氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
東京マラソン
行ってきました!応援に!!
まぁ東京は物凄い人!でもあの雨は選手達には酷だろうなって思いますよ。ただでさえ寒いのに…。自分が走ったときでさえも相当寒かったですから…。しかも結構?かなり?待たされるんですよ、スタート前に。参加者35000人ですから仕方が無い部分もあるんですけど、本当にスタート位置での待ち時間が長い。なのでスタート前から選手達頑張れーーーって思いましたね。
走っていると本当に思うんですけど、沿道の応援が一番なんですよね。一番の活力源!自分自身、どれだけ助かったか…。なので自分も応援!応援!!
勿論、殆どというか誰も知らない人達ですが、あの姿を見るともうみんな仲間とか身内なんですよね。頑張れーーーーーーって!!正に老若男女、みんな一生懸命に、そして楽しそうに…こういうのって良いですよね。
でもやっぱり思いますね〜自分が走りたいなぁって…。本当に最高ですよ!さぁ来年だ!頑張ろう!!(ってまぁ抽選ですが…)
あと…もう一つ。忘れてはいけないのがボランティアの人達。本当に感謝しないといけないと思います。ボランティアの人達の想い…これも東京マラソンの重要なコンセプトだと思う。
| - | 18:36 | - | -
フィギュアスケート
注目された女子フィギュア…何とまぁあれだけの点差がつくとは…。
男子もそうだったが、それが芸術なのか競技(スポーツ)なのか、もっとはっきりした方がいいような気もする。
男子では4回転、女子では3.5回転(トリプルアクセル)…。
競技として考えれば、最高峰の技はそれな訳でそれをやった選手は称賛に値する。でもそれを避けて違う分野を完璧にすればそれでいいのであれば、どうもギクシャクした感じになる。
某選手が言っていた「競技なのかアイスショーなのか?」という率直な疑問は残ると思う。
総合的な判断ということなのだろうが、ある意味残酷なような気もする。
ただ一ついえるのは、フィギュアの採点方法は面白い。無作為に選んだ審判の中で、最高得点審判と最低得点審判を除外し、残りの平均を得点とするらしい。一見、ほぉ〜〜〜とは思う。その選手を一番評価した人と貶した人を除外する…。その最高と最低を除外する意味は何なのだろうかとも思ってくるが、確率統計からすればがっちり符合する。
人間がジャッジするから面白いという半面で、不公平/不公正/不条理なジャッジもあることもこれまた事実だと思う。
人生はドラマ…考えさせられる。
| - | 23:49 | - | -
東京で人に会う!
東京で人に会うことは珍しい。
まぁ人といえばどこでもいやでも会えるのが東京だが、あくまでも知っている人ということ。
今日、新宿でふと知人に会いました!お互いにびっくり!!
でも考えてみれば、地方だと普通のことなんですよね。自分自身も経験ありますが、お店であったり居酒屋であったり…行くところや人の数も限られているので、結構ばったり会ったりするんですよね。
でも東京って本当に人だらけ…なので本当に自分以外は他人状態になっちゃうんですよね。自分はそれが嫌いなのですが、現実的にはそう…。
そんな中で知人に偶然会ったりすると嬉しくなっちゃうんですよね!!
まぁ数日前に会ったばかりで数日後にも会うのですが、知人に会う!ということも東京では珍しいこと…近いよう遠くて、人がいるようでいなくて…。考えてみれば寂しくもなってきますよね。
| - | 23:07 | - | -
記録写真で終了!?
何やら某公務員が某運動?キャンペーン?をしている様子。
そこにいたのはキャンペーンの幟をもった人とカメラを持った人。そんな2人が歩いていた。
何やら話している。
「ここでいいんじゃないか?」
『そうですね、ここにしましょうか!』
ん?何だ?じっくり観察していると、幟をもった人を撮影しはじめた。確実に記録用の写真撮影。
まぁここまでは、そうおかしくは無いのだが…その後、すたすたと帰って行った。

ん??

まぁ〜自分が見る前にやっていたのでしょう!
まぁ〜自分が見た後にやったのでしょう!

悲しすぎるからそう思うようにしよう・・・・・・・・・・。
| - | 23:05 | - | -
群馬県美容組合さんのイベント
1000人のイベントでした!
いろいろありましたが、2回公演ありがとうございました!
皆様のご理解とご協力に感謝申しあげます!!
特に2回目は主催者さんに『皆さんも楽しんでくださいね!』と本人&スタッフ一同からお話をさせて頂きました。こういうイベンターさんや代理店さんが入らないイベントというのは、皆さんの想像以上に主催者さんの裏方としての苦労といいますか心労といいますか、そういう縁の下の…という見えないものが多いんです。でも同時にその“想い”の強さや熱さを感じることが出来ることも多いのですが、正に今回はそうでした。多くの主催者スタッフ
の皆さんが、本当に一生懸命対応してくださったんです。
途中、ご担当の方から「本当に素人の手作りイベントなので色々申し訳ございません」といわれました。それはプロが現場を仕切るイベントとは違うわけですから、当然あれ?何だ?みたいな事はあります。でも色々なことに対応してくださってくれようとするそのお姿は、本当に感謝感激そのものでした。今回も通常の興行やイベントでは味わえない素晴らしさを何度も感じました。そこに手作りイベントの良さがあるんです。
だからこそ…最後の2回目は、皆さんも楽しんでくださいね!という流れになったのですが、本当に多いに盛り上がってくださって袖から見ていて本当に何か胸が熱くなってきました。色々苦労も気苦労もあったであろう皆さんが楽しそうになさっている姿を見ますと…。
客席をラウンドしている時にも、何やらひときわ目立つ応援?をしているおばちゃん!?がいまして、ん?何だ?何て思って確認してみましたら、知り合いのおばちゃん!いやお姉さま!!でした!本人も気づいて…そんな光景も素敵ですよね。本当に!
最後も主催者スタッフさんで人間アーチを作ってくれて見送ってくれました!何と素敵な…そのお気持ち…嬉しかったです。

こちらこそ素敵なイベントをありがとうございました。心より感謝申し上げます。
| - | 22:42 | - | -
群馬へ!
やってきました!
地元の人に色々聞いたのですが、ここからちょっと足を運べば沢山の名所があるんですね!
まぁかくいう私…仕事なのでいけませんが...。
| - | 03:17 | - | -
選手の声
オリンピックのカーリングでは選手の声が聞こえる。何と選手にピンマイクをつけている!
何ということか!本当に画期的だ!!何処の誰が提案して承認したのかは知らないが、臨場感ある放送になるので見ている方からすれば面白い。
でもやっている方はどうなのだろうか?
もし自分だったら結構気にすると思うなぁ。独り言を…。
『くそ!』『何だよ〜』『曲がれよ!』『チッ!!』etc
幾らでもその危険性があるような気がしてならない。全部が全部マイクをオンにはしていないのだろうが、それでも…。自分なら間違いなく競技に影響する?競技後に影響がある?って気がする。
でも放送を見ているとカーリング選手は「戦術」に関することばかりで、問題発言なんて皆無。ん?そうか…カーリングってフェアプレイとかスポーツマンシップに則り…の世界だから、そういうことは心配ないということなのかな。
ということは自分は…ん〜〜もっと大人になろう!
| - | 14:53 | - | -
ふきのとう
天ぷらを食べました!いやぁ〜〜〜好き!美味しいですよね〜!!
蕗(ふき)も好きなのですが、あっちは煮物や炒め物。ふきのとうは天ぷら!なんともいえない、あの苦味?渋み?そして香りがいいですよね。子供の時に良く採っていた記憶があります。
でも考えてみれば、子供の時は山菜取り!とかいって自然から頂戴していたものが、東京だと相当高いですよね。しかも全てが小ぶり・・・。
改めて…自然に感謝ですな!
| - | 23:00 | - | -
雪?快晴?
朝は雪!昼は快晴!まぁ変な日だ…。
でも雪・・・最近多い。東京では2月で9回目…何なのだろうか?
結局は暖冬や異常気象の問題なのだろうが、どう考えてもおかしいと思う。
正しい時期に相応の雪が降るのであれば問題は無いのだろうが、本来の時期には暖冬で違う時期にっ…。
地球環境が悲鳴をあげているのはいうまでも無い。
猛暑なの局地的大雨なの南極の氷が溶けているとか…今実施されている冬季オリンピックの雪不足だって顕著な例だろう。
自然・環境…地球を大事にしないといけないよ、本当に。間違いなくもとには戻らない訳なんだから…。
| - | 22:38 | - | -
カーリング
面白いなぁ〜本当に!
何故か見入ってしまう…。まさにチーム青森&青森の人たちのお陰だと思う。前回のトリノから一気に注目の流れが変わったもんなぁ〜。
氷上のチェスとも呼ばれるカーリング。一見スポーツというよりは頭脳ゲームみたいな感覚になってしまうが、その技術は凄いんだろうなって思う。
しかし本当に何よりやってみたい!って気になってくる。絶対に難しい思うけど、戦略や戦術もあって絶対に楽しいだろうなって思う。内容的にはビリヤードやボウリングみたいにそれなりに普及してもおかしくはない気もするんだけど、やっぱり設備が問題なのかな…。
頑張れ!クリスタルジャパン!(←これはどうなのかとは思うが…個人的にはカーリング娘が好き!)
| - | 22:40 | - | -
バレンタインデー
日本では女性が意中の男性にチョコをあげる!という時代が続いたが、もうそれは古いようだ。
ラジオでやっていたのだが、女性へのアンケートで「誰にチョコをあげるのか?」という質問で一番多かった回答が【女友達!】という結果があったという。思わず『何じゃそれ!』と思ってしまった。
世界では男性からとか女性からとかとは問わずに、プレゼントを贈るのが多いらしいが、日本式は女性から男性にチョコ!…もともと商戦の一環という説もあるのだが、まぁそれはそれでも日本式文化で良いと思う。男性にとって何か、もじもじ?する日であったことも事実だと思うし、女性にとっても意味ある日だったような気もする。が、それも今や…。
文化とは変化するものだから仕方が無いのだろうが、バレンタインデーの起源としては“愛の誓いの日”なのだから、それは伝承/踏襲して欲しいとは思う。
友達でも愛があれば、同姓だろうが愛があれば、義理でも愛があれば…ん?それならばホワイトデーってどうなるのだろうか?よく解らん…。

まぁ愛はモノでは語れないとは個人的には思う・・・・。
| - | 22:38 | - | -
傘泥棒!
東京は雨…。まぁ寒い。
そんな中、銀行でお金を引き落とした。時間は夕方で行内には3人しかいないのでガラガラ。自分は我が傘を入り口近くの傘立てに入れた。そしてお金をおろす…その時間、約1分というところだろうか?
さぁ帰ろうか…そう思って出口に向かったら、何と我が傘がない!!
ん?え!なんだ!?
そのわずかの時間の中で、何者かに盗まれた!!
表現は悪いが、自分の傘以外にあったのはビニール傘数本と折りたたみ傘。この中で“普通”の傘は自分のしかなかったのは良く覚えている。
それが…。

察するに何ものかが銀行に入ってきて、傘を盗んだとしか思えない。傘がないからちょっと拝借みたいな…。
まぁ人間ができていないので頭にきた!基本的にモノを大事にするタイプなのでその傘だって相当の年数を使ってきているから愛情もある。
クソッタレ!って思いながら、次のアポへと向かわなければいけないその状況。何なのだろうって思った。結局は無き寝入り…。被害届出も出せばいいのだろうが、そうとも行かない現状…。そう思うとその犯人は、悠々と我が傘を使っている…そう思うとやるせない。
銀行とも何やかんやで、最終的にはコンビニで傘を調達…。
これって何なんだろうね…自分は普通に傘を持っていて盗まれて…それでもってコンビニで傘を買って。そいつって今、何を思っているんだろう?「良かったぜ〜」って思ってるか。せっかく盗むのならしっかりと傘を!ってか!!
何かやるせないですよね。
まぁ思いますよね…何かの縁だろう。そうであれば、その犯人も何かを感じて欲しいって。自分の歪んだ欲望の裏には誰かの犠牲があるんだよって。
まぁ大人になろうかって・・・そう思いながら、とてもとても大人になれない自分もいるわけで…でもでも、その犯人に何か気付きがあるのであれば、それはそれでいいと思う。それはその傘…充分に元を取るだけ使ってきたから…。あの時もこのときも使ってきたから…。

でも…それだけ愛情ある傘だったんだけどね・・・。
| - | 23:14 | - | -
モーグル
凄いなぁ〜本当!決勝なんかまさにドラマ。
日本人がメダルとれなかったのは残念だけど、違う感動もありますよね。
しかしあの雰囲気っていうのも良いものだなぁ。BGMっていうのは!!何か本当に合っているんですよね、モーグルに!
さぁこれからどれだけの感動が生まれるのか!オリンピック!!4年に1度だから良いんだよなぁ〜。当然、一生懸命やっているスポーツ選手が一所懸命になる・・・そこにドラマが生まれるって気がします。
| - | 20:37 | - | -
バンクーバーオリンピック!
とうとう開幕!
頑張れ!ニッポン!!
まぁ…だが、開会式の前に競技が始まるのって何とかならないものなのだろうか?閉会式やりました!…まだ競技やっています!と同じことだからね…。
後、開会式の時間…長過ぎ!入場終了まで時間がかかる(82の国と地域)のは仕方が無い。でもそれより倍以上も長い時間のアトラクションで3時間強の開会式っていうのはどう考えても長過ぎる。競技に影響があるということで開会式に参加辞退する選手も多いわけで、もう少し何とかならないのかって思う。選手には入場行進はさせてあげたい…でもあの長さだとどうなのだろうか?式典とアトラクションを完全に分けるとか…。コンサート?ミュージカル?演劇?を見ている気がする場面が何度もあった。演出的に勿論あってもいいと思うが、その加減というのが重要だと思う。
“良い加減”なのか“いい加減”なのか…。

| - | 20:02 | - | -
旧知の仲
良いものですよね!本当に!!
さくっと打合せ!のはずが、さくっと飲み!になりました。(まぁ自分的には結構頻繁!?)
何を話すわけでもない、ただただ馬鹿っ話出来るだけでも幸せなことです。
馬鹿っ話も無くて、ただただビジネス話しか出来ない人よりは、雲泥の差があります。
そういう人…大事にしないと。
| - | 23:16 | - | -
もう今となっては買うもの…そんな水。
一昔前までは水を買うなんて本当に贅沢なこと。それが今となっては…。
そもそも日本の水というのはその技術は凄くて、世界を代表して蛇口から普通に飲料水として飲める代物!不味い水の代表とされる東京の水にしても、本当は物凄く美味いということで【東京水】としても売られている。そう考えると…。例えば普通に飲める水をどれだけ無駄にしているのかな?って。
そう考え始めると勿体なぁ〜って思う。
シャワーとか洗濯とか、食器洗いとか…まだ何かに使っているのであれば良いが、歯磨きの際の水の出しっ放しなんか正に垂れ流し!あぁ〜この水は何の為に…。
20万人以上の犠牲があったハイチの地震でも、どれだけの人が水を求めたのだろうか?香川とかの渇水問題もそうだろう。取水制限...。

当たり前が本当は当たり前ではない…

そんなことに気が付く時はいつか来るのであろう。でもその時は…既に遅いという気がする。
| - | 22:19 | - | -
セトダイ -タモリ-
淡路島専門店に行って来ました!!
まぁ何と素晴らしいお店!内装とサービスが最高で、とっても素敵な時間を過ごすことができました!
そこで珍しい魚!ってことで…「タモリ」なる魚を…本名?セトダイ!呼んで字の如く、瀬戸内海で獲れるというこの魚。中々流通には乗らない珍しい魚!ということで早速オーダー!これがまた…美味!!
ザ・魚!!みたいなお店だったので、まぁ日本酒が合うあう!!魚好きの自分にとっては最高でした!!
| - | 21:14 | - | -
ビア樽
ビールの樽。よくお店で生ビール用で見かけるあの銀色の代物です。
それを32個盗んで捕まったというニュースがあった。
自分が最初に思ったこと…
「そんなに盗まなくても…随分とのんべえなんだなぁ〜」
ビール党の自分にとっては、ビール=飲むって思ってしまいました。
その犯人…“空”のビア樽を盗んでは、廃品業者に1個1000円位で売り払っていたという。その数なんと3年間で15,000個に及ぶのではないかという…1年間に5,000個…1日に13個になる。
まぁ凄い…単純計算で、1日13,000円の収入/1ヶ月で約40万、年収500万だからね。
まぁ変な意味で…それだけ世の中にはお金になるものが散乱しているってことなのか?自動販売機天国といわれるこの国、日本でもある。実際はそうなのかもしれない。放置しているものの防犯強化をしなければいけないのだろうが、他人を疑え!っていう…そんなことしなくてはいけない国になったということが、寂しい限りだ。
| - | 22:57 | - | -
嫌疑不十分
嫌疑…疑わしいこと
不十分…充分(完全)ではないこと

民主党の幹事長の問題。
検察、それも東京地検特捜部の出した結論が“嫌疑不十分”

疑わしいことは十分ではない

ということ。

【疑わしきは罰せず】

というのが原則なのであれば、罰するに値しない...というのが司法の判断なのだろう。

であれば…国会や報道でいつまでもいつまでも追求するのはどうなのだろうか?
三権分立で、司法・立法・行政。その司法が認めたことを、他が違う!というのはどういう根拠なのだろうか?裏を返せば、司法は認められていないということと一緒だろう。司法の判断に矛盾を感じたから国会で追及する!…そうであれば司法とはどういう存在なのだろうか?

いろいろな事情はあると思う。でもいつまでもいつまでも…もううんざりという気がする。

検察VS小沢幹事長と煽りに煽った報道は、一体どういう責任を負うのだろうか?

そもそも嫌疑不十分という言葉が気に食わない。一方的に司法が正しいという観点での言葉だと思う。

本来であれば・・・・調べたが起訴には値しない。その判断は誤りだった。

そういうのが、有罪かもと判断して吊るし上げ、最終的に無罪だろうな…と判断した人へのせめてもの償いなのではないだろうか。
| - | 00:21 | - | -
車の上に豆
我が愛車の上に豆が多数。
ん〜〜〜ピンとは来た。節分の豆まき……。
子供は悪くない…悪いのは親だろう。そんなもん外にまけばその下に落ちるのは当たり前な訳で…。とにまぁ最近の馬鹿親め!
そんなこと思いつつ我が愛車の豆を落とす…
ふと考えた…自分が子供の時、親の目を盗んで窓から何も考えずに豆とか投げてたかなぁ〜〜〜?ん?庭に向けてだよなぁ〜確か!?

…ま!ここは大目に見てやろう・・・・・・。
| - | 21:59 | - | -
電車で嘔吐する女
深夜の電車。
我が耳にこんな音が聞こえてきた。
『ドバ、ブチュ、ビチャ・・・・』
もう直ぐに解る…見たらドア付近に立っている女性(推定20代後半)が、そのドアに向かって吐いていた。ドアに思いっきり汚物が着いている…。

オイオイオイオイオイ・・・

そう思うも東京の人間は慣れている。真横に座っているサラリーマン風の男性も参っちゃうな〜って顔しながら、決して席は離れようとはしない。汚物よりも席の確保が優先という摩訶不思議?現実的?な理論が存在するのが東京。

田舎出身の自分のとっては、耐え切れない…。

そう思っている矢先、直ぐに次の駅に到着。ドアが開いたのはその女のいる方向だ。「あぁ〜〜〜可哀想に…戸袋!」そう思ったのは自分だけだろうか…。その女どうするのだろう?って思っていたら、さっさと降車した。
観察していると何とまぁしっかりとした足取りで他の降車客に溶け込み歩み始めた。これが都会の怖さ…いまやもう、パッと見普通の女。

汚物を俺たち乗客に放置しておいて、お前は何じゃ!

そんな思いにかられながらドアが閉まり、電車が動く。そうしたら見てしまった…その女の本性を!

何とまぁ歩みを止め、振り返り乗車位置に並び直したではないか!!

え!何!!

まぁまぁまぁ…百歩譲って、吐くのも仕方が無い部分もあろう!(でも解るだろう!吐くか吐かないかくらい!吐きそうだったら公共交通機関に乗るな!)でも…吐いた電車をほったらかして次の電車に乗ろうとするその根性…そこがいけない。次の電車で吐いたのかどうか知らないが、あの黒眼鏡の女はそのことをどう考えているのだろうか?

人間誰しも失敗はある…でも人に迷惑かけたらそれなりのことはしないといけないと思う。

今でも思う…自分が見た電車で吐くシリーズの最高の人間。

自分のカバンに吐いていたからね…。

迷惑な人なんだけど…個人的には表彰ものだと思う。あの男性…いい人生を送っていると思う…そうであって欲しい。
| - | 22:43 | - | -
朝青龍:引退!
横綱朝青龍が引退を表明した。
そうせざるを得ない…というのが、本当のところかと思う。一般人に対する暴力(疑惑?)が原因だが、今回ばかりは仕方が無いと思う。過去にも様々な問題を起こしては来たが、今回は話の次元が違い過ぎる。先場所の優勝力士、優勝回数も25回で一代年寄り級の名横綱。それがこんな形で引退とは…勿体無いけど仕方が無い。
自分自身、台頭してきたときからの朝青龍のファン。変わらぬやんちゃというか形振り構わないその言動、やりたい放題、お騒がせ、暴れん坊、悪童…いろいろな形容詞はあるのだが、喜怒哀楽が解りやすいストレートな力士だったので好きだった。簡単にいえば今までにいない力士像。しかも強い…。
ライバルがいてこそ物事が成り立つとも言う。朝青龍のポジション的にはヒールの扱いだったのだろうが、ヒーローだってヒールがいないと成り立たない。あんなスーパーヒールはいないと思う。
若貴ブームからの相撲界を引っ張ってきたのは、間違いなく朝青龍。その功績は大きいと思う。
今後、相撲界がどうなるのか…注目される。でも不思議と期待感は薄い。
| - | 23:14 | - | -
恵方巻き
すっかり全国に有名になった恵方巻き。
元々は近畿(関西)地方での風習で節分に恵方に向かって黙って願い事を浮かべながら太巻きを丸かじりする!というのが習わしという。
まぁ全国区になったのは、バレンタインデーのチョコと同様に企業戦略なのだろうが、今となっては太巻きではなく、カツやらお菓子やらケーキやら…なんでもかんでも恵方巻きになっているという。
これって何だ?本来の意味は?古きよき風習が…って気もする。
流行りもの好きの日本人とも揶揄されるが、最低限の本髄くらいは…って気もする。恵方巻きと名付ければ何でもOKなの?みたいな…。
まぁそんな商戦に乗ってしまう方も…ん?自分ですか!?某コンビニがキャンペーンやり始めてから…毎年買っております!!・・・・・?
| - | 22:29 | - | -
雪でしたね…。
完全にどっぷりがっちり遭遇しました…。

こんな日に限って車での仕事。
雪の情報は聞いていたので、早めに帰ろう!と思っていたんです。雪国出身なので雪の怖さを知っているつもりですし…。
でもまぁ何と想定外の時間から大雪になり、既に高速がチェーン規制!
あちゃーーーやってしまった!
行ける所までは行くか…って考えるも、山間部の積雪なんてゆうに15cmもあり…完全なる立ち往生。我がJAFに問い合わせするも…『最低でも3時間はかかるかと…』
何やかんやと…自宅に戻ってくるまでに

【8時間】

かかりました…。

大変素晴らしい人生経験と教訓になりました・・・・・・・・・・。
| - | 21:28 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
<< February 2010 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE