氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
年度末
関西ツアーが終了しました!
このチームは本当にいい関係で、本人を中心とした仲間・家族なんです!本人・司会・ダンサー・舞台監督・音響・照明・関係者全員…本当に素晴らしいチームです!今回も全員での決起集会?や打ち上げで、大いに盛り上がりました!本人は勿論ですが、チームのみんなそれぞれがキャラクターをもっていて、こういう場ではまさに全快!というよりも求めているといいますか…本当に笑い声が絶えない宴席になるんですよね!苦痛な宴会ってあると思いますが、本当にこの宴席は最高!自分なんかも大先輩にキャラで勝負していますからね!でも、それをキャラで返されるんですよね〜もう最高ですよ。でも仕事となると180度変わってプロの顔!本当に素敵な素晴らしいチームです!
まぁそんなこんなあった関西ツアーですが、帰りの新幹線がN700系のぞみ。狭すぎる喫煙ルーム?を堪能しようと思っていたのですが、喫煙タイムどころか爆睡タイムに…。気が付けば東京…その瞬間からツアー中にたまった?発生した?諸案件と対峙!もう大変でした…。
いろいろややこしい問題なんかもあったのですが、でもやっぱり人って本当にいいものだなぁって思える瞬間がたくさんありました。そんな人の為に、一生懸命頑張りたいって思います。
気が付けば、3月31日…年度末。明日からの2008年度、頑張るぞ!!
| - | 18:05 | - | -
赤坂Sacas(サカス)
我が事務所のある赤坂…土日なのに何で人が多いんだ?って思ったら、これが原因でした。3月20日の赤坂サカスのオープン!
今までの土日の赤坂の風景とは違って、何か不思議な一種の違和感が…。家族連れやカップル、団体が多いこと多いこと!土日の赤坂って、観光客(特に外国人)が目立つ感じなんですけど、全然違いましたよね!
それぞれどんな感想をもって帰宅するのか…赤坂に来て9年、何かそわそわするというか何というか…。
先にオープンした東京ミッドタウンもそうだし、その先の六本木ヒルズもそうなんですけど、今はただ単にオフィス街ではなくて文化や芸術などの施設、そしてそこに働く人向けの住居(マンション)を併設した街づくりが今のコンセプト。地元地域との共存というか融和というか…あの赤坂に桜の道が出来るというから嬉しいですよね!
まぁでも…自分的には、昔ながらの下町の風情とか情緒とか…そういう文化は残していって欲しいなって思いますね。
| - | 21:07 | - | -
一見さんお断り!
都内某所に呼ばれて行って来ました!
世界的に有名な方と一緒のステージをした某重鎮との宴席?でした!
行ってみたら店内は広いのか?狭いのか?といわれれば狭い!でもその中に物凄く昭和の匂いのする空間がありました。
とにかく料理が凄い!お袋の味・・・のオンパレードなのですが美味しくて、まだ出てくるの!という位に量があるんです!ご一緒した方が「これが昭和の味!」と絶賛しておられるようなお店なんですよね。
このお店、一見さんお断りのお店。なので来る人来る人、みんな何か知り合いみたいな感覚に…。と思っていたら、某監督や某協会幹部の方がいたりして…。
楽しく愉快で有意義な時間を過ごすことが出来ました!ありがとうございました!!
| - | 20:51 | - | -
wwwって何!?
そういう質問。
『え!World Wide Webじゃないの!?』と即座に思う、不肖:氏家大一郎。
20〜30才代に限定してのアンケート(アイシェア調べ)では…
 World Wide Web→53%
 大笑い・大爆笑→47%
だったそうだ。
参考までに20代では
 World Wide Web→39.8%
 大笑い・大爆笑→61.2%
という・・・・。
俗に言う絵文字・顔文字の影響なのだろうが、30代の自分には???。たった幾つかしか違わないのに…。
世代文化というよりは、それだけ技術の進歩(進化)が凄いのだと思う。携帯電話だけでも、ここ何年間でもの凄いスピードで進化している。電話出来るだけでも凄かったのに、iモードなのメールなの写真なのテレビなの…。
一昔前にポケベルの為に公衆電話を占領していた学生がいたのが懐かしく感じるよね。連打している人がいたもんなぁ…自分的には88951とか88946とか49とかのポケベルだったので文字自体が凄いなぁと思っていたのが、つい最近だからね。
技術革新はいいことだけど人間社会である以上、人間を心を想いを大切にしないと…って思いますな。
| - | 20:48 | - | -
早く寝よう…
日曜日に仕事がある事が続いているので、どうも月曜日が…。
あれ?昨日って仕事だった?え?今日は何曜日?みたいな…。
という感じの今日ですが、花粉症なのか何なのか…今一つの体調?気分?
ん〜〜〜今日は…早く寝よう。
| - | 19:41 | - | -
東京の車間距離
先日、青森のホテルで食事をしているときに改めて感じたのですが、東京って走行時や停車時の車間距離の無さが目に付きますよね。
ホテルのレストランから見たその車間距離は、本当に理想的で他人に優しい車間距離だったんですよね。
でも東京って、少しでも車間距離があろうならば、誰かが割り込みするのは日常茶飯事でしかも強引…。それに都内は常に混んでいるので、先に先にと思う心情も解るんですよね。でもその車間距離は尋常ではないと思うなぁ。
我が愛車なんてある程度の坂道(傾斜)の停車からの発進になると、車体の重さでクリープ現象では耐えられなく車がバックするんです。解りやすくいえば、昔のマニュアルの車での坂道発進みたいな現象というのか…。そんな時に車間距離が無くて、ましてや後続の車がアクセルを踏めば本当に危ない状況になるんですよね。
駆け込み乗車しかりですけど、東京の人間がゆとり無く忙しなく生きている表れなんだろうなって思うと、何か寂しくもありますよね。そんな中で育つ子供たちはどう感受性を形成していくのだろうか?って不安になってきます。
まぁそんな中、今日車を運転していました。そしてふと自分でこのコラムの内容を思い出しました…。って自分はどうなの?
あら???何かゆとり無く忙しない感じの我が愛車の状況…。地方に行った時よりは間違いなく車間距離が少ない(短い)気が…。
ん〜〜〜基本的に善良なドライバーには寛容な自分なのですが、どうも某アレと某コレには厳しく対峙してしまう自分がいるんですよね…。
『どうぞ、お入りください!』そういえるドライバーになろう!!!・・・?
| - | 22:34 | - | -
フロンティア・アスリート・クラブ
というチームをつくる準備をしています!
簡単に言えば、スポーツ愛好会かなぁ。先の東京マラソンが発端なのですが、今年は富士登山にマラソンを予定しているんですね。
現状ですが、陸上部長と登山部長は決まりました!フットサル部長も決まりなのかなぁ?水泳部長も決まっているのですが部員がいません…。あとは看護士部長かなぁ…女医部長は辞退したし…。
そんな中、声をかけた会員NO.3が連日の特訓をしているという報告を受けました!いやぁ嬉しかったですねぇ、本当に!そして胸が熱くなりましたよ!よっしゃーみたいな!!
まぁ同時にまだまだ負けられない!みたいな…。でもこういう会話とか想いって重要だし面白いですよね!それに運動とかってきっかけなんですよ、半ば強引でも一緒にやる仲間がいるから出来るんですよね!
ん〜〜〜今日は走るか!・・・・まぁ雨だから明日にしよう!
| - | 21:10 | - | -
打ち合わせばかり!
今日は午後から5件の打合せ!
さすがの私も最後はコーヒーが飲めませんでした!
明日も諸々って感じです!
来週も現場が多いので・・・・ん〜〜週末は花粉まみれになっている車を洗ってドライブに行こう!!
| - | 21:21 | - | -
ナンパされました!…多分。
麻布のお洒落なカフェでの事。
待ち合わせで独りで外のテラスでコーヒーを飲んでいたんです。店内は満員だったのと気温も温かかったので、暑がりの自分には丁度いい感じ!
そんなこんなしていたら、一人の女性が店内から出て来ました。紫のコートで羽というか、一部の若者が車に敷いている様な毛並みというか?まぁ華麗でいてセンスのある服でした!その女性…いきなりこう言って来たんです!
『格好いいですね!今、マスターと中で噂していたんですよ!服もお洒落だし合っているし!全体的なバランスが素敵で格好いいですよ!私ね、一年に一回くらい、街の中でときめきというか、とっても素敵な人と出会うんです。彼方は多分そうだと思う』
何と男冥利に尽きる素晴らしきお言葉!まぁこういう類の言葉は“言われ慣れている”とはいえ、嬉しかったですねぇ〜〜心から!しかも夜のお酒の席ではなくて、全くのしらふの状態で!
「ありがとうございます」と言葉を返したのですが、
『本当に格好いいですよ!素敵!!』
こういうのが出遭いというのだろうか…間違いなく血圧と脈拍が倍以上になったところで、私の時間が迫ってきて…。
「お気をつけて…」と声をかけると
『近くなので大丈夫…でも気をつける!!ありがとう!!!』
と帰っていく女性。何と素晴らしい場所なのだろうか!麻布は!!と興奮冷めやらぬ中、現実に戻り仕事…。
でも何故か必要以上に街中のガラスや鏡に映る自分を気にしてみたりする自分がまた愛しいところ!?
はぁ〜麻布に住んでいる女性なのだろう…素敵だったなぁ。

え?年齢?女性の言葉の中に『旦那や子供』というのがあったこと。容姿は麻布マダム?セレブ?って言葉が似合う感じの女性だったことを報告しておきます・・・・。
| - | 22:05 | - | -
FAXが…
絶不調…というより故障。
業者さん曰く、見たことや聞いたことの無い無い故障との事…。何じゃそれは!
機械的にはFAXは受信しているのですが、エラー表示が出て“用紙がありません!”って…。たくさんあるだろ!同時に送信も出来なくなって…。
単純な異常かな?って事で調べてもらったのですがそうでもなく、業者さんもいろいろ懸命にやってくれたのですが、結局は基盤やソフト?等を総とっ換えで直すのに丸2日かかりました…。
まぁ機械だから仕方が無い…といえばそれ迄ですが…。
まぁ今度、このFAXの営業担当者とゆっくりじっくり話し合ういい機会が出来たかなぁ!?…良い意味で!ん〜〜楽しみ!!
| - | 20:49 | - | -
IKKOツアー!
帰還しました!
本人を中心として司会・ダンサー、スタッフ関係者一同…本当に最高のチームですよ!
弊社は制作の立場なのですが、時には私自身が何故か隊長になったり!?楽しく面白く心一杯、胸一杯のツアーですよね!今回のツアーでは全員でバス移動ということもあったのですが、まぁ盛り上がりました!
各地のお客さん、イベンターさん、会場さん、ホテル(宿舎)さん、物販会社さん、バイトの皆さん、関係各社さんにも本当にお世話になりました!本当にありがとうございました!
これからも多くの人に美のカリスマ【IKKO】を体感して頂けるように邁進します!
本当に・・・・どんだけ〜!
| - | 22:09 | - | -
本州縦断ツアー!?
明日から、青森・秋田・仙台(宮城)・鹿児島と行って来ます!
本当に本州縦断・・・ある意味、凄い!
心一杯に頑張って来ます!!
| - | 20:39 | - | -
日曜の夜に・・・
仕事バリバリ!
しばらく忙しくなるので、やることが山積みなんですよね!
やることやっておかないと・・・・。
でも今日やるべきことは全て終了しました!!
ふぅーーー明日も頑張ろう!!
| - | 22:06 | - | -
尊敬する人物は?
良く聞かれることだと自分では思う。
歴史上の人物であったり身近な人物であったり、有名人であったり…その人と人となりや主義・主張が解って寄り近付けるものだと思う。
例えば話題の朝青龍を尊敬しています!と言ってその理由として…
 A「いろいろ問題はありますが、強いからです!」
 B「モンゴルから来て、日本で成功しているから!」
 C「喜怒哀楽が正直なのが好きです!」
 D「同じ左利きだから好きです!」
 E「マスコミに注目されているから!」
いろいろな捉え方、感じ方があるのだなぁと思う。なるほどねぇ〜って思うこともしばしば。
ただこの質問…受験の面接ではご法度なのだという。
理由は…【受験は本人の能力・適性を問うもので、本人の思想や信条等は個人の自由であって選考の質問には不適切】という。
そうか?って思う。例えば家族構成やプライベートなことは当てはまるかもしれないが、それ以外は別にいいのでは?って思う。そもそも面接って何かって言えば、人間性をはかるものだと思う。そこに本人の思想や信条等は不適切なのだろうか?
例えばこんな場合はどうなるのだろうか?前述の質問に対し、
 X:400点/500点中「**を尊敬しています!」
 Y:405点/500点中「誰もいません!」
点数が上なのでYを選出するのが正しいのだろうか?もし自分が面接官だったらどちらを選考するのだろうか?
そもそもそんなに雁字搦めにするのであれば、面接なんかやる必要は無いと思う。思想や信条は駄目!というのであれば、どういう質問があるのだろうか?
「好きな**?」「部活動は?」「今まで一番感銘を受けたことは?」「将来の夢は?」「自分の長所短所は?」「**をどう思う?」「合格したら何をしたいですか?」
これは全てがNGだろう!違うか?全てが思想や信条につながると思う。
質問するとすれば、
「校長先生と担任の先生のお名前は?」「今の内閣総理大臣は?」
そんな常識テストみたいになってしまう。それが本当の面接なのだろうか?
面接とは、学力知識だけでは計れない人間というものをターゲットにしている。そこに常識クイズは必要ない!それならば、センター試験(入試)に一般常識を入れればいい話で態々面接なんてやる必要は無い。
やれ個人だ!プライバシーだ!って叫ぶのも身構えるのも対策するのも結構だけど、この世の中は個人では成立しないって事を認識しなければいけない。度が過ぎた過剰な捉え方が、間違った方向性になることを危惧するばかり…。
ゆとり教育…何で元の教育に戻したんですか?
| - | 22:02 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< March 2008 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE