氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
お土産
古いお付き合いの業者さんというか、知人いうか、連絡を貰いました。
「社長、今日この後いらっしゃいますか!」
40分後位に予定があったので、お断りしようとしたんですね。というのも自分自身、せっかく会うのなら最低でも1時間はとりたい!というタイプなんです。その間にかかってきた携帯には基本的には出ませんしね…。よく用件だけ話しにくる人もいますが、基本的にはそういうスタンスは嫌いなんですよね。それだったらこっちもそう接します!みたいな…。この前もありましたけど自己都合だけの用件だけに終始…もう呆れて何もいえませんよ、はっきり言って…。
そんな中、その業者さん?知人?は、少しでもいいので…と。え?と思うと同時に
「実はお盆に帰省したお土産を・・・」
何とまぁ嬉しいじゃありませんか!本当に!!感動です!!!もうその気持ちだけで充分ですよ!!!!
早速いただいたのですが、美味しいですよね。中身とかモノとか種類とかではなくて、気持ちで充分美味しいんです!自分はそんな人間です・・・・。
| - | 20:36 | - | -
満身創痍で腰痛!?
とりあえず…突き指。本当に何で?って感じなんですけど、そうなってしまったんですよね。運転するにも何するにも不便なものですよね…。
と思っていたら、今日・・・腰痛。
朝起きたらどうも腰の調子が今ひとつ…何で?どうして?と思っていると徐々に悪化。前屈は大丈夫なんですが、イナバウワーが出来ないんです!
今日会った人に話すと「歳だな!」「いよいよですね〜〜!」「いい整骨院とかマッサージあるから紹介するよ!」等といわれる始末。自分的には“寝違いの腰版!”で処理しているのですが、弊社のスポーツ大臣に相談すると「あぁ〜来たね〜それは年齢とともにくるものだから…仕方ないんだよ」ととどめをさされ・・・。
頑なに“寝違いの腰版”で自分を納得させ、今に至っている始末です・・・。
まぁ何ともあっちこっちと痛い感じですが、来週も現場や出張が待っていますし…腰痛!いや寝違いの腰版!に負けずに三十路も慣れた氏家大一郎頑張ります!
| - | 19:50 | - | -
雷雨に遭遇!
いやぁ昨日の雷雨は物凄かったですね!
某タレントの送迎で我が愛車のハンドルを握っていたのですが、いつの間にか“フラッシュ”の連続…。雷なんですが、本当に凄かったですよ、あっちこっちで雷が…。そしていきなり周囲が暗くなったんです!何だ?って思っている時間も無く、信号がいきなり赤に…。黄色が無いんですからね!本当に!!多分、電源が落ちた場合のバックアップなんでしょうけど、驚きました!
しばらく暗い都内の道路を走っていると、来ました…豪雨が!本当に物凄い豪雨でした!前が見えないし、何処を走っているんだか良く解らない…。我が愛車のワイパー全開!フォグランプ全開!サイドミラー水弾き装置全開!でも…全く機能せず…って感じでした。
でも中にはいるんですよね、無謀モノが・・・。あんな雨の中、普段と変わらぬスピードで走っている車が…。良く見るとラインを越えて走っているんですよね。片側三車線の道路の二車線をまたいでいるというか…こっちが心配してしまいましたよ。あぁいうときは嫌でも徐行だろ!って思いましたよ、まぁこっちの送迎は無事終えたのですが、本当に大変でした!
しばらくして雨は止んだのですが、自然って本当に怖いものですな・・・・。
| - | 20:52 | - | -
モンスターペアレント
直訳すれば…モンスター親・怪物親・化け物親とでもいえようか。ようするに学校に理不尽で非常識なクレームをする親のこと。
・合唱会で指揮を担当した子供の親→「顔が見えないから逆向きにしろ!」
・壁に落書きし注意された子供の親→「何で怒るんだ!字の練習をしているだけだ!」
・仕事の関係で運動会に参加できない親→「運動会の日程を変えろ!」
・通学路にあるゴミや放置物に対して→「学校が片付けろ!」
・給食の献立に対して→「(自分の)子供の好物を入れろ!」
・給食の給仕について→「ちゃんと平等に配膳しろ!」
・集合写真を見て→「わが子の位置が悪い!」
・卒業アルバムを見て→「もっとわが子の写真を増やせ!」
・成績のおもわしくない子供の親→「わが子専任の先生を付けろ!」
まぁ…枚挙にいとまがないというか、それだけ無駄というか…唖然・呆然と言うか…。ただこれが教育現場の現実。
こんなクレームに対応する為に、専門の委員会(チーム)をつくったり、顧問弁護士やクレーム対応を外注する等ということも検討されているという。本来であればこんなクレームに対応する必要もない訳で、これだけでもどんなに大きな損失なんだろうって思う。また教師が学校での諸問題対策として加入している訴訟保険も教師全体の3分の一が加入しているとも言われている。まさに教育の崩壊…。
そもそも教育というのは、国だけではなくて、地方公共団体だけではなくて、親(保護者)にも責任がある。三者が一体となって構築していくもの。それがあの様では、いくら教育改革といっても意味は無い。その前に親の改革を!となってくる。
これだけ教育改革が叫ばれているというのは、それだけ教育に問題が山積しているという現れ…。学校や先生が完璧で問題は無い!といっているのではない。ただその問題の中に“モンスターペアレント”と呼ばれる現象があることも事実であり、それも大きな問題ということだろう…。
| - | 20:04 | - | -
大曲の花火!
明日、大曲の花火が開催予定なんですよね!
日本三大花火…大曲の花火(秋田:全国花火競技大会)・土浦の花火(茨城:土浦全国花火競技大会)・長岡の花火(新潟:長岡まつり大花火大会)なんですけど、やっぱり我が秋田の“大曲の花火”というよりも、母方の実家が大曲なんです!なので子供の時は良く見に行きました!雄物(おもの)川の河川敷に…!も、今や地元の人も見れないという規模の75万人の来場者…。まぁ凄いです!交通標識に「8月第4土曜日(=花火開催日)を除く」とかと書いているレベルですから…。物凄い人なんです!
それに全国に数ある花火大会でも総理大臣賞があるのは、我が秋田と土浦だけ!まぁ…我が秋田はその名の通り、全国花火競技大会!!!日本一!と自負しております!!
大曲って“おおまがり”って読むんですけど、その名の通り、未だにスイッチバックがある駅なんですよね!解ります?電車で進行方向が変わるってことなんです!くの字というかVの字というか…Iというか…。なので秋田新幹線“こまち”は、大曲駅で進行方向が変わるんです!東京から乗ると最終駅の大曲でいきなりバックになります!秋田から乗ると…いきなりバックからのスタート!まぁ初めての人は驚くと思いますよ!普通に新幹線に乗っていきなりバック!この感動?衝撃?は他ではありません!
それはそうと大曲の花火…全国から多くの皆様がご来場されると思います。花火の素晴らしさも勿論ですが、秋田の風土・気質・文化等も是非是非ご堪能ください!そして“♪大いなる秋田”もぜひお聴きになって、体感してください!!!
| - | 19:56 | - | -
仙台!
いやぁ〜牛タン美味かったなぁ。それに笹かまに冷やし中華にずんだ餅に…もう最高!
って一つも実現することなく、日帰りで帰って参りました…。
私の仕事ってこういうのが多いんですよね、本当に!駅や空港からはタクシーやハイヤーとかの送迎で会場入り。そして仕事をしてまた駅(空港)に戻る…。そういうものですよね。日本の殆どのい都道府県には行きましたけど…行った場所が駅(空港)と会場(ロケ地)とホテルというのが本当に多いですよね!
まぁ観光ではありませんから!あくまでも仕事ですから…。
が!仕事は面白かったですよ!本当に!!
そうそう東京駅のホームで旧友とばったり会ったんです!学生時代の!いやぁ何年ぶりだろう…。某タレントと一緒だったのでそこは業務優先だったのですが、本人を送り出した後にホームに戻り、旧友と再会!本当に5分位の短い時間だったんですが、何か不思議なものですよね!驚きました!!
でもあの東京駅の混雑の中、旧友が見つけてくれて再会したのですが、自分がこんなにもダンディになったのに良く解ったなぁって思いました!・・・・・・・?
| - | 19:11 | - | -
急遽…仙台!
急遽、明日仙台に行くことに!
明日の予定も決まっていたのですが、無理言って変更してもらいました!
いやぁ行きますよ、仙台!
その対応や準備や手配等でてんやわんやですが、頑張ろう!!
| - | 19:52 | - | -
人…やっぱ好きだわな。
どんな人間でもどんなことをしでかしても…

人間味のある奴って・・・俺は好きだなぁ。

何かそう思う。

そう人を想う・・・・
| - | 20:53 | - | -
白い恋人
あの白い恋人が…。
本当にショックだ!通常4ヶ月の賞味期限を品質や風味が変わらないからという理由で2ヶ月延長…考えられない。しかも11年前からって…。
自分自身、大好きなお菓子なんです…実は。札幌に5年位住んでいたことも影響しているのかもしれないんですけど、好きなんですよねぇ。
知人が北海道に行って「お土産何がいい?」なんて聞かれると『定番(=白い恋人)で宜しく!』って位、好きなんですよね。特に冷やした白い恋人が最高!
それが…という気がする。過去に社内での告発や訴えもあったというが、会社としての姿勢なのだろうから抹殺された事も少なくないんだろうなって気がする。あの会見を見ていると良く解る…。
雪印やミートホープや白い恋人やら…中国どうのこうのの前に、自分の国の検証をした方が良さそうだ…。
| - | 19:48 | - | -
猛暑!史上最高40.9℃!!
岐阜県多治見市で観測史上最高気温の40.9℃を観測したという!
あの山形・酒田の記録40.8℃を74年振りに更新というからまさに今年は猛暑!
かくいう自分も2004年に山梨で40.4℃(現在歴代5位らしい)を体験したけど、何というのか灼熱というのか、車に乗って冷房を最強にしても“熱”かった…。
でも考えてみれば、あの気温の測定場所というのはどうなんだろ?っていつも思う。あの観測装置って設置場所の環境が良すぎないか?東京は大手町の設置場所気温が基準となるが、そもそも東京で芝生の上の温度って…。
気象庁曰く「安定した観測環境を維持する為、周囲にある人工物の影響を受けないよう配慮した場所を選んで感部等を設置。地面からの熱を避け、純粋な大気の変化を測るために芝生を植える」
人工物の影響を受けない場所ってあるのか?地面からの熱を避け?それが実際の温度だと思うんだけどなぁ。まぁいずれにせよ実際の体感温度は間違いなくもっと上。よくテレビで「手元の温度計では…」という表現があるが、それが現実の数字であって本来はおかしなことだ。
しかしまぁ温暖化が進み、これから毎年毎年記録を更新していくのだろうか…。
| - | 15:52 | - | -
タクシーの禁煙
とうとう東京のタクシーも来年の1月から禁煙になるという…。
都道府県レベルで言えば、既に大分、神奈川、長野、静岡、富山、山梨…が禁煙(予定含む)、大都市で言えば名古屋も…。
どうなのだろうか?自分的な感覚でいえばホテルが全室禁煙みたいな気がする。タクシーってあの空間を買うという感覚(個室みたいなもの)が強いので、別にそこまで…という気がしてならない。ただ単に“禁煙車”を増やせばいいだけだろって思う。
公共交通機関だから!という意見も多いが、そもそもタクシーって公共交通機関か?甚だ疑問だ。運賃が必要で不特定多数の人が利用する乗り物といえばそうだろうが、電車、バスと一緒?大衆浴場と貸切露店風呂レベルで違うと思うけどなぁ。
自分は喫煙者だけど会社は創業以来禁煙だし、新幹線では禁煙車に乗る機会が多い!はっきりいって満員時の喫煙車の空気っていったら物凄く、耐えられないときがある。だから新しい新幹線(N700系のぞみ)の全車禁煙で喫煙スペース確保というのは素晴らしいと思う!だから飛行機もそうすればいいと思うのだが…。いずれにせよ、今の時代は分煙の徹底だと思う。
| - | 19:08 | - | -
お盆休み!?
らしい・・・・!?
というのも、ここ何日か本当にハードだったんです!撮影、取材、ロケ、打合せ、撮影、制作、現場、打合せ・・・そして今日は雑誌の撮影でした!
何でこんなに集中してって感じなんですけど、世の中はこういうものですよね。
しかも東京は連日の猛暑日!まぁロケも移動も大変でしたよ。大汗!!
でもふと思うとお盆休み真っ只中なんですよね。その実感が全く無いんですよねぇ、変な感じなんです。曜日の感覚も無く、今日は火曜日だと思っていましたよ!
お盆休みかぁ〜ん〜〜仕事・・・頑張ろう!!
| - | 18:42 | - | -
1円からでも領収書
政治資金規正法の改正が囁かれている。6月に5万円以上に改正(未施行)されたばかりだというのに、いま議論されているのは、全ての政治団体を対象に1円以上という…。
ある政治家の発言によると…
「ジュース1本でも領収書をとれというのか!」
「全ての政治団体といわれると困ってしまう…」
は?という感じだ。
ジュース1本でも?そんなの最初から自腹だろ!普通は!!当たり前の話。どうしても領収書が必要というならば、コンビニで買えばいい!
全ての政治団体だと困る?なぜ????
そもそも5万円以上というのでさえ摩訶不思議な解釈でありえない話。
それじゃぁ民間でも適用しろ!といいたい。祝儀だって香典だって、民間ならどうやっているのかって!
国の機密費だって曖昧なわけだが、それは政治理念上…という解釈も出来る。要は必要な経費なのかどうかってこと!
ある議員が言っていた。
「1円以上の領収書…それだけ政治家が信用されていないってことなのでしょうか?」
そうなのだろうと思う・・・・・・。
| - | 19:14 | - | -
プロゴルファー羽川豊と共に・・・
あれこれ仕事の一日だったのですが、その最中、別のお仕事のお話が立て続けに入り、急遽打合せや日程調整やら資料送付やら…。嬉しい悲鳴でした!
貴重な経験も出来て有意義な日でした!
さぁ頑張ろう!!
| - | 20:44 | - | -
人口減少No.1の県
総務省が発表した住民基本台帳による人口調査によると…
増加率No.1:東京(0.72%)、No.2:愛知(0.55%)、No.3:神奈川(0.55%)…以降、滋賀、沖縄、千葉、埼玉、兵庫、福岡、大阪(0.02%)
ただでさえ許容範囲が超えて異常に人口の多い東京が、もっと増加している…。しかもその割合が大きい。まぁ増加しているのは、この10都府県だけで後は全て減少…
その順位は…No.1:秋田(-1.08%)、No.2:青森(-1.00%)、No.3:長崎(-0.85%)…以降、高知、岩手、島根、和歌山、山形、山口、鳥取(-0.61%)
参考までにマイナス1%という減少率は、阪神淡路大震災が起きた兵庫と同じ数値という…。
我が故郷…秋田…。詩の国秋田、豊けき秋田、誉(ほまれ)の秋田、拓かん秋田と謳われて来た…。いいところ、たくさんあるじゃん!
人材遍(あまね)く育みなして 燦たる理想に燃え立つ我等
正にそう!今こそ、燃え立たないと!頑張れ!秋田!!
| - | 19:51 | - | -
昭和歌謡&ポップス…逝く
作詞家の阿久悠さんが亡くなった。
まさに戦後の歌謡界、日本のポップスの生みの親と言ってもいいだろう。あの名曲の数々…誰もが知っているあの曲…。自分のカラオケ曲(持ち歌)に多くの阿久作品がある!何枚ベストアルバムが作れるのだろうか…って思ってしまう。
メロディは解るけど詞が思い浮かばない曲が多くなった今、阿久作品は詞が見事に思い浮かぶ…最高の作詞家たる所以だと思う。昔の歌に興味が無い!という人でも、宇宙戦艦ヤマトとか高校サッカーの“ふり向くな君は美しい”といえばその偉大さを解ってもらえるだろう。というより、違うな…どんなに歌に興味が無い人でも、殆どの日本人は複数の作品は絶対に知っているよ、それだけ名曲が多い!!
作詞家活動以外にも自ら企画・審査していたスター誕生でも数多くのスターを誕生させているし、その功績といったら尋常ではない。
古賀メロディーの作曲家:古賀政男さんや吉田メロディーの作曲家:吉田 正さんの様に、阿久悠さんは国民栄誉賞に値する。作詞家としてシングル総売上枚数6,818万枚…歴代1位。CD売上枚数ミリオン連発の時代ではなくて、レコード全盛時代が多く含まれるこの記録。物凄いと思う・・・。
またひとつ昭和が逝った…昭和で残したいもの、残さなければいけないもの…絶対にあると思う。
| - | 19:31 | - | -
子供とお年寄り
電車の優先席(5人掛け)に、祖母(50代後半)、母(20代後半)、子供2人(幼稚園か小学生1年)の4名が座っていた。座席に寝そべったりしながら子供ははしゃいでいたが、その子供の靴を気にするのはいつも祖母の方。その母親は一向に気にするそぶりも無い!情けない…というよりは、昭和の母は良いなぁ!と思ってしまう。
そんな折、ある駅で高齢の人が乗車してきた。善良で良識ある人間であれば席を譲るという感じだった。優先席のもう一つの座席は、サラリーマンらしき50代前半の男性が、まぁこれこそ情けない顔!という状態で寝ており優先席は全て埋まっている。
そこで母親の一言…。
『すみませんねぇ〜〜〜子供なんで』
はぁっ!どうやら子供連れなので譲りたくても譲れませんという主張だった。・・・・お前が立て!
乳幼児なら解る!怪我でもしていれば解る!幼稚園児の母親でかつ他にも引率の祖母がいるのなら、自ら立って席を譲って行動で教育しろ!というよりも子供も含めて立たせて席を譲るということを経験を持って学習させろ!
都合のいいときだけ子供を利用するな!って…。
そんな状況を見て席を譲ろうとしたのが祖母だった…。そして高齢の人が言った。
「いえいえ大丈夫ですよ、私は…。かわいい坊ちゃんですねぇ〜」
母親
『そうなんですよ〜わんぱく盛りでね〜ねぇ〜〜○×ちゃん!』
母親の表情と祖母の表情…余りにも対称的だった…。
| - | 19:32 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2007 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE