氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
世界遺産:白川郷
行って来ました!!(仕事ですが・・・・)
冬のイメージが強い白川郷…夏も真っ只中に行って来ました世界遺産(世界文化遺産)の白川郷!
今は近くまで高速が開通したので、飛騨高山から1時間弱で行けたのですが、それまでは物凄く時間がかかったとのこと。
先ず展望台に向かうと、よく見るあの光景が…まぁ何というか、ここは携帯いらないなぁと思いましたね。本当に…。のどかで何というか自然なのだけどアートに感じるというか…とにかく“自然こそ名画”って感じました。これが冬だったらまた違うんだろうなぁ…。
山道を降りていくと、湧き水が至るところに…そして集落に着くと、そこはもう違う世界でした。合掌造りの集落は静かでのどかで、綺麗で冷たい用水路には魚が泳ぎ…喧騒もないこの空間。何か邪魔してはいけないという感じ。
集落の中には、観光客向けに一般開放しているものもあって、そこに入ってみました。そうしたら…何と気持ちのいいことだろう。冷房も扇風機もないのに、何なんだこの涼しさは!と感動!!自然の恵みと先人の知恵…深いですよね、本当に!
しばし集落を散策し、観光客向けのお店が多い地域に出てみると…やはり暑い!とにかく暑い!!何でだ?と思うと、知らず知らずの内に日なたを歩いている。日光が気持ち良いからなのだろうか?東京に住んでいると、やれビルだ地下街だ…と、日光が遮られる空間が多い。だからこそ、こんな健やかな太陽を感じたかったのかも知れない…が!基本的に暑さに弱い自分。もう汗だくだく。道中、飛騨牛の串焼きが至るところで売っていて、炭火で焼かれたあの肉の匂いが漂っているのだが、匂いには誘われるもその炭火が何か暑く感じてたまらない!それでもって…ドリンク購入!しばしクールダウン!!
そして歩いてみると集落の中に小さな公園があった。公園というよりは、ただの広場…遊具もない。そんな広場で小さな自転車に乗った子供たちが集まって遊んでいた…この白川郷の子供たちなのだろう。きっと心の美しい子に育つんだろうなって思った…。
聞くところによると、この集落周辺は規制がいろいろあるという。この世界遺産を維持・保存する為には当然のことだろうと思う。世界遺産とか大自然は、言葉は悪いが観光客の為に…というのは考えなくてもいいと思う。利便性を追求すれば、どこかでその自然や文化を削ることになる。自然から多くの恵みを貰っているのにも拘らず、その自然を無尽蔵に散々侵して来たのだから、今度は人間が自然の為に何かをしてあげることが責務であり急務だと思う。
| - | 19:32 | - | -
教員採用試験
大分県教育委員会で発覚した教員採用試験をめぐる汚職事件。不正合格者はこの2年だけで合格者全体の半数に当たり、大分県教育委員会は不正合格者の採用を取り消すという…。
そんな事は当たり前の話。不正をした教員は、実名を公表し罰すればいい!親が関係者が知り合いがやっただけ…そんな問題ではない。仮にそうであれば、その親、関係者、知り合いの名前を公表しろ!教育という分野では“いけないことはいけない!”を教えることが重要であって、名前だけの先生、サラリーマン先生、それこそ不正合格先生なんて以ての外!
この問題での一番の被害者は、児童/生徒だと思う。先生じゃないのにその人に教えられて、途中で終わって…。そもそも先生たる人間は、勉強が出来る!という以前に【人が出来ている!】というのが一番重要だと思う。人をつくるのが先生(教師)の役目!その人間がこんな様でどうする!と本当に思う。
この問題が稀な例なのか、氷山の一角なのか…。一石を投じたのか、捨石なのか…その真意が一番重要な気がしてならない。
| - | 22:45 | - | -
常用漢字
文部科学省文化審議会国語分科会により発表される漢字使用の基準で「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送等、一般の社会生活で用いる場合の、効率的で共通性の高い漢字を収め、分かりやすく通じやすい文章を書き表すための漢字使用の目安」を示すという。現在1945字からなっているが、それに新たに188字を追加しようという動きがあるという。
それが…

藤誰俺岡頃奈阪韓弥那鹿斬虎狙脇熊尻旦闇籠呂亀頬膝鶴匂沙須椅股眉挨拶鎌凄謎稽曾喉拭貌塞蹴鍵膳袖潰駒剥鍋湧葛梨貼拉枕顎苛蓋裾腫爪嵐鬱妖藍捉宛崖叱瓦拳乞呪汰勃昧唾艶痕諦餅瞳唄隙淫錦箸戚蒙妬蔑嗅蜜戴痩怨醒詣窟巾蜂骸弄嫉罵璧阜埼伎曖餌爽詮芯綻肘麓憧頓牙咽嘲臆挫溺侶丼瘍僅諜柵腎梗瑠羨酎畿畏瞭踪栃蔽茨慄傲虹捻臼喩萎腺桁玩冶羞惧舷貪采堆煎斑冥遜旺麺璃串填箋脊緻辣摯汎憚哨氾諧媛彙恣聘沃憬捗訃

え!常用じゃなかったの?というのもあれば、どこが常用?というのもある。
はっきり言って、基準が全く解らない…。
パソコンや携帯電話がこれだけ普及した現代社会において、手書きのものを見つけるのが難しい。「FAXの手書きは失礼だから、ちゃんとパソコンで作成する様に!」と指導をする会社もあるという。勘違い甚だしいと思うが、それほど手書きが少なくなって来たということだと思う。それは同時に、“字を書く”から“字を打つ”に変わってきた証拠であって、これから先は“読めるけど書けない”という漢字が物凄く増えると思う。
技術の進化によって失う昔の良き文化ってあるよなぁ〜って思うなぁ。
| - | 23:05 | - | -
カラスの駆除
テレビでカラスの駆除を特集していた。
産卵や子育て、巣立ちの時期に凶暴になり、近付くと人間にも攻撃してくるというカラスの生態についてだった。まぁ動物の本能からすれば仕方ないと思う…。
カラスが増え過ぎて、民家や繁華街にも普通にカラスの巣があって危険ということで、駆除専門スタッフがカラスの巣を駆除していた。ん〜〜仕方ないわな〜と思いながらテレビを見ていた。親ガラスは再三に渡って威嚇や攻撃をしてくる。それは自分の子供が攻撃されているのだから当たり前の話。でも自力で飛べない子カラスは飛んでも直ぐに落ちてしまい、結局、駆除スタッフに地上で捕まる映像だった。そして捕獲された子カラスは、袋に入れられ駆除スタッフの車で連行された…。
まぁ可哀想ではあるが増え過ぎてしまい、人間の生活に支障を来たす存在になってしまった以上、仕方の無いこと…。

と!ここで一服でもするか?と席を立とうとしたら仰天した!
何と次の映像で、捕獲した子カラスを森に放しているではないか!!

理由は「親カラスは巣が無くなると人に攻撃してこなくなるから」ということらしい。
それっておかしくないか?結局どうなるの?という気がする。また増えて同じ問題を抱えるだけだろって!
保健所では犬も猫もあれだけの数=命を処分する。野生化した犬は仕方ないと思うが、猫は野良猫という存在定義がある。その野良猫は処分はせずに人間が捨てたものは処分する…。そんな倫理はあるのだろうか?
自然との共存…地球温暖化も同じだと思うが、やれ真剣なの強くなの共有なの努力なのではない…現実の問題として判断しなければいけない!ということ。
とりあえずまぁ…そんな暢気なことを言っている場合ではない。破壊は直ぐだが創世(構築)は並大抵なことではない…。
曖昧や建前はどうでもいい、もっと真剣に次世代を考えるべきだと思う。
| - | 21:36 | - | -
馬鹿親〜ホテルにて〜
ホテル暮らしが多い・・・この一ヶ月で数えてみたら11回。仕事柄、出張が多いのだが、普通に考えてみるとある意味、変な気もする…。この前、久し振りに車を動かしたら、タイヤにコケが生えていた…可哀想なタイヤ…。
まぁそんなことは置いておいて、先日の某ホテルでのひとコマ。ツアーでのホテルの朝食は殆どがバイキング。好きなものをお好きなだけ!という定番のもの。ツアーも長くなってくると食べるものが無くなって来るんです。本当に…。というのも大概は同じ様なものが用意されているんですよね。バイキングって…。ホテルを多く利用している人は絶対に解ると思うなぁ、この感覚。ただ札幌の某ホテルだけは別格!!ここのバイキングは日本一!と言ってもいい位に素晴らしい!
さて・・・・話は戻って某ホテルの朝食バイキングで見かけた光景。30代と思われる夫婦と小さな子供連れの4人がレストランにいた。始めからうるさい!…が、まぁ免疫があるので傍の空いている席に陣取った!(他の客はうるさいので離れて座っている模様)免疫というのは、昨晩、ホテルの温泉のところで出くわしたのがこの家族だから。温泉で父親が出てくるのを待ちきれない子供が、母親と共にホテルの廊下で走り回っていたのを目の当たりにしたからだ。
それでもって朝食を食べていると・・・相変わらずのはしゃぎ様!完全に想定内。でもその後が酷かった。ガシャン!とガラス?食器?が割れる音がした。子供がはしゃいで割ったらしい。すかさず駆けつけるホテルマン。怪我は無い様だ…「すみません…」と言いながら片付けるホテルマン。何もせず黙って座ったままの4人組。
はぁ?と思った。お前が片付けろ!違うか?割ったのはお前等の子供だろ!何が、割るのは当然みたいな顔してバイキングを堪能しているんだって!!!
それからしばらくして…子供が違う席のお客さんの方に遊びに行った。まぁよくある光景なのだが、違うのはこの馬鹿親…「**ちゃ〜〜〜ん。駄目ですよ〜〜〜帰ってきなさ〜〜〜い。他の人に迷惑ですよ〜〜〜」と言いながら完全に放置。自分たちはバイキングを堪能していやがる!!放置すること約1分…子供が帰ってきたと同時に席を移動した他の客。
一体、この馬鹿親はそれをどう見て感じているのだろうか?
子供だから許してくれる・・・
と思っている馬鹿親。大きな間違いだ!子供は許してもその親は違うだろって!
本当に情けなくなってくる。可愛いのは解る・・・でも他人に迷惑をかけてはいけないし、何より親にはその自覚が必要。
公共の場で子供が泣いても騒いでも親の目線は子供だけ!…そんな馬鹿親が多いからおかしくなってくる。子供が泣いたら、子供と同時に周囲にも目を向けろって!「すいません…」そういう心配りが必要だろ!
今回なんかは子供にすら目線が行っていない・・・・。こんな親に育てられる子供・・・・どうなのだろうか?
| - | 20:57 | - | -
創業9周年
本日、創業9周年を迎えることが出来ました。
関係する全ての皆様のご理解とご協力の賜物と厚く御礼申し上げます。
明日は9年と1日目です。来たる10周年に向けまして、精進し邁進して参ります。
これからも宜しくお願い申し上げます。


株式会社フロンティア・ロード  代表取締役 氏家大一郎
| - | 22:55 | - | -
taspo(タスポ)
とうとう東京でもtaspo(タスポ)=成人識別たばこ自動販売機用ICカードが導入された。
まぁ悪いことでは無いと思う。自動販売機天国の我が国日本なのだから、必要なことなのだろうと思う。
現在発行されているtaspoは約641万枚で、推計喫煙人口約2608万人に対し普及率は約24.6%に留まっているという。
自分はtaspoカードをかなり前から持っているが、一回も使ったことがない。先日、ツアーで地方に行った時に初めて使うチャンスがあったのだが、あいにく我が愛する銘柄が無かった…。なのでtaspoは未だに未経験者。
報道では普及率が…というが、コンビニで買うという人は多いと思う。タバコの自動販売機が23時〜05時迄、停止になってからは余計にそうだと思う。それも24時間に戻すというが、そもそも23時〜05時迄停止にしてどれだけの未成年者喫煙防止に役に立ったのだろうか?甚だ疑問だ…。例えば明らかな未成年者がコンビニで「親に頼まれました!」といえば、タバコを売るのだろうか?売らないのだろうか?それであればコンビニもtaspo対応とか提示とかにして、タバコを買うのは成人に限る!と徹底すべきだと思う。
まぁでも…喫煙人口が2600万人、約2割…。世間からは冷たくされる身分?階級?の仲間…でも別に喫煙者は時代遅れ?厄介者?常識知らず?じゃありませんよ!って思うのは自分だけだろうか…。タバコはNGというのであれば法律で禁止にすればいいと思うし、今、重要なのは分煙の徹底だと思う。それは喫煙者の誰しも(まぁ多くの人)が解っていること。ちなみに我がツアーチームも喫煙率は4割位…でも楽屋は禁煙。これも良いと思う。吸える所で堂々と吸った方が気持ちがいいし、何よりもう慣れた…この状況に…。
でもコソコソとする必要も無いと思う…約2割の国民…喫煙マナーを守って堂々としましょう!!・・・・?
| - | 23:33 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE