに今が旬。都内の至る場所でソメイヨシノのあの白ピンク?薄紅色?が一年に一度の絶妙かつ優美な風景を醸しだしている。
カメラ片手に撮影している人も多くいるが、その中に欧米系の外国人も多くいて何か嬉しくなった。日本の風物詩なのだから、どうか大いに観光に役立てて欲しい。
一年に一回、たった数日間だけ見ることが出来る…何とも素晴らしい。
クローンだからという意見もあるようだが、一年に一回、同時期に一斉に開花するこの現象は、何ともいえない心情を抱く日本独特の文化だと思う。この時期の数日を逃せば、次は一年後…そう考えれば何とも素晴らしい。

散る桜 残る桜も 散る桜

いのち、時、運命、天命、人生・・・いろいろ考えさせられるのもこれまた桜なのかなと思う。
| - | 19:02 | - | -
消費税8%
とうとう…始まった.....。
世の中は1円5円問題なのなんなのもあって値上げばかり。建前上は便乗値上げけしからん!等といっているところもあるが、実際は便乗値上げばかり。新聞130円→140円、JR150円→160円…本来であれば3%UPの筈のこの現実。解りやすくいえば物価上昇。世の中、こういうものだと正直思うが…近い将来、これが10%になる。新聞150円、JR170円というところなのだろうか…。

でも、この国の財政を考えれば仕方が無い…。

そこは納得しないといけないと思う。

でもでも、そこはその使い道だと本当に思う。

改めて税金の無駄使いし放題だった!?あの現状を考える…一体、誰が責任をとったのだろうか?

国民が納得する、増税分の目に見える成果と数字を示して欲しい…。
| - | 20:21 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE