氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
生きる希望という存在
何かあるんだなぁ…って気がする。
どんな状況であっても、その存在のために…って。
ん〜〜〜だから人間って生きられるんだなぁ。
| - | 22:17 | - | -
タクシーの道路占拠
昨日の夜、タクシーに乗りました。大通りを通るたびに思うこと…タクシーばっかり!まぁ何年もそんな感じですが…。
我が事務所から246(国道246号線)が見えるのですが、今現在事務所から見える範囲で、歩道寄りの一車線は全てタクシーが占領している。数にして…16台。100m位であろうこの範囲に16台のタクシー。多くのタクシーに使用されている車種で調べてみると全長約4.8m。そんな車が16台で単純計算で76.8m…。交差点や駐車場出入口には停車していなく、その他にも車間距離もあるわけで…その駐車?停車?待機?タクシーの多さは想像できると思う。本当に道路を占拠って感じだ。
今、一分間観察してみた…22台通った。そのうち…タクシー21台!はぁ?って思ったがこれが現実だ。もう一回やってみた…タクシー21台、その他8台。
どう考えても東京都心部のタクシーは飽和状態だと思う。
もし仮にこのタクシーが半分になったら、どれだけの渋滞が減り、CO2が減るのだろうか?規制緩和という言葉の魔法で、競争原理を持ち込みサービス向上、雇用促進!雇用確保!とかと表向きだけの表面上だけの論理は結構だが、その下では現実の問題として、乗務員の賃金減少などが叫ばれている…タクシー業界は乱れているのが現状だろう。
勿論、路線バスと肩を並べるくらいの人員輸送している交通機関でもあるわけで、重要なものであることは間違いない。
ただ今はどう考えても多過ぎると思う。世界の主要国は規制をしているというが、日本ももう一度過ちを認めて規制した方がいいと思う。
ニューヨーク→約12,000台に規制
ロンドン→約20,000台に規制
パリ→約15,000台に規制
そして…東京→約55,000台
どう考えても多い・・・というより異常。
何が正しくて何が誤っているのか…。
法律だろうが、条令だろうが…間違った!誤った!と思ったら、戻すとか変えるとかそういう姿勢も当然だと思う。
居酒屋タクシーを取り上げるのも結構だが、もっと普通のタクシー問題を考えるべきだと思う。

もう一度、事務所から道路を見てみた。さっきより2台増えて18台になっている…。
| - | 23:16 | - | -
インフルエンザ
日本全国で猛威をふるっているインフルエンザ。
まぁ電車、レストラン、喫茶店…人が集まるところにいくと、あたかも当然のように
“ゴホゴホ”“ゲホゲホ”
オイオイオイオイオイオイ!!って思ってしまう。
まぁ中には気管支炎の人もいるのだろうし、癖?の人もいるのだろう…。それは仕方が無いが、中には確実に菌を撒き散らしている人がいると思う。
・・・・・責めてマスク位しろ!
先日、喫茶店に行った時のこと。席が背中合わせになっているところで、解り易くいえばファミレスの配置というか…。自分の後ろの女性客が何なのかゴホゴホしているんですよね。一緒の客に気を遣って、正面では咳をしないのですが、斜め後ろ方向に向かって咳をしやがる!って俺の方向じゃい!!
あなたとあなたの知り合いの方は良いかもしれないけど、他の人はどうでもいいんですか?って思う。
咳というのは想像以上の威力で菌を撒き散らす…もう少し、人のこと考えましょう。本当に…。
| - | 23:02 | - | -
ステーキを食べる!
ステーキを食べてきました!
私は基本的に魚介類好きなので、肉と魚といわれれば魚なんです。勿論、肉も好きですけど、焼肉よりは銀だらの西京漬けにそそられるんですよねぇ。
そんな自分ですが、今日は訳あってステーキ!
いやぁ〜〜何というか…満喫出来ましたよ!肉を!!あれは美味い!!!
どんどんガツガツいけちゃうんですよねぇ〜不思議なくらい。やわらかいし、美味しいし!!
基本的に食事は環境(状況)を重視するタイプなんですよね、実は…。だからどんなお店よりも、一緒に行く人が重要でその他は雰囲気とか…。その後に味…。
今日は一緒の方は申し分ない訳で、後は味だったのですが…これがまぁ良かったから、何重の喜びでした!
さっき調べてみたら、超有名店!!なるほどなぁ…って思いましたね。あれだと納得です!
“肉”…満喫しました!!!
あぁ…明日は、銀だらの西京漬けを食べたい…。
| - | 23:08 | - | -
ETC
ご存知、ノンストップ自動料金収受システム=ETC[Electronic Toll Collection System]国土交通省が推奨する高度道路交通システムの一種。
渋滞の原因といいわれる料金所での停車も無く、割引などもあって普及率は上がっている便利な代物。(2008年10月の国土交通省調べでは、約75%の普及率とのことだが、これって本当か?)
が!最近のETCのバーは・・・とにかく遅い!!
「速度超過におけるバー接触等の危険性を回避するため、安全性向上に向けた通過速度抑制対策」で、20km/h以下を基準としてバーの開閉を設定するというもの。
なので、簡単に言えばバーの開く時間が遅くなったということ。
これが・・・限りなく遅い。
確かに今までもなんじゃありゃ!という速度で通過していた車を見たことがあるが、自分の見た限り反応はしていたと思う。(まぁバーを破損させてしまった人も知っているが…)機能的には80km/hまでは正確に反応するという話も聞く。
それが20km/hというのはいかがなものだろうか?それでETC渋滞が起きてもおかしくは無い。安全性を考えてもせめて40km/hじゃないの?って気がする。
特に高速道路と高速道路を結ぶところは…。
勿論、スピードを出さないのが当たり前だけど、普通に高速道路を60km/hで走れば回りには迷惑になる。そういったことも考慮したほうが良いような気がする。
まぁでも…こういう措置になったということは、【一部の】運転手がバーを壊しまくった影響からなんだろう…。極少数の人間のために多くの人間が犠牲になる…これって原理原則ではおかしなことだと自分は思う。
| - | 21:12 | - | -
大人気!朝青龍!!
朝青龍の人気が凄い!この現象って何?と素直に思う…。
今までは、やれ問題児なの、品格が無いなの、横綱の品位を落としたなの…完全にヒールだった。にも関わらず…やれ引退?となった瞬間に手のひら返し…。これって何なのだろうか?
“ダメ押し”についても今までは相当叩かれていたが、今となっては、“気迫だ!”“持ち味だ!”“らしさだ!”“負けん気の表れだ!”と称賛の荒らし…。
何なのこれ?って思う。完全に復活優勝待望!みたいな流れになっているが、これでいいのか?とも思う。
そこには『頑張って!』という現役力士としての晩年を応援したい!という感情が成せるものなのだろう。引退試合には誰しもが応援するように…。
ただあの憎たらしいほど強いといわれた北の湖が引退を決意したのは、『勝ったときの観客の歓声』だという。今までは勝っても大して歓声があがらなかったのが、晩年勝利するときには歓声に変わってきた…これが引退を意識した理由といわれている。
自分自身、朝青龍は好きな力士。喜怒哀楽がはっきりしていて感情移入がしやすい。よくいえば“がむしゃら”ふつうにいえば“我が道を行く”悪くいえば“破天荒”みたいな力士ではあるが、それはそれ。良いも悪いも常に話題を提供してくれた横綱なわけで、その貢献度は大きい。
引退をかけてという力士を応援するのは悪いことではない。でも…その力士は、今までも同じ様に相撲をとってきたし、同じ様な振る舞いをしてきたということを忘れてはいけない。昔はNGで今はOK…その境界線や許容範囲はどう定義されるのだろう。
引退だから、最後だから…そう思うのは良いと思うし、日本人としての心の温かみでもあると思う。でもそこには、過去に容赦なく糾弾された非難された…そういう当事者もいて、そういう言動をした当事者もいるということを忘れてはいけないと思う。
| - | 20:27 | - | -
アメリカ大統領就任式
目前に迫っているが、まぁ物凄い!
でもこれって本当の姿なのではないかって気がする。
その国のリーダーが決まるのだから、その国が歓喜(一部は落胆?)するのは当たり前であって、いずれにせよ大きな出来事だと思う。
しかし日本はどうなのだろうか?
日本中が狂喜乱舞して総理大臣を決める!そして総理大臣就任を祝う!
って…あるのかって。
まぁ選出方法の違いはあるにせよ、何とも寂しい限りだし情けないともいえる。
政治に関心が無いというのは、ある意味壊滅的な状況だと思う。本来であれば一番関心が無ければいけないこと。
やれあれだこれだというのも良いが、今何より大切なことは、政治に関心を持たせる→政治に希望を抱かせるということだと思う。まぁただ郵政選挙みたいなのは、根本から違うといえるが…。
| - | 21:17 | - | -
めんけぇ奴は…
どんなことがあっても、めんけぇものなんだよね。

でも…
それって他人には踏み入れることの出来ない何か聖域みたいなのがあって。
それってそいつがやってくれたことが根底にあって。
それってお互いに共有したからこその存在があって。
それって距離とか時間とか環境とか…そういったものを超越したものであって。

まぁ誰がどうと解らなくてもいいんだよね。

めんけぇ奴はめんけぇよ…。
| - | 18:23 | - | -
そんなに気になるのなら髪を結びなさい!
帰宅ラッシュの時間帯に電車に乗りました。(殆どの人は帰宅なのでしょうが、私は移動中…)車内はギュウギュウで不快指数が増す…。
そんな中、中年の女性が声を荒げました!
『邪魔なのは貴女の髪なのよ!そんなに気になるのなら、髪を結びなさい!』
ん?と思って見てみると…。
そこにいたのは、20代前半と思われる髪の長い女性と40代半ばと思われる女性。20代女性に向かって放たれた言葉のようだった。
20代女性…その髪型は、解りやすく表現すると…欧陽菲菲さんというか、ブルーザーブロディさんというか…。それで真後ろに陣取ったのが40代女性…その40代女性は片手に文庫本を持っていた。想像するに20代の女性が髪に本なのか何なのか、何かが触れる度に髪を揺すったり、後ろを振り返ったりして不快感を爆発させていたのだろうと思う。そこで出たのが、前述の言葉。
『邪魔なのは貴女の髪なのよ!そんなに気になるのなら、髪を結びなさい!』
その言葉と同じくして駅に到着して20代の女性は下車した。確認してみると背中まであろうかというその髪、パーマをかけているのだろうか見事なまでにボリュームがある。
混んでいる中で後ろに立っただけでも顔にぶつかるだろうし、髪にぶつからない為にはかなり離れて立たないと無理な髪のボリュームだった。
40代の女性からしてみれば、別に何もしている訳ではなくてただ単に後ろに立っていただけ…。そこで不快感を爆発させられても…と思ったのだろう。
髪を触るのがいけないのか?髪を触らせるのがいけないのか?そういう単純な話ではないと思う。
あのような髪で満員電車に乗ったら、間違いなく後ろの人には髪が掛かる。今回は…20代=触るな!40代=邪魔だ!
だったのだと思う。でも本当は…20代=後ろの人…ごめんなさいね。なのだろう。
公共の場において、個人のわがままは許されない…それはいつの時代も同じだと思う。個性である髪型はどうでもいい。でも、
自分の髪型がこうだから他人は我慢しろ!ではなくて、自分の髪型がこうだから他人はごめんなさいね!
という人を想う…そんな気持ちが必要なんだと思う。
『邪魔なのは貴女の髪なのよ!そんなに気になるのなら、髪を結びなさい!』
そういわれたあの女性…今後、どうするのだろうか?
決して「うるせぇなぁクソババァ」とかそういう気持ちで片付けられるものではないと思う。
| - | 23:16 | - | -
おばちゃんと共に…
我が事務所の最寄駅は、東京メトロの赤坂見附駅なのですが、その赤坂見附は永田町という駅と繋がっているんです。まぁ繋がっているといっても、それなりに歩かなければいけないのですが…。
さてさてそんな永田町駅に降りた私は、赤坂見附駅に向かって歩いていました。もう少しで赤坂見附駅というときにおばちゃん2人組が向かってきました。何かを探してキョロキョロしている感じでした。ん?どうしたのかな?と思うと同じに、おばちゃんから声をかけられました。
『すみません〜ニューオータニはどっち?こっちかな?』
氏「あぁ〜このまま進んでも行けますが…戻った方が早いですよ」
『あぁ〜やっぱり〜。戻った方がいいね…でもどう行ったらいいのかしらぁ』
氏「私も同じ方向だからお連れしますよ!」
『あら〜嬉しい〜。良かったわねぇ〜*さん(お連れのおばちゃんに向かって)。連れて行ってくれるってよ。戻るんだけどいいね、運動になるからね!運動しないとどんどんボケちゃうからね!歩くのって健康に良いからね!ね!!』
なぜか必死なおばちゃん…。
しばし3人で歩く…赤坂見附からは地下道でホテルニューオータニの傍の出口に着くのですが、私の出口はその前。しかもちょっと反対方向に用事があったので、真っ直ぐ一本道の地下道に出たところでそろそろ出口を説明しようとしたら…
『あら?それは何という出口?どんな感じなのかしら?え!?出てどっちに行けばいいのかしら?』
あら?D出口を出て左だけなんだけどなぁ…まぁ良い!説明するよりは、一緒に行った方が何か“自分自身が”安心する!!
結局、ホテルが目視で確認出来る所まで案内して分かれました。
『ありがとうございましたぁ〜〜〜〜』
いえいえ…何て思っていた瞬間
『あぁ〜ここよぉ〜良く知ってるわよ〜。本当はここに出てきたかったのよぉ〜*さん。でも良いね、運動になったからね』
もうおばちゃんって最高ですよね!
・・・おばちゃんへの案内を終了した後、同じ道を戻り本来の自分の目的地に行きました。
“でも良いね、運動になったからね”
| - | 18:47 | - | -
車快調!日本橋を通過!!
どうなるか?って思っていた我が愛車もすこぶる快調で無事に帰ってきました!
しかし…ここ何日間ずっと首都高を使っていたのですが、本当に事故が多いですよね。
ドライバーに問題があるのか?首都高自体に問題があるのか?
そもそも高速という割には、低速でもあることが多い道路でもあるし、あの車の数は許容範囲を超えているんだろうなって単純に思う。しかも迷路のような道路網…合流だって右なの左なの。制限速度も60なの70なの80なの…って、いろいろ大変な高速道路ではありますよね。
狭いし急だし車は多いし…いろいろ大変ですが、東京の大切な道路網ですから、くれぐれも安全運転ですね!
そうそう…たまたま渋滞にはまってじっくり観た風景がありました。
【日本橋】
首都高の横から、ランプ?塔?が見えるんですよね。あぁ〜この下が、日本橋だなぁ…そう思うと、何でここに造ったのかなぁって本当に思いましたね。日本橋といえば東京の道路元標であって国の道路網の基点で、国の重要文化財でもある。
そんな橋が高速道路に覆われて…と覆っている高速道路を通りながら思った。この部分を地下道にすれば費用は5000億円以上かかるという。
自然とか景観とか…そういうものはお金じゃないと思うんだよね、基本的に。まぁ現実の問題もあるから何ともいえないけど、“日本橋”というこの国の国名が刻まれたこの橋は、高速道路に覆われ、橋からは高速道路のお腹しか見えなく、その橋のランプ?塔?の頭は高速道路にちょこっと顔を出してその存在を主張している…。
まぁウサギ小屋と揶揄された日本を象徴しているともいえなくもないが…。
| - | 19:45 | - | -
バッテリー上がり…JAFと再会。
今年に入ってからも何やかんやと…。
自分が地方が多いということは、その分我が愛車もお休み中なんですよね。考えてみると…。今日はそんな愛車君を久し振りに運転!
と思ったら、エンジンが掛からない…。
あれ!?
メーターとかの計器の照明は点いているのですが、何か哀しげであり寂しげな点き方…。
はぁ・・・・JAF。
前の車は“何故か”JAFとの付き合いも多かったのですが、この車になってからは初めて!?(前の車でも今回と同じ症状で来て貰ったなぁ…)
「45分後になると思います」というので、時間潰しにコンビニに行っていると携帯がなる。何とまぁ、15分後にJAF到着!早い!!「一件、キャンセルになったので…」おぉ〜嬉しい!!
で、作業スタート!。原因は…
…拘間乗っていなかった
▲丱奪謄蝓爾慮魎校期
まぁそうだろうなぁ…納得。
結局、充電!?のために首都高速を徘徊…何周回ったことか。首都高さん、ゴメンナサイ!
人も機械も定期的に…というのは重要ですな。
あぁ〜明日は車で地方へ!・・・・・出発一時間前にはエンジンかけよう...。
| - | 21:17 | - | -
駅伝
箱根駅伝に代表される日本人が愛する競技。かくいう自分も好き。
理由は簡単“襷の重みと想い”個々の力が結集されて成立するが、たった一人のアクシデントが全体に影響する、ある意味残酷な面もある。
棄権する選手の想いってどうなんだろう…それを考えるだけで、胸が熱くも苦しくもなる。当該の選手だけではない…今まで襷をつないできた選手、これから襷をつなごうと待っていた選手…補欠になった選手、応援する人、家族…まさに人間ドラマだと思う。
だから駅伝って人気があるのだろうなって思う。

この駅伝…発祥は日本だという。

なるほどなぁ〜って思った。
海外の陸上競技界(者)ではむしろ敬遠している傾向もあるといい、勿論オリンピックの正式種目でもない。

自分よりも他人、周囲、友達、家族・・・個性という名のもとに形骸化された、集団意識や人に対する思想感、思いやり、心遣い…。

駅伝って…日本人の素晴らしさを教えてくれるものでもあると思う。
| - | 23:05 | - | -
2009年 元旦
あけましておめでとうございます。

本年で創業10周年を迎えることになります。
初志貫徹で邁進していこうと思っています。

今年も宜しくお願い申し上げます。


2009年 元旦

株式会社フロンティア・ロード
代表取締役 氏家大一郎
| - | 20:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2009 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE