氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
職業病!?
観光をしていると思われる家族に写真撮影を頼まれたんです。何故か解らないのですが、写真撮影や道案内とか頼まれることって多いんですよねぇ。
まぁ普通に『じゃぁ撮りますよ〜』という流れに…。
そこで出た言葉…
『せ〜の!どんだ…』
人間って怖いですよね。
実は本ツアー[IKKO 09〜愛をこめて〜]のファーストクラスのお客様には本人との写真撮影があるんです。毎回100名前後のお客様とツーショットを撮っているのですが、そこでの合言葉が…「せ〜の、どんだけ〜!」「せ〜の、あげあげ〜!」なんですよね。
で…出てしまったのが先ほどの言葉。職業病といえばそうなんでしょうが、相手にとっては????その家族、はぁ?見たいな表情・・・自分自身、恥ずかしいやら情けないやらで…。気を取り戻すも何ももうこうなったらぱっぱと勢いで…
『ハイ!チーズ!!』

人間…慣れって怖いものです。
| - | 23:51 | - | -
香川→徳島…今、福山
ということで、今広島県は福山市に来ています!というか先ほど到着しました!
現場終わって深夜のバス移動…結構、こういうケースって多いんですよ、実際に。
出演者とスタッフとは別のバスで違うところに移動しているので、我がポジション的にはツアマネ(ツアーマネージャー)。制作の人やイベンターさんが一緒だとまた違うのですが、いないので私が陣頭指揮をとらないといけない…ということは寝れないんですよね!というよりも我が役目は寝ないでツアーを遂行すること!という自分のポリシーでしょうか…。
冗談ではなくてツアー中って何があるか本当にわからないんです。事故とか故障とか、病気とか体調とか、間違いとか…。そういうときに誰かが起きていないといけないですし、その役目は運転手さんではないんですよね。運転手さんは命を預かっている使命がある…でも自分の立場ではある意味でツアー全体の命を預かっている使命もあるんです。
まぁ行こうと思った道が工事中というちょっとしたアクシデントもありましたが、予定通りの時間と休憩タイムで行けたのでチョベリグでした!(←死語!?)
部屋でビール飲んで寝よう!と…ん〜〜〜〜目が冴えてきた!!
明日は朝から山口にバス移動…早く寝よう!!でも…もう一本飲もう!!
| - | 03:08 | - | -
愛媛から香川へ
愛媛から香川へ!
移動は何と二階建てバス!何かとても嬉しかったですねぇ!何より目線が明らかに高いので、他のバスをも見下ろしてしまうこの感覚。もう何というか…。トンネルなんかはぶつかるんじゃないかって思いましたよ。一番前に陣取ったのはか弱き乙女たち!・・・?さぞナイスなバス移動を堪能しているだろうと様子を見ていると何やらキャーキャー言っているんです。何?と思ったら大きなフロントガラスにぶつかる虫の事でした。
車を運転しているとわかると思うのですが、高速道路を走るとフロントガラスにぶつかってくる虫の数は少なくないですよね。特に夜なんかは物凄い…。その虫達(実際は既にぶつかって妙な液体が付着しているのですが…)に乙女軍団が反応していたんです。自分なんかは虫がぶつかるたびに「くそ〜ガラスを汚しやがって!」といつも思っちゃいます。あれって汚れが落ちにくいんです。男性と女性の感覚って違うものですよね。
途中のサービスエリアで愛媛名物のじゃこ天を食べ、香川に入りました!
香川といえば讃岐うどん。ツアーのメンバーで6玉(店)食してきた人がいたんです!6玉ですよ!!全部味が違うって話していました!へぇ〜って素直に感動!
しかし…香川って夜うどんなんですね。締めはうどん文化があるんですね。普通のうどんやさんの開店時間が17:00〜27:00とかというお店多かったです!
夜はスタッフさんとの食事会!外観からして小さそうなお店…人が多いので全員入店できるのかな?と思いましたが、奥に大きな部屋が…。つかの間でしたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました!
さぁ今日から三日連続公演&深夜移動が続きます!頑張ります!!
| - | 07:04 | - | -
キャリーバッグ
旅行には欠かせないキャリーバッグ。最近では通常のビジネスライフにも使用しているビジネスマンを良く見かけますよね。
そんなキャリーですが、私は3つ所持しています。大中小って感じで・・・。その中の小君は余りの酷使(重量オーバー)に使い始めて10日位で足(車輪)が壊れる重症を負ったんです。基本的にものを捨てられない(良くいえばものを大事にするタイプ)なので、そにキャリーに補助足を装着して長い間使用していました。まぁツアーのメンバーには「早く買いなさい!」「ださい!」等々散々に言われましたが、何か可哀想なんですよね。たった10日位でさようならでは…。
まぁそんな小君を使い続けてきたのですが、新年度ということもあって今は中君が活躍中です!ちなみに大君は、殆ど使用していないんです。勿論一番荷物が入るので良いのですが、ツアーとかの団体で移動するときはなるべく私物を減らすのが鉄則。タクシーのトランクでも自分の荷物だけで殆どを使用してしまっては団体行動の元も子もないですからね。なのでツアーが多い自分にとっては、大君は殆ど出動が無いんです。今では?購入してから?事務所の倉庫に眠ったままです・・・。
そんなキャリーバッグ三兄弟ですが、今や使用しなくなった足を故障している小君…今も尚、我が事務所にいます。補助足君も一緒に…ん〜〜早く処分するか。足さえ問題なければまだまだ使えるのですが…あぁ勿体ない!!
| - | 00:40 | - | -
ホテル
仕事柄全国のホテルに泊まることが多いんです。リゾートホテル、シティホテル、ビジネスホテル、温泉…本当に多くのホテルに泊まらせて頂いています。(ラブホテルはありませんが…!?)そんな中で何よりビジネスホテルの充実振りには本当に驚きますよ!
へたなシティホテルのシングルよりは、断然上の造りになっているんです!
この前泊まったホテルかは、空気清浄機/加湿器/ズボンプレッサー/十分な大きさのあるテーブル/リクライニング付きのチェア(革タイプ)/卓上蛍光灯/マルチチャンネル/十分なバスタブ/カフェテーブル&チェア/毛布/消臭剤…これら全てが部屋にあるんですよ!もう最高という以外にありません!!間違いなく過去に泊まったビジネスホテルの中では最上級でした!!!
考えられますか?この設備…しかも部屋もベッドも広くてダブル?みたいな感じでもありました。空気清浄機&加湿器、ズボンプレッサーも普通はフロントに頼んで持ってきてもらうレベルだし、シングルでカフェテーブル&チェアなんて普通無いですよ。何と素晴らしいホテルだ!って思いました。間違いなくそこらへんの何ちゃってシティホテルよりはましです!しかも値段がリーズナブル!!絶対にお勧め!!!
考えてみればツアー中ってホテル滞在時間が6時間も無いってこともあったりするんですよね。チャックインしてすぐ寝てすぐ起きて…自分自身の最短滞在時間は3時間。チェックインしてビール飲んだらチャックアオウト(集合時間)まで2時間…起きてから準備する時間を考えれば寝る時間なんて…でもその空間って大事ですよね。
唯一の自分だけの空間…ただ寝るだけでは無いことも沢山あるんですよね。
ホテル…それも様々です!
| - | 00:44 | - | -
節度あるヤジ!?
党首討論を控えて「節度あるヤジを!」と与野党間で申合わせているという。
でもどうなのだろうか?この言葉…
節度あるヤジ?ヤジは結構だが節度をもって…?
人の話は黙って聞きなさい!とは子供の頃にきく言葉。大人になるとなぜこれがOKになるのだろうか?
小学校でも中学校でも、高校、大学、社会・・・・どの時も人が話しているときは黙って聞くというのが普通で当たり前だったが…。
一部では「ヤジは議会の華」と言われるそうだが、本当にそうなのだろうか?
本来であれば一番人の話を聞かなければいけない議会がそう表されるということ自体…事態がおかしいような気がするのは自分だけだろうか?
節度あるヤジ よりも 節度あるオヤジ を申し合わせた方が良い様な気もするが…。 
| - | 20:47 | - | -
東京で新型インフルエンザ発生!
対象の高校生の学校も移動手段等、何でも報道されている。勿論、感染したかもしれない人達に知らせる為には必要なのかもしれない。そんな中、発症した学校の校長が謝罪し涙し…そしてその高校生は責任を感じて泣き詫びているという。
「申し訳ないと…」
でもこれって真義の意味で詫びるべきものなのかって思う。仮に東京圏(首都圏)で拡大したら、この高校生が発生源で一番悪い人なのだろうか?自分はそうは思いたくない。というより思えない。仮にそうレッテルを貼られるのであれば、余りにも可哀想だ。心の傷ってどうなるのって…。
潜伏期間の問題もあるし、東京発の発生源=高校生…これって本当に正しいのかって思う。でもこういう場合、発生源探し(実際問題は犯人探しなのだろうが…)ではないと思う。自己努力あっても不意に感染する場合もある訳で、誰がどうこうという定義には当てはめられないと思う。
空港での水際作戦というものも不発に終わった訳で、もう既に日本国内全域に菌は蔓延しているのだと思う。仕方が無い…これだけ地球規模で発展した世の中なんだから。
誰のせいとかではない…ただただ冷静に、予防と対応をしっかりすればいいと思う。
食事以外はマスクをしていたという高校生…彼女が悪いのですか?学校が悪いのですか?家族が悪いのですか?彼女に移した人が悪いのですか?その移した人が悪いのですか?
貴方がそうなったらどうしますか?
人間には見えない敵と戦ってるんです。誰がどうこうではなくて、同じ人間として想い、ウイルスに対応すればいい。…そう思う。
| - | 21:59 | - | -
久し振りの東京!
一週間の出張から東京に戻ってきました!
いやぁやっぱり自宅は落ち着くなぁ〜(まだ帰宅していませんが…)
事務所に着くまでに感じたこと…
 /佑多い
 △擦錣靴覆
 マスク姿が少ない
 げ燭静寂
´△賄豕なので…当然というか日常の見る風景ですが、改めて感じますよね。凄い人って…。
については、大阪/神戸から帰って来たので何か東京が変に感じました。最初大阪に入った時には、マスク姿が多いことが異様に感じたのですが、何日間か関西にいただけでその光景に慣れてしまったんですよね。この東京がマスクだらけになったら本当に異様だと思うなぁ。
そしてぐ貊鬼屐△困辰斑賃旅堝阿覆里念貎佑砲覆襪叛甜笋辰撞い砲覆蠅泙靴拭え?これでいいの?静か過ぎない?みたいな…。基本的に人間が好きなので、あぁだこうだと皆んなでしている方が好きなんですよね。
まぁとはいえ、つかの間の東京戻り。東京で出来ることをやらなくては!と思いつつ、事務所に着いて一服しようと思ったらどこかで見ていたかのように早速電話が…早速、2件のアポが急遽入りました!
まぁでも今日は自宅でゆっくりしたいですね、首を長くして待っている人が………いません…。・・・もう少し仕事して帰ろう...。
| - | 17:54 | - | -
マスクだらけの世界
大阪から神戸に来ました!
報道でもわかるように、今日本で新型インフルエンザが感染が発見されている地域だけあって、至るところマスク姿の人。ある意味、異様な光景。
あっちを見てもこっちを見ても、マスクマスク…。
防止の為、仕方の無いことですが、何じゃこりゃ?っていう気にもなります。かくいう自分もマスク姿ですが…。
新型のインフルエンザ、弱毒性ともいわれています。
余りに過敏にはならず、予防の徹底と冷静な対処対応が必要なのかなと思います。
そうそうスタッフが言っていました。
『平日の昼間なのに子供とか学生が多いんだよなぁ』
休校措置をした学校が多いのですが…。
| - | 09:42 | - | -
結婚!
不肖:氏家ではありません・・・・・・・・・。
我が知人が結婚とのこと!本当に嬉しいですよね!
この知人、何というか本当にいい人間(やつ)なんです。付合いは古くて、もう20年近く?…ん?違うか?まぁ15年以上には間違いないんです!
学生時代はイケメンで(まぁ不肖:氏家と比べると2〜3段階落ちますが…)もてた男なんです。それでもってビリヤードもプロ!まぁ凄い人間(やつ)なんですよ!
自分的には本当に色々助けられた人間(やつ)なんですよね。あえてからかってみたり、ふざけてみたり…いまでもメールでやってくれるんですよね。そういうのって自分的には、本当に心のオアシスみたいな感じなんです。
だから大事に大切にしたい人間(やつ)なんですよね。
そんな人間(やつ)が結婚…嬉しいですよね。良かったなぁ…って。
そんな報告があったのですが、今ツアー真最中で本当に時間が無いんです。現場って本当にそんなものなんですよ。あるとすればこの時間…じゃぁ電話もメール(携帯)も送れなくて、それが何か本当に悪いなぁって…。だからこの場を借りてです!
結婚おめでとう!良かったなぁ!

俺も…頑張ります!!!!!!!!・・・・?
| - | 00:55 | - | -
大阪!
大阪に来ています!
地方(出張)が続くと本当に自分が今どこにいるのか、今日は何曜日なのか…そういうのが不思議と忘れるんです。
今、ツアー真最中なので余計に、今どこにいるのかが判らない今日この頃です!
ん〜こんな大阪の中心地にいるので、せっかくだからたこ焼き?お好み焼き?でも食べていきますか!!

ん〜無理っぽい!?
| - | 23:27 | - | -
三重:津から静岡へ
深夜バス移動してきました!
東名高速(阪神高速)って、本当に物流の大動脈ですよね。大型トラックばっかりで、その光景はシルエットとしては美しくもあり、現実問題としてはただの渋滞であり、いずれにせよ異様な光景ではありますよね。
これが宅配便や新鮮食材やら種々の最高のサービスを支えている現場なんですよね。深夜の時間との戦い…。市民のサービスに日夜努力している物流運送業界…ETC割引に関して本当にいろいろ考えさせられます。
そんな光景を目の当たりにしながら、我々もある意味深夜の戦いをして静岡入りしました!
さぁ本日、頑張りましょう!

| - | 04:23 | - | -
最終電車。
ただでさえ地方(出張)の多い業界。ましてや今月から全国ツアーがスタートしたものだから、本当に東京にいない。まぁインターネットやパソコン、携帯電話の時代なので、やれFAXだ事務所だという訳でもないのだが、東京でしか出来ないことはやはりある。
なので東京に戻るともう過密スケジュールになってしまう。限られた東京在住の時にどう時間を使うのか…。
まぁ結局はあれだこれだとやることがあって、結局はいつも終電になってしまう。
まぁ忙しいことは良いこと…そう思うことにしよう。
| - | 01:47 | - | -
子供に見せたくない番組
日本PTA全国協議会(2008年度調査)によると、保護者が子供に見せたくない番組の1位:ロンドンハーツ(テレビ朝日)で6年連続。2位:クレヨンしんちゃん(テレビ朝日)、3位:志村けんのバカ殿様(フジテレビ)、4位:めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)。
逆に見せたい番組の1位:世界一受けたい授業(日本テレビ)で3年連続。2位:どうぶつ奇想天外!(TBS)、3位:Qさま!!(テレビ朝日)と篤姫(NHK)だという。
それぞれの番組に制作意図があるので一概には言えないが、保護者として子供に悪い影響があるという判断なのだろうと思う。ただこれだけの長い間、番組として成立しているということは、それだけ視聴率が良くて人気番組ということでもある。その昔、ドリフターズの番組も見せたくない番組の常連だったことを考えれば、ある程度年齢がいってから…ということなのだろうか?
ただまぁ個人的にいえば、教育の観点でいうのであれば上記番組よりもたくさん良い番組も悪い番組もあると思う。家庭で子供がテレビを見る見ないの問題は、保護者が見せる見せないの問題であり役目。昔、テレビを強制的に消されたり替えられたりしたことを思い出したりもするが、今は携帯電話でテレビが見られる時代。そう考えれば、親の教育が一番重要ってことなのでしょう。
| - | 19:50 | - | -
赤提灯のお店
行って来ました!
まぁこのお店、17時にはもう満杯という大繁盛のお店。18時前に行っても待ち状態という何とも凄いお店なんですよね。確かにそれぞれ新鮮で美味いので納得のお店なんです。
そんなお店のホッピーは最高な味なんです。ホッピーをこよなく愛する人が言っているのだから間違いない筈。
調べてみると物凄く有名なお店らしく、あれだけお客さんが入っているのもわかる気が…。
赤提灯には赤提灯の良さがあるんだよなぁ〜って本当に思いました!
| - | 23:45 | - | -
打上げ!
打上げって良いですよね。
同じ境遇で、同じ想いをして、同じく闘った…そういう時って正に呼んで字の如く戦友って気がしますよね。
【共通の話題=想いの共有】
これって本当に大切なことで尊くて、実は稀なことだと思うんです。
個人主義(尊重)という名の我がままが普通に存在している現代社会にあって、組織、団体、仲間というものの真の意味での良さを履き違えているケースも多いと思うんです。
そう考えれば、同じ瞬間を共有したもの同志の打上げって、ある意味コミュニケーションの最たるものでもあるんですよね。
性別、年齢、キャリア、ポジション、性格…全てが違うのに、ある一つの空間を共にした…これだけで違うものでも共通のものが生まれる。これが最高の瞬間でもあるんですよね。
たかが打上げ…されど打上げ…
一見簡単そうで単純そうで楽そうで…でも実際は物凄くドラマが潜んでいる様な気がします。


| - | 02:33 | - | -
金沢から松本へ
金沢から松本まで夜走りしてきました!道中、バスがエンジントラブル!?みたいになったりと色々ありましたが、何とか無事に到着!!
いやぁ松本…何か懐かしいですよね。2003.4〜2005.3にかけては、当時所属していたnative(ネイティブ)というバンドが松本周辺出身ということで、本当に良くここに来たものです。バスから眺める松本の街並みに何か心に来るものがありました。そのバンド(native)が初のコンサート【native SUPER-LIVE [ロックで歌う!信濃の国] 〜Concert Number 1〜】を実施したのが、松本文化会館。主催が長野県松本文化会館、長野県、長野県教育委員会、テレビ信州、FM長野、弊社:フロンティア・ロードでした。もうあれから4年半経つんですね。その後、nativeは解散してしまったのですが、自分自身の胸に本当に厚く熱く刻まれているんです。弊社としても大げさかもしれないけど命がけでやりましたし、彼らもそうでしたから。今はそれぞれ違う道を歩んでいるようですが、今尚、あのときの事は鮮明に覚えています。本当にありがとう…。
そして明日?もう今日ですね。全く同じ会場で【IKKO 09〜愛をこめて〜】が開催されます!(是非ぜひ足を運んでください!)そう考えると本当に心に来るものがあります。
松本の地で…またコンサートを開催できる喜びを胸に…心を込めて頑張ります!
| - | 03:15 | - | -
居酒屋の店員
某居酒屋でのこと。
総勢10名以上で居酒屋に向かった。入口で靴を靴箱(下駄箱)に収納して店内に入る形式。まぁ10名以上も入れば早い遅いが出てくる訳で、一部が立ち往生状態に…。
それを察した一人の人間が女性店員に「じゃぁ案内してください」とお願いすると『いやっ全員揃ってからで…』と返す店員。まぁねぇ…そう我慢すること数十秒。今度は自分自身が待つ限界に…もういいだろ!と感じてきて同じ事を店員に告げると同じ答えが返ってきた。その理由…『店内が複雑なので迷ってしまうので…』
そんなことあるか!?小学生でもあるまいし、一店内で迷うかって!修学旅行でも団体旅行でも無い訳で…何で店員に集団行動を強制させられなければいけないだって!席を誘導してくれれば、誰かが逸れればこっちが対応するわ!って。
というよりもガラガラの店内なんだから、客を待たせるより一人対応じゃなくて暇している店員を使って複数で対応すれば言いだけの話。
マニュアルでそうなっているのだろうが、客がそれで良い!というのであればそうするべきだと思う。実際問題、入口から2回か3回曲がるだけで席には着いた。
仮に急用とかで携帯電話で話している人間がいたら、この店員はその電話を待って靴を収納してから誘導したのだろうか?非常に興味深い…。
そんな事で非常に気分を害しながら入店した某居酒屋…。でもまぁアルコールが入れば、それはそれで楽しくなるもの。そんな事も忘れて飲んでいた。そしてトイレから帰ってきた人が言った一言…。
「場所わからなくて迷っちゃた〜」
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
| - | 02:14 | - | -
地方の人間 と 東京の人間
地方のコンビニに行くといつも何か嬉しく、気持ち良く感じるんですよね。
それは何故か…確実に対応が良い!人間味を感じるというか…。
普段の生活(東京)でコンビニに行くと、自分が懇意にしている某コンビニのおばちゃん軍団を除いて、いつも何か疎外感や機械的な感じで冷たさを感じるんです。中にはこっちの顔を全く見ないような対応を受けるときもあれば、決められた言葉以外何もいわない店員もいるんですよね。何度「領収書ください」『・・・・』「領収書ください!!」『あっはい…』みたいなやり取りをしたことか…。
ところがどっこい地方の店員さんは良い人が多い!今日だって可愛らしい笑顔と対応…本当に気持ちがいい!
何が違うのか…人間味に尽きる気がするんですよね。
東京ってやっぱり他人行儀。余りにも人が多過ぎて、時に“人込みが人混みであって人ゴミ”になるのが大都会東京。まさに隣は何をする人ぞ…。人口密度が高過ぎるのも大きな要因ではあるけれど、人間味を忘れたら本当に意味はないと思う。誰が何しようが関係もなければ関心もない…人間同士の繋がりで存在している現実を考えれば真義でもおかしな事だと思う。(人間社会としての真義が無いから真偽が無いのかもしれないが…)
まぁ東京に住む殆どの人が地方出身ということを考えれば、東京という環境が人間を荒廃させている部分は大きいと思う。
東京より地方のコンビニに良さを感じる…東京は人間を荒廃させる環境がある…そう言っている自分自身も、今は東京の人間なんですけどね。
東京…でもでも、良いところもたくさんあります!ハイ!!・・・?
| - | 18:41 | - | -
富山!
富山に来ています!
あぁあそこに“ぶり大根”がお美味しい店があったなぁとかって思い出したのですが、我が業界って、地方(出張)が多いんですよね。これだけ出張が多いと本当に「行ったことあるけど前回はいつ来たのかなぁ?」って思うことって多いんですよね。
今日もホテルに着いて初めて「あぁココに来たなぁ」って初めて気が付きました。
まぁ地方に行っても観光地に行くわけでもないので、駅とか空港とか会場とかしか行かないことが多い訳で仕方がないのかもしれませんが…。
47都道府県は制覇したのですが、まだまだ行っていない名所って沢山ありますよね。狭い日本…でも広い日本でもある訳で。
日本人なら日本を探求しないといけないですよね。
ん〜今日で富山を離れます。行った名所…富山空港と駅と会場と…まぁこれが現実ですわな。
| - | 23:18 | - | -
男性の女声
我が事務所の近くのコンビニの店員さん。
先日、何気なくレジに向かったら「いらっしゃいませ〜」の声。それを聞くと同時に店員の顔を見てしまったんですね。普段、コンビニ店員の顔なんていちいち確認しないじゃないですか!?でもそんなコンビニのレジで耳に入ってきた声に即反応してしまったんですね。解りやすくいえば男性の女声。解ります?男性が女声を出した時の様な声だったんですね。
ん?ワザと?無理やり?地声?
別に偏見も何も無い自分なのですが、どうも気になってしまったんですね。見た目は普通の男性。が、何故か声は…。
でもそれが地声なら…そう思うと何かアレコレと詮索するのは止めました。
普通の男性の声は…そういう先入観というのはありますが、人にはそれぞれ事情があって、人それぞれ違う個体であることは紛れも無い事実。
男と女、男はこうで女はこう!
そう決め付けるのは簡単ですが、必ずしもそうではない現実がある。身長・体重・性格・身体的特徴…この世の中に一つとして同じものは存在しない訳だから、普通の男(女)は…通常の男(女)は…こういう断定的な定義はおかしいって思いますよね。
同じ人間…そういう気持ちが大切ってことだと思います。
| - | 21:38 | - | -
IKKO 09 〜愛をこめて〜 全国ツアースタート!
全国30ヶ所の全国ツアーがスタートしました!
初日は東京:渋谷のCC.Lemonホール!約2,000名の方々と共に初日を迎えることが出来ました。
PARCOさんでのイベントもあって大忙しの一日となりましたが、サプライズで多くの著名人の方にもステージにお呼びしたりと、本当に華やかなステージになりました。テレビ取材も多く入っていたので、報道でご覧になった方も多いと思いますが、残り全国29ヶ所の IKKO 09 〜愛をこめて〜 是非ぜひ足を運んでくださいね。
| - | 23:11 | - | -
リハーサル→全国30公演へ
いよいよ【IKKO 09〜愛をこめて〜】全国ツアーのリハーサル最終日!
そして渋谷のCC.Lemonホールからツアーのスタート!これから全国でどんなドラマが生まれるのでしょうか!
皆さん、会場でお会いしましょう!
| - | 01:39 | - | -
新型インフルエンザ
ロサンゼルスからの成田の20代女性、カナダへ修学旅行の横浜の17歳の男子高校生…新型インフルエンザの日本一号か!?と疑われた人達だ。結果として2人とも新型インフルエンザでは無かった訳で良かったと思う。
一方で報道の結果を懸念する部分もある。この高校生の場合、校長、病院、学校の映像が出た…仮にこのケースが新型インフルエンザだった場合、この高校生はこの先どう生きていったのだろうか?
難しい判断ではあるが、あたかも当該…という姿勢はいけないこと。慎重にやらなければいけないと思う。
ただ今回の新型インフルエンザ。今、空港で検疫が実施されているが、潜伏期間を考えるだけでも、どう考えても万全ではない。しかもこれだけ人類が世界中を行き来し、どの国に行っても日本人がいると揶揄される時代。日本は島国だから空港と港を検疫すればウイルスは入って来ない等という考えは見えないウイルスと戦うには甘過ぎる。ある番組でコメンテーターが「空港とかでしっかりやったとしても、密入国など…」と言っていたが、強ち大げさな話でもないと思う。
この新型インフルエンザがどう人類に影響を及ぼすのかは、解明できていない。様々な状況があるのだろうが、色々な意味で平和ボケはいけないということだと思う。
| - | 22:23 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2009 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE