氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
パンにハエ
岐阜の小中学校の給食で出されたパンにハエが混入していた問題。
混入だけでも大きな問題だが、今回はそれを「ハエを取り除いて食べてください!」という指示(指導)が有ったということが重大な問題だと思う。
市の給食センターのよれば、

異物混入の場合は「健康に影響がない場合は食べる」とマニュアルに示されているのだという。

実際に、今回のハエ=コバエには毒性がなく安全上問題がないのだという。

が!これは明らかにおかしい。

給食センターの従業員は、このハエ入りパンを食べるのだろうか?
一般のパン屋であれ、コンビニであれ、スーパーであれ、異物混入が発覚した時点で、それが健康に云々ではなく普通は回収だと思う。

とって食べろ!とはどういうことなのだろうか?

百歩譲って仮に食品であればまだ解る…コショウとかゴマとか…でも今回はハエ。それはないだろ!って思う。

あなたは食べるんですか!

そう聞きたい。

限られた予算の中で…そういう企業努力もあるのは勿論解る。でも今回はハエが混入し、判っているだけで100個も発見されたというのだから、それはどう考えても異常であって、ハエが確認されないパンでもどれだけそのエキスが混入されていたのだろうか?って穿った見方をしてしまう。

今の世の中、訳あり商品が流行っているが、

「健康には被害はありませんが、コバエが混入しているパンです!」

という商品があったとしたらあなたは買いますか?そしてそれを貰ったら食べますか?

現場の教職員も戸惑ったとは思う。市の給食センターからの正式な回答が「取り除いて食べなさい!」な訳で、得意のマニュアルの威厳が強く大きい。実社会においてのマニュアルはあくまでも指針/方向性であって、実際の現場ではマニュアルにはないこと多く臨機応変というものが求められるし、そこがバイトではない社会人、大人の領域だと自分は思う。学校側としても事情説明したプリントを生徒に配布し「健康被害が出た際には報告してほしい」と連絡したらしいが、そういう問題ではないと思う。食べさせたのはあなたでしょうと…。現場でどう考えてもおかしいことをマニュアル通りに!という判断したのは結果論としては間違いないともいえる。


“素直に”指示に従った児童 と “思慮しながらも”指示に従った教諭


組織の社会の…指示に従ったという点では同じだろう。でもこれは大きく深く違うと自分は思う。
| - | 20:09 | - | -
井上順ディナーショー!!!
主催の皆様、ご来場の皆様、関係した全ての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 19:46 | - | -
JR北海道の問題
まぁこればかりは…相当な問題といえる。安全神話と呼ばれる日本の鉄道にとっても考えられないことだと思う。
そもそも論になってしまうが、国鉄民営化からの根幹問題ではあるとは思う。ドル箱路線が無いJRはどうやっていくのか…。公共交通機関という大前提はあるにせよ、地方は電車よりも車が当たり前。赤字路線だけど公共性を考えて…そんな路線は数多くある。どこかで補てんしているのが現状だろう。まぁ特別会計なの半官半民なのといろいろ言われてはいるが、それはそれで議論し処理すればいいと思う。

一番の問題は、この現状があったということだと思う。

この国の安全性というのがある意味崩れてしまった気がする。そこまでしなくても…というところに拘ってやってきたからこそ、日本の信頼性が生まれた訳でこれだけ問題を放置されるとJR北海道だけの問題ではなくなる。それこそ国民性を鑑みた国益の問題ともいえる。

そこが本当に悔しい!

「レール異常が170ヶ所ありましたが放置していました!!!」いつからこんな国になってしまったのだろうか?

本来であればJR北海道すべての点検が終わるまで、全線を運休する位のレベルだと思う。

情けないというよりは悔しい・・・本当にそう思う。
| - | 20:06 | - | -
巨人優勝!
リーグ優勝!まぁ今はクライマックスシリーズがあるから、日本シリーズ出場が決まらないとまだ何とも言えなくもないが、ペナントレースの優勝はそれは別物として素直に嬉しい!

ただいつも最近思うことは、一昔前の地上波での巨人戦全試合野球中継時代のこと。そういう時代があったよなぁ〜って。今では地上波放送が年間数えるほどだから余計にそう思う。

時代と共に…それは仕方がない。

今はBS/CSが主流なのだろうけど、一昔前の地上波のゴールデンとはやはり違う。

野球シーズン中は家でビール飲みながら枝豆食べてナイターを見る。

そんな巨人戦全試合野球中継時代に生きることが出来たこと、体感することが出来たことはいい財産だったなぁって改めて思う。
| - | 19:24 | - | -
サンマ
打合せ終わりに知人と昼ごはんに!知人が「このお店はサンマがありますよ!」というのでそのお店へ!やっぱり秋はサンマ!!

席に案内され座ると、横の席には20代後半のOL風女性が1人で料理を待っている様子だった。迷わずサンマをオーダー!すると店員が「1尾でいいですか?2尾も出来ますよ?」と勧めてきたが1尾をオーダー。続けざまに「ご飯の大盛りはどうされますか?」と聞いてきたので普通盛りをオーダー。

知人「サンマ2尾(匹)は食べられないですよねぇ〜」
氏家「それはそうでしょう!!!」

みたいなことを話しつつ、料理が運ばれるのをしばし待っていた。

そこに隣の女性の料理が届いた。

店員「お待たせしました〜。サンマ定食の2尾タイプ、ご飯は大盛りで〜す!」

ありゃ…サンマ2尾、しかもご飯大盛り。

隣の女性に悪いことをしたなぁ〜。我らが発言を反省…気まずいだろうなぁ〜〜〜と…。そりゃそうだ。隣の客が自分がオーダーしたものを否定してる訳で、逆の立場ならそれはいい気はしない。さりげなく「今の時期のサンマは飽きないからね!」等と敢えて言ってはみたが…。特段その女性に何もされたわけでも怪訝な態度をされた訳でもないが、どうしても気になってしまった。

口は災いの元とは良く言ったもの、気を付けよう!

そんなこんなしているうちに我がサンマが到着。いやぁ〜〜〜美味い!満足しながら食事をしている最中に隣の女性が食べ終わり席を立った。一応…確認しておくかと食べ終わったテーブルを見てみた。

見事な骨、2つ!

実に素晴らしい食べっぷりといえば失礼かもしれないが、そんな表現が相応しい骨だけ2つ残るお皿。同じくサンマを愛する人間としては共感する!と同時にやっぱり2尾だったかと…。

まぁそれはそれとして大満足でサンマを食べ終わり、テーブルに置かれていたチラシを手に取った。そこにはサンマ特集記事が載っていて「大根おろし」の素晴らしさも記載されていた。同時に摂ってください!みたいな…

ん?大根おろし?無かったな!

そんなこと記載しておきながら大根おろしは別売りか!そんな気持ちになりながらメニューを確認してみた。オイオイオイオイ、大根おろしが付いてる!もう食べ終わっているのではあるが一応、店員に確認した。自分的には、

パターン 〆9垢覆ら大根おろしを持ってくる
パターン◆_燭クーポンをくれる
パターン 安くしてくれる
パターンぁ‖召里發里鬟機璽咼

みたいな感じかなぁと…。

店員「申し訳ございません。忘れておりました!すみません!!・・・・・」

で!みたいな・・・・。

失敗は誰にでもある訳で、こういう場面でお店のレベルというか従業員の力量が試されるというか、失敗をカバーできる部分なのに!と思いつつ…。謝罪は解るけどこちらは大根おろしを含んだ値段を払う訳で…結局“食後の”大根おろしを頼むことに。

店員「これからですか!?」

自分的には食後だろうが何だろうが「大根おろし」の素晴らしさを読んだ後な訳で食べずにはいられない!(というより以前に、本来であれば提供を忘れた店にいわれる筋合いの内容ではないと思うが…)

しばし待つと大根おろしが到着。自分だったら「お詫びに多めにサービスさせて頂きました」位は言うよなと思いつつ、“食後の大根おろし”を食べながら、ふと思った…。

さっきの隣の2尾の女性には大根おろしは付いていたのだろうか…。気になって仕方がない。
| - | 18:44 | - | -
リハーサル
舞台に、ステージに、本番に…そこに臨むのには陰での努力が必ずあって、想像以上に長い時間、奥深く、丹念に、執拗に、濃密に、綿密にやるものでもある。

我が業界でいえばリハーサル。一般的には予行、予習、シミュレーション、練習、実験、ロープレ・・・・。

それがあってこその本番。

どんな社会・業界でも陰での努力の上に成り立っているということなのだろう…。
| - | 21:40 | - | -
台風
台風18号が全国各地で被害をもたらした。

降水量500ミリとか普通に報道しているが、この数字は物凄い数値。

河川の氾濫だって現代社会においては物凄いこと…。

これは普通ではない…。

地球環境というのが確実におかしくなっている事だと思う。

今の気象・自然の猛威が普通になってしまってはいけないと思う。
| - | 21:08 | - | -
56号
49年振りにプロ野球ホームラン新記録が誕生した!と思っていたら、57号も打ったそうだ。

まぁ記録というのは、時に金字塔であり、時に目標であり、時に破られる宿命であるから仕方のないことだと思う。

今までの敬遠策というのが、スポーツマンシップと共に議論されて来たことなのだと思う。

相撲でもそうだがグローバル社会においては、外国籍の人に日本記録を破られるのも少なくない。それはそれで仕方がないこと。

日本での試合で記録だから一番は日本人でなければいけない!と主張するのであれば、あらゆるプロスポーツの世界での外国人の出場というのは通らなくなる。


記録はあくまでも数字。

記憶に残る方が本当は素晴らしいことだと自分は思う。
| - | 19:29 | - | -
味噌汁が!
知人やチームの皆んなと和食料理屋へ!ビールを飲みながら食事が運ばれるのを待っていること数分。目の前に配膳される料理の数々…。

ココまでは優雅な時間だったのだが…何故か配膳係の手元が狂い?

見事に味噌汁が我がズボンに!

じわじわ熱くなる我が太もも・・・まぁ火傷レベルではないが、心が重傷に近い火傷レベル…。

ココは大人の対応を…

その時のスタッフの気遣いや思いを感じたので、特段何も言わなかった。せっかくの料理、せっかくの時間、せっかくの雰囲気。それを楽しまないと…そう思った。人間がやることだから間違いや失敗はある。フォローが良ければそれはそれで…そう思うしかない。

若干濡れたズボンのまま、別のお店へ。

時間が経つとじわじわと漂う味噌汁の香り、いや匂い、今や臭いか…。まぁ良く出汁とっているんだろうなぁ〜って思う位。そして浮かび上がるシミ…。ありゃ〜こんなに広範囲に…。

まぁ特段ファッションに拘る訳でもない性格なので、まぁそれはそれとして…特にココ東京は他人に無関心だから何とかなるだろ!みたいな…。

案の定、無事帰宅!(まぁ変なシミに気付いている人は大勢いただろうが…)

翌日、行きつけのクリーニング屋へ!

おばちゃん「結構、大変なんだよ〜〜味噌汁って!!」

えっ!そうなの?さくっと洗えば…という訳でもないそうだが、ココは長い付き合いのクリーニング屋さんにお任せという事で…。

人生色々…という事ですな。
| - | 19:53 | - | -
IKKO:トークショーin広島!!
美のカリスマIKKO(美容家)トークショーin広島

主催の皆様、約800名のご出席の皆様、代理店様、関係した全ての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 19:33 | - | -
アイドル
世代によってアイドルは違う。

自分の時はどうだろうか?少年時代、青春時代、学生時代…考えてみれば、子供と大人の中間辺りがアイドルというものがストレートに入ってきて、影響を受けた時代という気がする。

今のような仕事をしているとそんな時代の憧れのアイドルと一緒になる時が少なくない。

身内になればなるほど、そんな時は「氏家“君”」になる。まぁそれが嬉しくもあり!

時代を越えて次代に渡る芸能界において生ける伝説…。

これってやっぱり凄いと思う。

携われるだけで幸せなことだと思う…。
| - | 21:42 | - | -
2020年 東京オリンピック・パラリンンピック
一言…良かった〜!

オリンピック招致については紆余曲折あった訳で、前回の立候補の時や連続立候補宣言の状況なんかは今思えばどうだったのだろう?と思ってしまう。たいまつの火を消さずに…そう称した人もいたが正にその通りだと思う。

いずれにせよ決定したのだから、日本一丸となって進もう!という事で良いと思う。「おもてなし」や「日本人の心・文化」は、文句なしに世界に誇れるだろうし、世界の誰もが解って感じてくれると思う。同時に前の東京オリンピックが現在の日本の形(都市整備/インフラ)を作ったのと一緒のように、このタイミングで思い切って次世代の東京を構築してほしいと思う。

首都高速、道路整備、公共交通機関、空港、駅、環境、住居…

お金はかかるだろうが、いつかはやらなければいけないことを放置?延命?してきたことも多いだろう。エネルギー問題も含めて一気に動いても良いとは思う。

ただやはり…どうしても避けられない問題があると思う。やはり福島第一原発の問題だと思う。あれだけFUKUSHIMA、FUKUSHIMAと質問され「コントロールされているから大丈夫!」と公約した訳なのだから、そこは徹底的にやってもらいたい。福島と東京は離れている・・・そういう発言もあったが、あの場では仕方がないだろうが、ある意味冷たい言葉でもある。オールジャパン・チームジャパンと謳うのであれば、東京も福島も一緒で遠い近いという問題ではない。

日本人の何人が、福島第一原発を「大丈夫!」と思っているのだろうか・・・。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを機に、次世代の東京を日本をスタート出来れば最高だと思う。
| - | 18:59 | - | -
媒体を通じてみる知り合い
たまたまラジオを聴いていたら、知り合いが出ていました!おぉ〜久し振り!みたいな!!元気にしているかな?と連絡してみました!!

この仕事をしていると、テレビ・CM・雑誌・ラジオ等など媒体を通じて再会する時が多いんですよね。頻繁に会っている人も勿論ですが、本当に久しぶり!という人と出会うときは驚きますよ、この前なんか山手線の車両広告にデカデカと!あれには本当に驚きました!

媒体を通じてみる知り合いは、何かいつも新鮮な出会いのような気がします。

もちろん素晴らしい!面白い!いいねぇ〜!もあれば、ありゃ!何じゃこりゃ!頑張れ〜〜〜!等などたくさんありますが、やっぱり仲間ですから応援もしているし素直に嬉しいですよね!!

さぁ自分も頑張ろう!!
| - | 17:09 | - | -
涼しい!
今日は本当に涼しい!!

どうしたのだろうか?

ひと昔前で考えれば当たり前なのだろうが、昨今の気象環境で考えれば…。

あぁ〜〜何か麻痺している気もする…。

四季折々…四季のある国、日本!それがいい!!
| - | 21:09 | - | -
美のカリスマIKKO:スペシャルゲスト&トークショーin東京!
美のカリスマ・美容家IKKO:スペシャルゲスト&トークショーin東京!

主催の皆様、ご来場の皆様、関係したすべての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 19:57 | - | -
独身のわびしさを感じる瞬間
日刊SPA!によると独身の35歳〜45歳男性600人にきいた「独身のわびしさを感じる瞬間」ランキングは以下の通りだという。

1.病気で寝込んで看病する人がいないとき             58%
2.一緒に旅行に行く相手がいないとき               43%
3.孤独死のニュースを耳にしたとき                36%
4.ファミレスやファストフードで家族連れの隣で一人食事をするとき 35%
5.休日に何も予定がないとき                   34%
5.家で一人で食事をしているとき                 34%


以下、我が主張・・・・。


1.病気で寝込んで看病する人がいないとき             58%

→確かに・・・・・・。


2.一緒に旅行に行く相手がいないとき               43%

→自分は知人や仲間と一緒に行ってるなぁ。


3.孤独死のニュースを耳にしたとき                36%

→良く解る!


4.ファミレスやファストフードで家族連れの隣で一人食事をするとき 35%

→そうでもないなぁ…


5.休日に何も予定がないとき                   34%

→予定が無いときかぁ・・・そう無いなぁ。あっても完全休養!って雰囲気だろうか。


5.家で一人で食事をしているとき                 34%

→飲み専門だし!?



以上、独身の主張!
| - | 19:13 | - | -
愛の言霊
何故かここの所、♪愛の言霊 が頭をよぎる・・・。
何故だろうか?

愛の予感!?

違うか・・・。
| - | 21:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2013 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE