氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
指定席と自由席
指定席は結構満席なのに、自由席は比較的余裕が…みたいなときがあるんですよね〜本当に!
切符を買おうとしたら「指定席の窓際は全て埋まっていますね〜空いているのは通路のみですね!」と…。それも半分以上は通路側も埋まっているというので、仕方が無いので残っている通路側をとったんです。混んでいるんだなぁ何て思いながら電車に乗り込み指定された車両に行くと、案の上、通路側は綺麗に埋まっており、半分位だろうか通路側も埋まっていました。まぁ仕方がない。
しばらく走り、トイレに行くついでに自由席を見てみようか!と車内を移動してみたら…どうだろうか!自由席がガラガラ!通路側の席には誰も座っておらず、窓側もところどころ空いているではないか!そんな事を知人に話したら「指定席料金分が勿体無い!いくら自由席が空いていても絶対に指定席に座る!!」と…。
なるほど…。でも自分は、
指定席で満席の中を座っていく のと 自由席でゆったりいく
指定席と自由席の座席仕様の差がある場合は指定に乗るとは思うが、指定も自由も席の仕様が変わらないのであれば、空いている方が断然良い。

自由席の賢い利用法もあると思う。
| - | 18:38 | - | -
企画ということ…。
自分の原点なのでそこには拘りがある。

今までも多種多様な分野で企画提案させて頂いてきた。クライアントが!というときもあれば、!?とか?という時もあったと思う。でもちゃんと説明して納得してもらってやってきた!某新聞社のトップで扱ってもらったこともある。

この企画って、簡単そうで実はそうでもない…。

デスクに座っているときに浮かぶのか?
コーヒーを飲んでいるときに浮かぶのか?
ビールを飲んでいるときに浮かぶのか?
トイレに行っているときに浮かぶのか?
電車に乗っているときに浮かぶのか?
車を運転しているときに浮かぶのか?


答えはない・・・・・・。



プランナーの頭にビビッと来た時が答えの時!!


だから止められないんだよなぁ〜〜〜これって!!!!
| - | 22:28 | - | -
武道・ダンスの必修化
新学習指導要領で中学校保健体育において、武道・ダンスが必修になった。
文部科学省の言い分(要約)は…

「武道」
武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることにより、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる。伝統的な考え方を理解し、相手を尊重し練習や試合ができるようにすることを重視する運動である。

とある。
自分的には中学校の段階で、普通に柔道も剣道もやった。はっきりいえば当たり前みたいな感覚。まぁ相撲は仕方がないにしろ、当然だろうなぁ〜って思うし、必修では無かったの?みたいな感覚に陥る。そう考えれば秋田県の教育は素晴らしい!!でもここで気になる文言がある。

勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わう

ちょっと待て…。ついさっきまで「競争はいけない!」「平等に!」等といって運動会で順位をつけるな!みたいな指導や見解はどこに行ったのだろうか?その頃小学生で、今中学生になるような子供たちは、この国の教育をいったいどうすればいいのだろうか?大人のご都合主義も甚だしいと思うのは自分だけだろうか…。

そして…

「ダンス」
「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動であり、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことができる。

これには正直違和感がある。中学生?ダンス!?・・・ジェンカだろう!まぁそれは冗談としても必修なのであれば、まだ違う分野を必修にした方がいいような…。福祉だって労働だって技術だって…文化・芸能・マンガ(アニメ)・・・いろいろあると思う。なんでダンス?ダンスが悪いというのではない。義務教育での必修であればそれこそ日本人として必要不可欠なモノを習うべきであると思う。

勝敗を競い合う楽しさや喜び・相手を尊重・仲間とともに楽しさや喜びを味わう…机上の論理はどうでもいい。

絶賛された後、全廃された「ゆとり教育」の世代が、今なお、その「ゆとり教育」でのカリキュラムを強いられている。仕方がない…その時代にそういう教育を受けてきた訳だ。どこかで取り戻すも何をするにも土台は“今は亡き”ゆとり教育にある。

大人の都合のいい解釈…その犠牲者が、子供たちであるということを忘れてはいけないと思う。
| - | 23:39 | - | -
JR池袋駅・立教大生殺害事件
未だに犯人が捕まっていないこの事件の被害者家族が、捜査打切の要望書を提出したという。
時効撤廃になった今、それ以前に発生した本事件の妥当性に悩み、また他の事件捜査の負担になってはいけないという思い。要望書を提出した日は亡くなった息子さんの命日で「遺族としてけじめをつけた」という…。
何か深く重い報道だった…。
事件発生から16年…未解決殺人事件。どういう思いで決断したのだろうか…。

この事件がクローズアップされたのは、事件現場の状況にある。
事件発生は、平日の23時30分頃。現場はJR池袋駅の山手線ホーム。ぶつかって口論になり殴られ転倒、頭を強く打ち外傷性脳内出血で死亡。
大都会のターミナル駅。しかも山手線ホーム…東京に住む人間ならその時間帯にどれだけの人がホームにいたかは容易に察しがつくと思う。案の定、目撃者は多くいて精巧な似顔絵も作成され公表された。

しかし…。


16年前と今では、文化も風潮も変わった。携帯電話は誰でももっている・・・。
そして、防犯カメラも多くなった。人の目よりもカメラの目ということなのだろうか…。

被害者の無念と捜査打切要望書を提出した遺族の思いを無駄にしてはいけないと思う。
| - | 21:06 | - | -
ひと段落!?
ここの所…物凄く忙しかったです!
というか…これからしばらくそうなのですが…。
自分の原点であるプランニングの仕事やら総合演出の仕事やらで、考えなければいけないことや作成しなければいけない資料作りでまぁハード!
何日、事務所で夜を明かしたことか…。昨日なんかはぶっ通しで7時間作業!えっ!もうそんな時間!?みたいな…。

まぁ取り敢えずですが、ひと段落しました!!

今だけですが…。

でもこの瞬間がまた格段に嬉しいんですよね!

さぁ久し振りにこの時間に帰ろう・・・。
| - | 21:26 | - | -
花見
してきました!

というよりも仕事先で都内の桜の名所を通っただけですが…。

どうにもこうにもやることが思いっきりあって、ただいま爆走中です!!

まぁ花見をしたと思うことだけでも重要ということで…。
| - | 21:49 | - | -
爆弾低気圧!
凄かったですね〜!本当に!!
東京で一番凄いときは打合せ中だったのですが、ビルの全体が…。

夕方前に各社帰宅命令?要請?が出た様で、それは民族大移動みたいで、ある種異様な光景でした。何この人波は…みたいな。道も電車も何も混んでいましたが、余りに混み過ぎて帰宅抑制のお願いまで出たようで…。

今の東京。

物凄く…

がら〜〜〜んとしています。
| - | 23:24 | - | -
エイプリルフール
何か縁遠くなった気がするこの慣習。
昔はあれだこれだとエイプリルフールを楽しんでいたが、今や…。
しかも今はメール時代なので、それなりに気をつけないととんでもない結末が待っている気もする。
昨今のツイッター騒動、ネット騒動、ネットでの誤情報…そう考えれば、おちおち冗談も言っていられない世の中ではある。
特にメールの場合は、会話とは違って微妙なニュアンスが伝わりにくい。冗談のつもりが・・・相手は本気で…何てことも多いにある訳で。

昔はメールが無いから直接会話でのエイプリルフール。でも今やメールやインターネット。しっかりやらないと!?とんでもない結末を迎えることもあろう。

まぁ会話の中のささやかな冗談が一番いいということなのだろう…。
| - | 18:57 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2012 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE