氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
目玉焼き
スーパー?ウルトラ?オーソドックスな卵料理なのだが…これが何とも好き!

卵焼き、ゆで卵、生たまご、スクランブルエッグ、オムレツ…いろいろあるとは思うが、やっぱり一番好きかなぁ。

焼いてできる焦げ具合に半熟感、そして醤油…。


あぁ〜食べたくなってきた!
| - | 19:54 | - | -
復興特別税
東日本大震災の復興を目的として所得税、住民税、法人税に加算する税金。

所得税→2013年1月からの25年間 +2.1%
法人税→2012年4月から3年間 +10%
住民税→2014年6月から10年間、年1000円

の予定だという。

あの震災を考えれば日本全体でやらないといけないことは解る。当たり前のこと。日本国民全体で真正面から関わらなくてはいけないことだと思う。

そこで思うこと・・・・・・


財務省→首都直下地震に備えて首都圏の税務署の耐震工事→5.6億円
文部科学省→東日本大震災でのひび割れなどの国立競技場の復旧→3.3億円
外務省→日本に対する風評被害改善と理解の為の海外青少年交流→72.4億円
経済産業省→被災地から原料を調達する工場設置支援→2950億円
国土交通省→沖縄の道路の地震対策→5億円
農林水産省→被災地の主要産業である捕鯨の反対団体に対する対策→22.8億円
防衛省→全国の自衛隊基地/施設の補修・改修・建替→40億円


上記は先の復興予算を被災地以外への流用事例(案)ということで報道された一例だ…。敢えていうが、上記は嘘か誠かはわからない…という事にしたい。でも「今後の復興特別税は被災地に限定する!」と強調しているのだから、今までは…という事なのだろう。


ただただ…一つだけ、人間の想いを無碍にしてはいけないと思う。
| - | 22:28 | - | -
梅雨入り
気象庁が「関東甲信地方が梅雨入りしたと見られる」と発表した。


ん!?


見られる?


何じゃそれ!?・・・そう思うのは自分だけだろうか…。
| - | 21:15 | - | -
岐阜&長良川
行って来ました!

勿論…仕事!!

はい・・・・。

この地域には有り難いことに何度も来させて頂いているんです。山の上に建つ岐阜城と長良川…この光景は本当に素晴らしいですよね。

ただ岐阜城には行ったことが無いんです。目の前の岐阜城…でもそう簡単にはいける場所でもなく…結果、仕事なので時間の制限もあるのでいつも行けないのですが、いつか岐阜城に!と思いつつ…雰囲気だけはいつも堪能しています!

あの長良川の雰囲気と岐阜城の佇まいは本当に素晴らしいと思います。

ん〜〜〜今日は長良川艶歌を聴こう!!
| - | 20:15 | - | -
東京ディズニーリゾートに行って来ます!
仕事です……はい。

ディズニーランドは今年で30周年みたいですね。へぇ〜〜と思いますよ、本当。
今でも修学旅行で行ったときの5周年を強烈に思い出すんですよね。あれから25年、はぁ…。

仕事では何度もこの地に来ているのですが、プライベートになると…。

仕事で行くと本当に感じるのですが、夢と魔法の国を満喫している人達と、仕事で来ている我々とのギャップ…。お土産いっぱい持って頭にはディズニーグッズ着けた人達と、設営や仕込み・夜通しのリハーサルで徹夜して、さぁコンビニ行こうか…あっ!無いわな…と途方に暮れる我々。そんな光景、良くありました…。そういえば最近は無いなぁ…。

まぁでもそんな楽しそうな人を見るとこっちも楽しくなってくるものです。

せっかくの人生…楽しくいきましょう!!
| - | 18:56 | - | -
迷惑メールに…
差出人の名前が知人と同じ!

しかも件名が似ても似つかぬ…エロ内容!!

吹き出しました!

一応…メールの中身だけは見てみた。

想像すると面白い!

でもこれは明らかに迷惑メール。何とかならないものなのか・・・。
| - | 20:25 | - | -
人間関係
迷っているという相談を受けた。

割りきりしかないと思う!

人(他人)と合う合わない…

これは当たり前のこと!!

自分自身でさえ時と場合によって考えや行動が右往左往する訳で、それが自分と他人であれば尚一層という事だと思う。

うまくいく
うまくいかない

これは

うまくいく部分が多い=うまくいかない部分も少しある
うまくいかない部分が多い=うまくいく部分が少しある

ということと考えてみればもっと気が楽になると思う。

人間同士なのだから一個くらい共通点はあるだろう!
無い!!というのであれば、人間という共通点で交わるしかない!!

それが人間社会だと思う。


とは言え、人間関係は複雑・・・・思うこと感じること多々あれど、それも受け止めての人間社会なのかなと思う。
| - | 21:42 | - | -
年収2400万
多いと思うか少ないと思うか…

友人同士と思われる20代男性の会話が聞こえてきた。

A「こんな少ない年収で、俺は何も出来ないからさ、転職しようと思うんだよね」
B『どれ位もらってるの?』
A「24(ニーヨン)」
B『えっ!?240なの!?』
A「はぁ?何言っているんだよ、2400万!」
B『何だよ、世間一般からすれば十分だよ』
A「そうか?何もできないじゃん」
B『そうかなぁ〜月給200計算だよ、俺なんか年収500いかないよ』


いろいろな考えはあると思う。
でも一つ言えるのは、人によってお金の価値は変わるということだろう。
良い悪いという優劣はつけられないと思う。


でもその後の会話で思うことがあった…。

A「(店員に向かって)寒いからエアコン切って!」
B『えっ!?そうでもなくない?切れって…他のお客さんもいるじゃん…』
A「別にいいんじゃね?俺、寒いし!」
B『そういう問題じゃないだろ?(店員に向かって)ちょっと弱めにできます?』

友達同士の会話だから他人がとやかくいう事でもない。


でも“人間”というものを十二分に感じることが出来た会話だった…。
| - | 21:13 | - | -
美容家IKKO:ゲストトーク in 大阪!
2013年5月18日(土)

グランフロント大阪
ナレッジキャピタルB2(コングレコンベンションセンター)

13:00〜 JTBコーナー “心も体も美しく”IKKO流 旅の過ごし方

16:00〜 DRESSコーナー 幸せ引力を身につけるテクニック


*入場無料
*トークセッションとなります!


〜あなたを一生美しくする、2日間〜
Beautiful-Aging Festa2013(ビューティフルエイジングフェスタ2013)


お近くの方は是非足を運んでください。
| - | 17:01 | - | -
半袖を着たい!
雪国出身の自分は基本的に暑がり。だから今の季節は半袖でも十分いけるのだが、未だに長袖&下着ありで通している。

何故か?それは…真夏が怖いから!

今から半袖を着てしまうと夏をどう乗り切ろうかと思ってしまう…。

今の季節→半袖でもOK!
初夏→半袖が最適!
真夏→・・・・・・

という構図。


ん〜〜〜取り敢えず、今月は長袖で乗り切ろう!・・・・・多分!!!
| - | 20:58 | - | -
母さん助けて詐欺
振り込め詐欺の多様化から新しい名称を募集した結果の最優秀賞作品だという。ちなみに優秀作品は、ニセ電話詐欺・親心利用詐欺。

もともとは、オレオレ詐欺だった訳で、それが還付金詐欺・振り込め詐欺などになって行った訳だが、要するに手口が変化し巧妙化し多様化しているということ。

オレオレ
還付金
振り込め
母さん助けて
ニセ電話
親心利用

自分的には、なりすまし詐欺で良いような気もするが、これはコピーの格好良さ
やネーミングセンスを問うのではなく、詐欺防止/抑止や広報目的がメインなのだから一番被害が多い文言(名称)や広めたい言葉を使用するのは良い事だとは思う。もうこれ以上、言葉が増えないことを祈るばかりだ。

しかし…

今年だけで、警視庁管轄でのオレオレ詐欺

被害件数 518件 (前年比 +266件)
被害金額 14億8,000万円(前年比 +6億9,290万円)
平均被害額 約286万円(前年比 約-26万円)


心が痛くなる・・・。
| - | 19:49 | - | -
横入りする女
とある有名なお店にて…。

そこは有名なパン屋で喫茶も併設している。(喫茶利用でもレジに並び注文しないといけないシステム)クロワッサンが有名だというのでクロワッサン好きの自分にとっては、是非食べたい!と思うお店。さっそく知人と入店!店内で食べていきますか!!
既に7名くらいのお客さん。会計の人と連れの人がごちゃごちゃで一体どこに並べばいいのかもわからない。取り敢えず空いているところに陣取った。しばらく待つと、レジ前の客の会計が終わったら中間に並んでいた人(2名)も一緒に外に出た。連れなのかどうかはわからない。でもそこでレジ前と真ん中辺りがが空いた。
そこにタイミングよく来店した30歳前後の女!
そのままレジに向かった…。

えっ!

まぁその瞬間、レジが空いたのは事実。
でも店内に数名のレジ(注文)待の客がいるのも事実。

普通、解るだろ?

女が「〇〇(商品名)を1個」というのと同時に店員が後ろに並ぶように促した。当たり前だろう。

何という図々しい輩だ!と感じつつ、その女はしぶしぶ我々の後ろに並んだ。こうなるとその女の動向が気になってくる。我々は席で確かに美味しいクロワッサンを食しつつ、その女を見ていると…

女「テイクアウトで〇〇(商品名)を1個ください!」
店『はい、ありがとうございます!〇〇円になります。現金ですよろしいですか?』
女「はい」

商品を袋にいれ店員が会計を促すと…

女「あっ!会計はカード(交通系カード)で…」

レジの打ち直しにしばし時間がかかる店員。助っ人らしき上司も登場し、しばらくして会計処理が終わり、タッチを促す…

エラー!

店『残高不足なので現金でもよろしいですか?』
女「いえ!不足分を現金で払います!」

再度の処理に手間どう店員。再度、上司らしき人まで来て処理すること約1.5分。

店『残金、19円です!!』
女「これで!」
店『一万円お預かりいたします!』


店員は…抑えめの怒り口調!
後ろに並んでいた客は…鬼の表情!!
当事者の女は…何事もないような涼しい顔!!!



考えものですな・・・・・。
| - | 20:56 | - | -
年号と西暦
元号:平成25年
西暦:2013年

どちらを見たり記載する時が多いだろうか?今は圧倒的に西暦だと思う。

一昔前までは普通に元号表示当たり前だった様に思うが、今や西暦が当たり前すぎて元号だと解らない時がある。

ちょっと前までは、昭和=S 等という略称も結構多かった気がする。S56とかS60とか良く使ったものだが、今、H25とかは殆ど目にしない…。

西暦2000年が転換期になったのかなとは思う。21世紀…技術の進歩は言うまでもないが、文化や習慣、思想の変化も想像以上に早いと思う。
| - | 20:24 | - | -
冬物の服
クリーニングに出しました!
って当たり前かと思うでしょうが、我が愛すべきクリーニング店は、保管サービスがあるので冬服は預けるんです!だから冬物の服とはしばしのお別れになるんです。
冬物は厚いしガサつくので本当にうれしいサービスなんですよね!本当は決まった期間があるのですが、もう付き合いも古いのでそこはある意味適当というか…。
基本的に暑がりの自分なので、普通の人よりは時期が異なる衣替えになるんです。だから一般的な時期よりは少々違う衣替えになるので
「そろそろ必要でしょう?」「そろそろお持ちになる?」
何て言われることもありますが、そこはご愛嬌。すべて自分の判断に任せてくれるんです!まぁ長年培った関係というか・・・・。
なので今出した冬物は、まぁ11月とか12月頃でしょうか…再会するのは!そこまで我が家には無いんです!!本当に素晴らしいサービス!!!

クリーニングのご主人も女将さんも、その息子さんもお嫁さんも知っていますが、流石にお付き合いが古くなったなぁ〜〜。
だから、いろいろ解るんですよね!

「あれ!これお洒落ですね〜〜〜」

何て言われるんです。




はい…頂きものです!!!
| - | 21:42 | - | -
クリーニング代
ふと思うことがある。

「クリーニング代とクリーニングに出した服の購入金額」

ちりも積もれば…とは良くいったもので、クリーニングを繰り返すことにより、いつの間にか服の買った値段よりもクリーニング代の方が高くなっていることがある…。

まぁ解る人は大いに頷くだろうが、自分自身大した良い服を買っている訳ではないし、着られればOKレベル…。

それはそれとしてだ…。

クリーニング代が購入金額を上回る!というのは、どうなのだろうか?
考えてみた!!

車だったら…税金なり車検なり修理なり洗車なりの総額

そう考えれば維持費用が購入金額を上回るにはそれなりの年月がいる筈。ということは、クリーニング代が上回るという事は、年月然りという事。それだけ使っているということ。(購入金額然りということは大前提として…)


基本、物持ちは良い自分…。


使えるうちは使う!みたいな感覚ではあるのだが、周りの人にはよく言われる言葉がある。

「古い!」「今どき…」

確かに…そう思うときも多々あって新たなものを購入したことも少なくはない。


ん〜〜どうしようか?


そうだ…クリーニング代とクリーニングに出した服の購入金額がトントンレベルになったら、一度冷静に考えるようにしよう!

自分なりの見方と周囲の見方…

人生と一緒で見る角度や方向によって、新たに見えるものもあるだろう…。
| - | 22:17 | - | -
ナポリタン
密かなブームだという。

ナポリタンといえば、弁当やお子様ランチの定番?一品?というか、幼少期によく食べた昔懐かしの…みたいな感覚で、敢えてレストランでは注文はしなかった自分がいる。

ここ最近、ニュースや情報番組でも取り上げられていたが、何故か流行していて有名店や専門店では常に行列なのだという。値段も高くもなくオーソドックスなあの味が受けているのだという…。

へぇ〜〜、ふ〜ん、敢えてレストランでナポリタン!?・・・そんな感じではいたのだが…渋谷に行ったときのこと。

「渋谷に有名なナポリタンのお店がありますよ!!」

と言われ、胸躍る氏家大一郎…行ってきました!ナポリタン!!!




うん・・・良い!!!
| - | 20:20 | - | -
クールビズ
2005年に始まった運動だが、すっかり定着したと思う。
当初は6〜9月までだったのが、震災以降は電力問題もあり5月〜10月となっている。
簡単に言えば「夏には夏らしい服を!」「余計な冷房(電源消費)は止めて、地球環境を守りましょう!」という事なのだが、そもそもちょっと前までの真夏にネクタイ締めて上着着ている=礼儀=ビジネス常識というのがおかしな風景という気もする。まだ車という生活で駐車場から目的地へという社会であればまだ良い。東京なんて電車社会であり、どうしても駅から目的地までは歩きになる。その時点で汗だく…スーツの上着が汗で染みている人は何人もいる。そんなのおかしいだろ?って素直に思う。夏は通常の服装→半袖シャツで、正装の定義→半袖シャツ&ネクタイ位が無難なのでは?とは思う。
しかも最近の電車は冷房が弱め。何じゃこりゃ!と思わず言いたくなる位のレベルの時がある。車でいうのであれば、真夏に車内のエアコンを風力最小で温度は中レベルにしたような感じだろうか…。とにかく不快指数マックスレベル。

クールビズは良いことだと思う。大いにやったらいい。ただそれとは別として、何故そうしなくてはいけなくなったのかを真剣に考えないと、環境が年々悪化する様な気がしてならない。
| - | 21:01 | - | -
元阪急:アニマル投手
亡くなったという。
何より強烈に印象が残っている選手だが、ただ今回の報道で驚いたのは、日本球界には2年しか在籍していなかったということ。

1年目 42試合 5勝3敗19セーブ
2年目 18試合 2勝2敗5セーブ

もっと長くやっていると思っていた。

でも、我が記憶にはしっかり残っている。どれだけ強烈なインパクトだったのかが解る。

日本のプロ野球界で、60試合しか登板(出場)していない選手で、これほどインパクトを残した選手はいるのだろうか?


記録に残る…
記憶に残る…


よく言われる言葉だが、どっちも素晴らしい!ということだと思う。
| - | 19:44 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2013 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE