氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
8月も終わり…
あっという間だった…。
現場(地方)が多かったというのもあるけど…とにかくあっという間。
しかしまぁ…暑かった!
異次元の暑さというか、毎日サウナ状態…まぁ帰宅してからのお風呂(シャワー)が気持ちいいこと!

明日からは9月!気分的には秋!!頑張ろう!!!
| - | 22:09 | - | -
年賀はがきの1等は1万円!
日本郵便が、2014年用お年玉付き年賀はがきの1等を現金1万円にすると発表した。確率は100万本に1本→10万本に1本になるという。
当選本数は、3万2381本ということなので1等にかかる予算は3億2381万円。
今までの1等本数が約3600本だというので、前回ベースでは約9万円/1等になる。

前の1等賞品は
 ・40V型液晶テレビ
 ・海外旅行・国内旅行
 ・デジタル一眼カメラ
 ・ノートパソコン+デジタルカメラ+インクジェットプリンタセット
 ・家電セット(スチームオーブンレンジ + サイクロン式クリーナー + フットマッサージ)
の中から1点。

自分的には例え1万円でも確率が10倍になる方がいいかなとは思う。

近年の年賀状文化の低迷で販売枚数が落ちていて、それを食い止める一環なのだという。

良い考えなのでは!とは思う。何もやらないよりはやった方が良い!!毎年切手シートオンリーの自分にとっても確率があがるのであれば!という気持ちになる。(ちなみに切手シートの確率は100本に2本)

何か今年は年賀状盛り上がるかなって雰囲気にもなってくる!


でも思った…


自分が買って(書いて)も自分には当たらない………。
| - | 20:38 | - | -
KAWAMURA BAND
サザンオールスターズのトリビュートバント「KAWAMURA BAND」!!

ショー内容は勿論のこと、メンバーさん、スタッフさんも本当に素晴らしく、数あるサザンオールスターズコピーバンドの中でも最高最強、絶対納得のスーパーバンド!!

アンコール2days公演も大盛況で終えることが出来ました。

メンバー&スタッフの皆様、ご来場の皆様、主催&代理店の皆様、現地業者様、K観光会社の社長様、関わった全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!
| - | 21:42 | - | -
高校野球の素晴らしさ
自身の出身県の代表校は勿論としても、それ以外にも何気なく見ていても面白いというか、心が躍り熱くなるのは何故なのだろうか?

「一生懸命」…それに尽きるのでは無いかと思う。

ただただ全身で全力で無垢にまっすぐに…

そんな姿勢が素晴らしいと思う。あの泥まみれのユニフォームとヘッドスライディング、土の持ち帰り…全力投球、一球入魂…。

高等教育の一環としてのこの甲子園な訳だが、国民が甲子園球児から教わる部分も大きいと思う。

一生懸命…

世界でも珍しいというこの甲子園という文化。素晴らしいと思う・・・。
| - | 21:05 | - | -
LINE
全世界のユーザーが2億人以上で日本のユーザーが4500万人以上だという。

自分はやっていない。

まだその気がないというか…でも考えてみれば、この数字というのは凄いと思う。

日本人の4500万人以上がユーザーって物凄いことだと思う。本当に?と思ってしまう。3人に1人がLINEユーザーとなる…。まぁこれは携帯端末の個数なのだろうから実際の人数とは違うとは思うが、それにしても凄い数字だ。4500万以上の日本の携帯電話(スマートフォン)に入っているという事。ほぉ〜〜と思う。

周囲を見渡せば確かに多い。

「えっ!やっていないんですか!?」

というのが殆どだが、

「何?LINEって?」

という人たちとも多く関わりがあるので、何か落ち着く自分がいる。

ただこの前あったのが

「あれ!?LINEで送ったのに!」

という事。知人がLINEで私にメッセージを送ったというのだが、自分自身はLINEはやっていないので、間違いなく別人。自分自身そのシステムをすべて解らないので何とも言えないが、非常に怖いこととは思った。


後…約4分の1が日本人ユーザーという現実。これもまた驚愕の現実だとは思う。


LINE・・・どうしようか。
| - | 20:47 | - | -
はだしのゲン
島根:松山市の教育委員会が、市立の小中学校の図書館に対して閲覧制限(閉架措置)をしたという。

市民からの陳情があり、市議会では満場一致で不採択で、教育委員会は閲覧制限(閉架措置)の要請を各学校にしたという。実際には教育委員会全体で議論して…ではなく、教育長や課長などの5人位で決定したことみたいだが、教育のTOP機関の判断には変わりはない。

理由は「子供だけで見るには過激な描写がある。見る際には教員のフォローが必要!」なのだという。


そうか?


それが率直な感想…。自分自身もはだしのゲンについては小学校時代に出会い、読み漁り、映画も観た。図書館だけでは飽き足らず、全巻購入もした。それは実家にある。でもやっぱり読みたくなって成人になってからは自宅に簡易版ではあるが本もある。それだけ感動もし気付かされた「逸冊」だと思う。

過激な表現というが、確かに物凄い描写がされてはいる。でもそれが現実であって、作者自身も「子供たちに見せるのであればココまでだろう」という気持ちの中での作品だったときく。

はっきり言って、この作品が自分自身が戦争を考える最初の機会だった。広島・長崎の原爆の地にも何度も行ったが、その原点は「はだしのゲン」に間違いない。教科書や報道だけでは、ここまで考えられなかっただろうなっていつも思う。だから好きなアニメは何ですか?って問われれば「はだしのゲン」って答えてきた自分もいる。

何で今、閲覧制限?じゃあ今まではどうだったのだろうか?今までは問題なかったが今の子供たちには刺激が強すぎるということなのだろうか?教員のフォローが必要?最低限自分自身は一切フォローなんかしてもらっていないし、当時子供ながらの理解・認識・見解で充分だったと思っている。

今の時代、インターネットで「はだしのゲン」よりも刺激的な映像や画像なんかは直ぐに見ることが出来る。知る手段が少なかった時代に「はだしのゲン」が、どれだけの平和教本として役割を果たしてきたのか…。そして今、知る手段が豊富な時代に「はだしのゲン」を規制する理由が本当に解らない。

教員のフォローが必要とか何かは意味が無い。そもそも教員がフォローする様なものではなく、個々がどう感じるかという問題であると思う。子供が理解できない?影響がある?そんな訳ないと思う。それを言うのであれば教員ではなくて先ずは親だろ!親が家庭でフォローすればいい話。何でもかんでも教員が…という訳でもない。

ゆとり教育から今や脱ゆとり教育になっているのもそうだろうが、“教育行政”の責任は誰が取る?誰も責任をとらないのは明白だろうが、その被害者は誰なのか?って話。「あぁゆとり世代ね…」そう評される世代に何の責任があるのだろうか?

次代を担うのは子供たち…
振り回されるのも子供たち…

今回でいえば約5人…。一部の大人の意見が、多くの児童生徒に影響を与える事が出来るという現状。「はだしのゲン」閲覧制限どうのこうのの前に、その教育システム自体に警鐘を鳴らすべきだと思う。
| - | 20:25 | - | -
悪ふざけ写真
アルバイトや従業員による悪ふざけ写真が後を絶たない。
アイスクリームのケース、パンの上、冷蔵庫…ちょっと前にはテーマパークでの悪ふざけや、チェーン店での大盛り案件もあったかなぁ…。

何て事を…とは思うが、これだけ出てくるというのであれば、氷山の一角なのかもしれないとさえ思えてくる。

そもそもある時期までは、大なり小なり悪ふざけをしたい!という衝動にかられることはあったと思う。自分自身もそうだった。それが良い事なのか悪い事なのかと問われれば、悪い事には間違いない。でも成長するにつれ意識もかわりそういう行動はしなくなる。思春期での反抗期と同様に、青年期での悪ふざけみたいなものだろうか?社会に出る一歩手前の時期というのは、大人であって大人でなくてという何とも難しい時期であるともいえる。学生時代は無茶したなぁ〜何ていうのは、まさにそれだと思う。

勿論、悪ふざけを肯定している訳ではない。

迷惑の度合いが問題なのであって、それが悪戯なのか悪ふざけなのか迷惑なのか違反なのか犯罪なのか…その尺度だと思う。法を犯すとかいう尺度ではなくて、人間として許容できるかどうか…そんな事なのだと思う。

そしてそれを公表することが出来る社会なのかそうでないのかというのも重要なことだと思う。我が時代は悪ふざけを告知?宣伝?PR?する術はなかった時代。頑張ってチラシみたいな…でも今は、インターネットで誰でも世界中の人に告知も宣伝もPRもできる時代。

そこが違うだけのような気がする。

昔は悪いことしたよなぁ〜〜という感覚というのは誰しもあって、それこそが無茶をした青春時代みたいな最高の思い出なのではないだろうか?社会人となって家庭をもって親となって…そこで違いを知ることになる。「昔はあんなことしていたけど今じゃできないよな…」そんな言葉を交わした人も少なくないと思う。俗にいう「武勇伝」ということで処理されてしまう事も多いと思う。でも厳密に言えば犯罪だったのではないだろうか?という事実…。

それを許していたのが、未成年だから…悪戯だから…悪ふざけだから…若者の…という当時の大人の心だと思う。

今のこの問題というのは、現代の若者がというよりは、誰しも通る若者の特有の問題であって、その時代背景を考えればある意味必然に近いともいえる環境にあるとも思う。

仮に…近くの農園等のリンゴや桃やブドウをとって食べた!としよう。

昔であれば友達などに言っているだけだったと思う。勿論、犯罪には間違いないが、近所の悪ガキが!というレベルで大人も処理していた…。でも今の時代は友達にいうコンテンツとしてNetがある。友達に話す感覚でNetで公開!

その時点で…犯罪=窃盗!=常識知らず!!

に変わってしまう。

昔も今も根本はそうは変わらない気がする。一種の時代感覚だとは思う・・・。


「子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの」


自分の時代は・・・・そういうのは容易い。

でも自分の時代が今の時代と同じ環境だったら、あなたの悪戯は、悪ふざけはどうなっていましたか?

そういう観点も必要だと思う。
| - | 19:52 | - | -
プロゴルファー羽川豊〜ファンケルクラシック2013:優勝〜
応援して頂きました皆様に心より厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 17:22 | - | -
井上順LIVE in 福島!
主催の皆様、ご来場の皆様、関係したすべての皆様に厚く御礼申しあげます。

ありがとうございました!!
| - | 19:43 | - | -
福島の桃!
頂戴しました!

フルーツの中では断トツで桃好きの自分にとっては最高の幸せです!!

父親が福島出身でかつ父親の実家がフルーツ農家だったという事もあって、生まれてきてからずっと福島の桃で育ってきたので、余計に嬉しいんですよね。

しかも…特秀を頂戴しました。

尚且つ今の時代は、味(甘味/糖度)の光センサー選別が主流な訳で、いやぁ…流石に美味しい!!まさに感動!!!!

桃は本当に最高です!!!
| - | 20:00 | - | -
一言…
暑過ぎ…。

いや、熱過ぎ……。

もう何も言えない位の酷暑。

ダメだこりゃ…そんな思いになってしまう今日の天気。

熱中症、気を付けましょう!!!
| - | 20:48 | - | -
日本の借金
国債や短期借入など日本の借金は1993年末で300兆円弱だったのが、今や1000兆円なのだという。

はぁ・・・・・・どうするのだろうか?

いずれにせよ、現実を見ないといけないのだろうとは思う・・・。

実に国民一人当たり792万円の借金という現実を・・・・・・・・。
| - | 20:24 | - | -
緊急地震速報
久し振りに緊急地震速報が携帯に届いた!
震度6!?
結果は誤報であって、気象庁は謝罪となった。

が!

ある意味、誤報で良かったと考えるのが良いと思う。
大きな地震は来なかったわけで、天気予報の大雨予報が外れたと思えばいいのではないだろうか?
勿論、誤報ばかりでは意味がなくなるが、自然を相手にしていることだし、そもそもこの国、日本の地震に対する技術や知識、見解は世界一には間違いないと信じている。その機関が間違ったのであるから仕方がない…そう素直に思うし、「誤報だしやがって!この野郎!!」とは到底思えない自分がいる。

考えてみよう…緊急地震速報という技術だって、一昔前までは考えられなかった技術。誰もが解らぬ未来を予測するというこの技術は物凄いこと。そこを称えつつ、これを機にこの国、日本は更なる技術向上につなげるだろうということを自分は信じている。
| - | 20:30 | - | -
立秋
まぁ完全に…違うというのが現実ではあるが…暦の上では秋に入ったということ。

秋が一番好きな自分にとっては、「もう少しの辛抱…」とほんの気持ちばかりではあるが気が楽になる!?

でも考えてみれば、昔はこの時期が秋へのスタートだったんだなぁって思う。9月であれば解るが8月の上旬で…。

北国出身で暑がりの自分にとっては、取り敢えず8月を乗り切る!

それが目標!!
| - | 18:56 | - | -
秋田:竿灯まつり
ニュースでやっていた…あぁ懐かしのわが故郷のお祭り!

考えてみれば、ずっと見ていないなぁ〜しっかりとは高校以来見ていない…というか高校の時もじっくりとは見てはいないかなぁ…正直なところ。高校時代と言えば大人の階段登るとき…「祭り!」という雰囲気に心躍らせ?かこつけて“アレコレ”やっていたのが実際だなぁ〜。大人になってからもどうなのか?って考えれば、さくっと見るだけみたいな…なので、しっかり見たのは中学とか小学校とかかな!?

でも本当にまたゆっくり見てみたいと思いますよね。自分的にはハプニングが好きなんですよね。人間があんな50kgもあるという重いものを揚げるというのだから、それは時には失敗もする。中にはボロボロ状態の竿灯もあったり、一方絶妙な妙技を魅せる人もいる。それが面白い。

あぁ〜〜〜肌で感じたくなってきた!

竿灯まつり…行きたいなぁ〜〜。とはいえ…

「竿灯行くべ」「んだな」「飲むべ!」

結果、そうなる気もする・・・。
| - | 19:16 | - | -
インターネット
世の中にはいろいろな取引があるし、いろいろな売買があるし、いろいろな手法がある。
ほぼ全く同じ結論なのに、その金額が半分以下というサービスを受けた。

正直感動ものだった!

えっ!何でこんなに安いの!?今までは何だったの!?

知らぬは一生の恥ではなくて、知らぬは損!正にそれ!!

ちょっと前までは報道や書籍、そして人伝できくことが唯一の道。先人に頼る…そういう時代でもあった。今やインターネットの普及によって、誰にも接触することなく個人で好きな時に、しかもリアルタイムに知る事の出来る情報は多くなった。

そこから何を選択するのか…。良し悪しはあると思う。ネットの情報は100%正しい!何て思っている人はいないだろうし、実際そうでもない。

でもそこに隠れた優れた情報があるのも事実だと思う。

誰でも知ることが出来る情報をつかむのか逃すのか…今の時代、結構?かなり?大きいと思う。
| - | 19:36 | - | -
飛行機の機材変更
チェックインしようとしたら機材変更との事で、チェックイン停止中。仕方なく時間潰しをしながら待つこと十数分…チェックインが再開。
何に換わったのだろう?
こういう場合、大きい飛行機に変われば儲けもので、小さい飛行機になれば落胆となる。今回はどうかな?と思いつつ、バス移動・・。
あれか?これか?中々、バスが停止しない。
走り続けること数分…もうその奥には飛行機が無いなぁという場所まで移動して、見える機体は3機。内、一番奥にあるのがある意味話題のB787。
いろいろ問題はあるのかもしれないが、復帰した訳で自分的には過去にもB787に乗って、その最新式・最新鋭の良さを感じたことも事実。だから、おぉ〜〜もしかして!ってワクワクしたりもした訳だが、近くの人の独り言や会話の内容はこうだった。
「まさかあれじゃないよな?」
「787!?え〜」
「出来れば避けたいっすよね」
ちょっと前まではドリームライナーで人気の機材だったのが今やこれ…。

信頼・信用とは一朝一夕で180度変わるということなのだろう。

| - | 21:50 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2013 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE