氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
IKKOディナーショーin済州島(韓国)
IKKOディナーショーが韓国は済州(チェジュ)島で開催されます!
お客様も満員御礼!の2日間公演です!!
頑張ります!!!
| - | 20:45 | - | -
タクシーばかり・・・
ここ数日…早朝だったり、深夜になったり、スーパー急ぎ!の為にタクシーを何度も使う羽目になった…。
やっぱり思うなぁ〜高いって。もっと他国みたいに安くすればいいんじゃないのかなぁ〜って本当に思う。その方が利用客が確実に増えると思うのだが…。
電車で160円レベルでもタクシーだと1000円以上はかかる。しかも本来であれば客サイドが一番必要とする深夜早朝は2割増しときたもんだ。そりゃだれも乗りたくなくなる…。
乗って710円で2kmまでは乗れる…それ以降は90円/288m or 90円/1分45秒
こんな時代に幾らかかるんだ!?みたいな…
だから使う羽目になった…みたいな文面になってくる。
規制緩和であれだけのタクシーがあるのだから利用客を増やさないと意味はないと思う。
外国から初めて日本に来た人が自国の様に成田空港でタクシーに乗って都内に向かったのだという。まず驚いたのが・・・自動ドア。次に見る見るあがるメーター。そして高速料金とその高さ…。
解かる気がする。
車はあれだけ身近なものなのに、なぜタクシーは身近ではないのだろうか?もっと身近なものにすればもっといいと思う。
都内のあらゆる道で空車タクシーが占領している姿は、規制緩和の成果なのだろうか?バブル時代…タクシーがつかまらない!という狂想曲はどこにいったのだろうか?
タクシーって便利だし身近…だからこそ…そう思う。
| - | 22:38 | - | -
美のカリスマ IKKOトークショー in 浜松
美のカリスマIKKOトークショーin浜松!

We:la & 遠鉄百貨店〜ワタシがイキるHamamatsu〜女子まつり2011


11/23(水・祝)
15:00〜
JR浜松駅前「ソラモ」

入場無料です!!
お近くの方は是非足を運んでくださいね!
| - | 19:59 | - | -
信号無視
歩行者の方。
自分自身「守っています!」と堂々といえたものではないことは自覚している。車が通っていなく完全に待ちぼうけ状態であれば、失礼して…ということも少なくない。
でも一つだけ心掛けていることがある。それは何か…『子供がいるとき』だ。

先日もこういう光景に出くわした。そこは比較的交通量の多い横断歩道。歩行者用信号は赤で数人が赤信号で待っていた。その中に幼稚園or小学校低学年と思われる親子連れもいた。そんな時、車の流れの切れ目を利用して信号無視しながら横断するサラリーマンがいた。それを見た男の子がサラリーマンを指差し父親に何やら話しかけていた。そして父親が信号を指差す・・・。

子供「あーー!赤だよ〜〜渡っていいの〜〜〜?」
父親『だめだよ〜見てごらん!信号は赤でしょう?』
子供「でもあの人、赤信号でも渡っているじゃん!!」
父親『あの人は間違っているんだよ!だから後で怒られるんだよ〜。○○君はお利口さんでしょ!』

みたいな会話が交わされたのだろうか…。

これがどういう教育なのか…道徳・倫理・情操教育としてどうなる?
だから自分は子供の前では、後で怒られるんだよ〜みたいな大人を見せたくない。

子供は宝・・・。

要らぬ知識を与える大人であってはいけないと自分は思う。
| - | 20:50 | - | -
犬は賢い!
人と待ち合わせしているときの出来事。
そこは都心の有名な場所で、とにかく多くの人が行き来している。
そこにサングラスをかけたぱっと見「芸能人」「モデル」みたいなきれいな女性が小型犬を連れて歩いてきた。まぁ何というかエレガントというかマッチしているというか・・・。
そこにいかにも?というおっさんが、その女性…いや犬に声をかけた!
「あおぉ〜〜〜かわいいなぁ〜〜〜!」
その瞬間…今までかわいい〜〜〜というその小型犬が何故か吠えまくった!!
ワンワンワン!!!!!!!!!
「オイオイ、何で怒るんだよ〜〜〜」
そういうおっさん。変わらず吠えまくる小型犬。リードを強引に引っ張りながらもその場を離れる女性…。まだ吠えまくる小型犬。
女性が立ち去り、おっさんが言った一言。


「何だ!くそ犬!!女にも近付けねぇじゃね〜〜か!!馬鹿やろう!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

犬は賢いということですな。
| - | 21:52 | - | -
TPP
賛否両論ある。
各省庁でその予想が違うこのTPP。メリットもデメリットもあるだろうが、APECを直前にして「協議に入る」という結論になった。
参加!不参加!ではなくて「協議に入る」…

玉虫色というか…。
グレーというか…。
曖昧というか…。

今求められているのは、参加・不参加の方向性であり、それ以前の協議は今までして来なかったの?って思ってしまう。農業だけがクローズアップされているが、農業だけの問題ではなく、人・モノ・金に関わるこの問題。

どういう形であれ、リーダーシップを発揮した方が良かったのではと自分は思う。
| - | 21:27 | - | -
お茶に水
「御茶ノ水」の打ち間違えではない。

お茶に水である!

某レストランでのこと。和風のそのお店は最初に出すのはお茶。サラリーマン風の中年が入店し、店員がお茶を持ってきた。そしたら
「お水頂いてもいいですか?」
まぁ良くある風景といえばそうだ。暑がりの自分も夏場の熱いお茶は見るだけで汗が増す・・・。
なんだろうなぁ〜暑いのかなあ?薬でも飲むのか?アレルギー?苦手なのか?
まぁ人それぞれ・・・そう思っていると店員が水を持ってきた。

そして、衝撃の光景が!

お茶に水

え!湯飲み茶碗に注がれたお茶の上からドバドバと!そして美味しそうに飲んでいた。
冷ますのが目的なのか?味を薄くするのが目的なのか?

人それぞれ・・・・そう思い納得することとしよう。
| - | 21:22 | - | -
迷惑メールの件名
最近多いのが身近な人の名前と一緒の迷惑メール。

「ありがとうございました!○○○」
「△△です、会いたいです!」
「秘密の話にしてください。**より」

みたいなもので、その○・△・*が身近な人と一緒で、思わず・・・

ん???

と・・・・。

しかも中身が物凄いので思わず吹いてしまう。今夜どうなのベッドがどうなの・・・・。変な妄想したりしなかったり!?

まぁ良からぬことは止めましょう・・・・。
| - | 20:32 | - | -
水戸へ
行ってきました!
近いですよね!特急で70分!!
コンビニで水戸納豆売っていて感動してきました。

ただ震災の爪痕はまだ沢山あるんですよね…。何か心に来るものがありました。
駅前の歩道橋がまだ壊れたままだったり、道路が隆起・沈着していたままだったり…。

震災は日本全他の問題…改めてそう思いました。

がんばろう!日本!!
| - | 19:45 | - | -
テレビ
地デジ化、ハイビジョン…フルハイビジョン?
一昔前のVHS(ビデオテープ)からDVD!という画質の変化から、驚くべきスピードで高画質化が進んでいる。もうDVD自体が古いというか何というか…。
携帯もそうだしパソコンそう…どんどんどんどん、新しくなっていく…。その技術革新について来い!というのも解かるが、余りにもサイクルが早い。その都度、新機種を購入しなければいけない…その仕組みもまた現実。

最近のテレビなんか見ていると、そこまで見えちゃう…みたいな細部まで見えてしまう。良い時と嫌な時と…まぁそれもまた現実ということで・・・。
| - | 20:49 | - | -
放射線
福島原発が原因ではない汚染が発見されている。
過去に何らかの理由に放置された放射性物質…それが身近にあるのであれば、大きな問題だと思う。
原発事故をきっかけに個人(市民)レベルで放射線測定器を用いての調査が広がっている。これはこれでいいことだと思う。
一層のこと、国が簡易測定器を自治体に大量配布して自治体が市民に貸与するシステムを構築すればいいと思う。別に高性能測定器を導入する必要もない。それは簡易測定器で異常が見られた地域(場所)に、国なり自治体なりの職員が行って再度詳しい調査をすればいいだけの話。そして汚染源を発見した市民には、何かを賞与なり名誉なり与えてもいいと思う。
今は国民全体がこの原発に立ち向かわなくてはいけない…そういう状況な訳で、あれがこうなのどれがあぁだの言っている場合ではない。
そしてこの問題は、決して東日本だけの話ではないと思う。日本全体の話として取り組むべき問題だと思う。
原発事故とは無縁に放射性物質が存在する・・・それが証明された日本。
そうであれば、今こそ国民全体として取り組むしか方法はないと思う。
| - | 20:39 | - | -
サビ抜き
いわずと知れたワサビ抜きのこと。

寿司屋での事。30代と20代(新入社員風)のサラリーマン2人組が隣の席に座った。

後輩「あの〜サビ抜きでもいいっすか?」
先輩『お前さぁ〜俺が何で寿司屋に誘ったか解かるか?』
後輩「え?」
先輩『この前のことだよ。クライアントが接待してくれた寿司屋でのこと…お前さぁ〜クライアントの前で“自分はサビ抜きしか食べられませんので!”ってさぁ。どう思うよ、クライアントは?“目の前の寿司食べませんから!”と言っているのと一緒だろ?そんなサラリーマンどこにいる!』
後輩「あっ!」
先輩『慣れてもらう為に誘ったんだよ!克服しろよ!ワサビくらい!!』

そんな会話が聞こえてきた。

自分はサビ抜きは考えられない。あのワサビが何とも言えず良い訳で…。
でも小さいときは本当にワサビが嫌だったし、大人の階段を上る中でいつしか普通になった大人の味なのだろう。ビールの感覚と一緒の気もする。
実際自分もそうだった。最初は大人の真似から入ったし・・。

そう考えるとビジネスの場面においてお前は!という先輩サラリーマンの気持ちは良く解かる。でも体質というのもあるからコレばかりは…と思ったのだが、調べたり聞いてみたりすると、

ワサビ離れが確実に進んでいるという。これも文化・時代ということなのだろうか?成人が普通にサビ抜きを注文する時代なのだという。生活環境や食生活がもたらした文化なのか・・・・。

体質ではなく文化としてワサビ離れが進むのは、自分的には哀しい限りだ…。


アルコールでもビールではなくて、カクテルや焼酎(サワー)が人気なのだという。日本酒なんて・・・という時代なのかもしれない。

それはそれで仕方がない。
でも自分が出来る限り、日本の古きよき文化は継承していきたいと切に思う。
| - | 19:34 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2011 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE