氏家大一郎:コラム

  Daiichiro UJIIE -column-
現職大臣の自殺
渦中の国会議員が自殺した。しかも現職の大臣…戦後では初めてという。
その意味は大きい。
国務大臣…内閣総理大臣によって任命され、また、任意に罷免される。この任免は、天皇が認証する。
とある。任免は天皇が認証するポストだ。
今の時代、一般の受け取り方として、大臣の地位や権威という本質そのものが、それほど認識されていない。“国会議員を長年務めていればなるポスト”に成り下がっているとさえいえる。本質的には大臣とはそんなものではない。
内閣総理大臣によってのみ任免され、それを天皇が認証するほどの大臣。その現職大臣が自殺ということは、余りにも尋常では無い出来事だ。しかも事務所費問題や談合問題で取り沙汰されている最中でのことで、ましてや他の関係者も自殺したという…。そこに、どれだけ大きく深い問題があるのか…。根幹の問題の究明なくして、絶対に…解決はない…。
| - | 20:01 | - | -
ANAのシステム障害
130便以上の欠航で影響も7万人以上にも及ぶとされる。原因はコンピュータシステムの変更による不具合で、システムを元に戻したら直ったという…。システム障害中は手作業による対応をしたが、それも機能せず多大なる影響が出た。
バックアップ体制は充分だったのだろうか?コンピュータに支配されたといってもおかしくない現代は、手作業による処理では到底追いつけないものになってしまっている証拠。今回の一件でもチケットを持った人はまだしもチケットレスの人への対応は後手後手になったという。コンピュータが使えないので、コンピュータで購入したことが確認できない…当たり前のことだが怖い話だ。
人間なんだから失敗するし過ちも犯す…という言葉があるが、機械なんだから故障もするということをもう少し意識した方がいいと思う。どこかで「機械だから間違いない!」という意識が強い気がする…。人間社会というベースの上で機械が存在しているのだから、人間が関わっている以上、故障も不具合も発生して当然。
でも今回巻き込まれた人は本当に災難だと思う。代替便や宿舎補償、見舞金等は当然としても、どれだけの大切な時間や機会を失ったのだろうか…。泣くに泣けないとか人生の岐路の場面でとかという事例も公私の差に関係なくあったと思う。自分だったらそれが一番辛い。
明日は我が身、本当に大切なことのための移動であれば、飛行機に限らず電車でも車でもバックアップ体制をとっていた方がいいという事なんだろう。
| - | 18:05 | - | -
日本人旅行客の評判
欧州の15,000のホテルを対象としたアンケート調査(英:エクスペディア調べ)で、【世界最高の旅行者】に日本人が選ばれたという。理由は「礼儀正しい」「部屋を綺麗に使う」「物静か」「分別があり思慮深い」等の項目が圧倒的得票で総合1位になったという。何と素晴らしい!ちなみに2位はアメリカ人、スイス人と続く。
逆に世界最悪の旅行者はフランス人で、理由は「高慢」「度量が狭い」だという。以下、インド人、中国人と続く…。
他にもたくさんお金を使う部門はアメリカ人、ロシア人、イギリス人が高得票、服装部門はイタリア人、フランス人、スペイン人が評判が良く、イギリス人とアメリカ人が評判が悪いという。騒がしい部門はイタリア人、チップにケチ部門はドイツ人だという。
あくまでも欧州のホテルでのアンケートだが面白いデータ。真偽の程はどうであれ、日本人が世界一!とは素晴らしい!!
日本人イコール「礼儀正しい」「部屋を綺麗に使う」「物静か」「分別があり思慮深い」
日本国内ではマナーやモラルの低下が問題視されているが、少なくても海外(欧州)旅行に行った日本人は素晴らしいと思われている。それだったら国内全体もそうなって欲しいものだ。
まぁしかし…アメリカやアジアや日本のホテルにもアンケートしてみて欲しい。どんな結果が出るのか…非常に興味深い。
| - | 19:02 | - | -
たばこや喫煙は犯罪なのか?
喫煙率(男性)が初めて40%を切ったという。
某番組で[医者で喫煙者]という人に対し、ある人が「あなたは医者なのに喫煙しているというのはおかしい!弁護士が法を犯してもいいというのと一緒」と発言していた。何を根拠にした発言なのかって思う。喫煙(たばこ)=犯罪という法律でもあるのか?医者=喫煙してはいけない と誰が決めた?
日本において、タバコは嗜好品。嗜好品とは【栄養をとる目的ではなく、その人の好みによって味わい楽しむ飲食物など】とある。主に、酒・炭酸飲料・コーヒー・お茶・菓子・タバコ等だ。 たばこは決して違法品でもなんでもない。にも関わらず、あたかも違法とか犯罪者的な扱いは何なのだろうと思う。
たばこが悪でいけないものなのであれば、それに対して規制すればいいだけのこと。たばこは犯罪ですとなれば、販売中止でも喫煙禁止でも、それは仕方がない…。ただそういう規則も何も無いのに、たばこ=悪、喫煙者=悪者みたいな風潮は何なんだ!と思う。今の時代、喫煙者は分煙に理解しているし、大いに分煙した方がいいし、路上喫煙や歩行喫煙は禁止にしてもいいと思う。実際問題、公のところで吸える所は殆どない訳だし…。ただ認められているものを悪という色眼鏡で見るのはおかしいだろということ!
そもそも40%を切ったというが、成人男性の40%も喫煙者がいるってこと!禁煙推進の風潮だけをズバズバ流すのは良くないし、もっと議論すべき。1,000円にすれば吸う人は少なくなるとか、そんなのは議論のすり替えもいいところ。
5月31日が世界禁煙デーらしいが、日本ではそこから一週間が禁煙週間。いろいろ報道がされるのだろうが、そもそも日本たばこ産業の筆頭株主が【財務省(財務大臣名義)】であって、管轄が厚生労働省ではなくて財務省って所にも注目したほうがいいよな、本当。
| - | 19:45 | - | -
路上でぶつかった!
事務所のある赤坂見附を歩いていたら、キョロキョロしながら急いでいそうな青年がいたんです。Tシャツにジーンズ、リュック(今時のカバン)という軽装の大学生風で、携帯片手にあっちにこっちに右往左往している青年。場所が解らないのかな?待ち合わせかな?何て思いながら、自分はスタッフと歩いていたのですが、その青年がいきなり逆向きになってきて(振り返って)自分にぶつかったんですね。「あぁごめんなさい!」そう言う彼の顔を見たら、あらびっくり!某有名アイドルでした!!
仕事柄芸能人や有名人と接する機会は多いですし、業界のルール(暗黙の了解)みたいな接し方もあるわけで、ここ赤坂って飲食店(料亭含む)やテレビ局やホテルもあったりして、結構普通に歩いているんですよね、芸能人とか有名人とか…。でも大概は連れがいて複数人であったり、一人でもサングラスかけたり帽子を被ったりって感じなんですけど、今回のその人は一人で変装も何も無しで、正に素!!しかも何より、バリバリのアイドル!これが渋谷とか原宿とかだったら、キャーキャーって騒動が起きるだろうなぁ…間違いなく!
何か妙な“触れ合い”のあった日でした・・・・。
| - | 18:45 | - | -
お土産
今日は私的には週末の現場もあって本来であれば休日なんですが、アポイントもあって出社。あれ?今日は日曜?なんて思いながらの一日でしたが、そんな中、この週末休みだったスタッフがお土産持参で会社に顔を出していました。
地方に行っていたらしく、地方の名物お土産を何点か持ってきてくれました!いやぁ嬉しいものですよね!あぁ〜言っておきますが、強制じゃないですよ!あくまでも任意というか…好意ね!
まぁそれが美味!本当に!!酒の肴に最高ですよね!
内のスタッフって、どうしてか解らないんですけど、お土産って持ってきてくれるんですよね。それが高価とか安価とかっていう陳腐な議論ではなくて、その行為が本当のお土産だなって思うんですよね。本当に嬉しいですよね!!
物事の真髄って、やっぱり人間だよな・・・・それが高かろうがなんだろうが関係ない、そう…その想いが一番のお土産なんだよなって思ったなぁ。
ん〜〜〜今後も期待している!?
| - | 21:02 | - | -
麻疹(はしか)で学校封鎖
麻疹(はしか)の為に、首都圏の多くの学校で臨時休講(休校)となっている。
自分は予防接種を受けた部類に入るのだが、日本の予防接種率は世界各国と比べると異常に低いという。世界からは【麻疹輸出国】と嫌味とも本音ともとれることをいわれている始末。そもそも日本において予防接種というのは、予防接種法第8条第1項により“努力義務”とされていて、それにもまして昔は集団接種での実施だったものを1994年から個別接種で実施する方法に改めたという。
情けないというか、何というか…。そもそも努力義務って何?「力を尽くして励むべき当然しなければならない務め」か?「当然しなければならない務めを力を尽くして励むべき」か?じゃぁ義務努力?ただ単に曖昧な都合のいい言葉に感じる。それに何で個別接種なの?黙って義務教育の間で強制的にでもやればいい話。義務なんだから…。税金の無駄遣いさえ止めれば、幾らでも出来るだろそんなこと…。
またBCGについては今年4月から追加認定になったという。え!?そうなの?って思ってしまった。自分はBCGも学校で予防接種したんだが・・・。秋田って予防接種王国?時代の問題?…。
福祉もそうだが健康や医療に関しても温かい国じゃないといけないよ。っていっても社会保険庁の指導医療官が賄賂で逮捕されている現状だが…。
一過性のものという意味の「麻疹(はしか)みたいなもの」という比喩があるけど、“現状”経済大国2位のこの国ニッポン、その麻疹(はしか)で学校封鎖している場合じゃないと思う…。
| - | 19:58 | - | -
愛知の立てこもり発砲事件
解決までに約29時間…死者1名、負傷者(人質含)4名、発砲8発。
日本の報道は殉職した警官個人にフォーカスを当てているが、それは事件の本質とは全く違う報道のあり方。職務は常に危険を伴うものであって、ましてやSAT(特殊急襲部隊)。主なる仕事は、対テロ、凶悪犯罪、銃器犯罪で“急襲して犯人を制圧することを目的”としている。にも関わらず、あの時の職務は後方支援。本当にSATは機能したのか?機能できなかった理由はどこにあるのか?発砲された場合どうするつもりだったのか?機動隊と刑事部捜査1課、そしてSATの混成部隊だったらしいが、愛知県警がいう「検挙に至ったことで、適正な捜査だった」というその判断、その真意にフォーカスを当てないといけない。
そもそも日本は、立てこもり事件では時間がかかり過ぎる。説得と容疑者も含めた身柄確保が優先されるからなのだろうが、突入したら容疑者が自殺していましたっていう前の立てこもり事件はどう処理されたのだろうか?相当範囲の近隣住民にも影響があるってことも考えた方がいい。
それとこの一連の経過の中で気になることがある。それは負傷した警官を5時間以上、放置したこと。この衝撃的な映像を世界各国の市民はどう思ったのだろうか?あれだけの距離と状況で余りにも長過ぎる。交渉していた?時間を稼いでいた?にしても、実際問題として救出時に警官が殉職した…。
とても県警の言う「検挙に至ったことで、適正な捜査だった」との結論には至らないと思う。
殉職した警官は、首席で警察学校を卒業したという…努力家で将来有望な警官の命を無駄にしてはいけない・・・・。
| - | 19:02 | - | -
17歳の母親殺人事件
福島県の高校3年の少年(17歳)が、母親を殺し切断しその頭部をもって自首したという…。腕も切断しスプレーをかけて植木鉢に差した…本当は外に吊るすつもりだったという情報もある…。
何なのだろうか…切断した頭部を持って自首…それも母親。しかも自首の前にインターネットカフェで時間を過ごしていたという。
供述によると「母親への恨みはなく、ホラー映画を見ているうちに人を殺してみたくなった」という。室内には殺人に関する本やホラー系DVDが多数あったという。こういう事件が発生すると、やれホラーがどうだこうだといわれるが、本質の問題はそこではない。少年法で保護されるのであれば、そういう原因やメカニズム等を徹底的に調査して今後に生かすべきだ。安易な判断で終結させてはいけない。
ただ本当に、こういう未成年による凶悪事件が珍しくなくなった。自分が高校生の時は・・・そう置き換えてみると解りやすい。
未成年による凶悪犯罪とか、犯罪の低年齢化とか…そんな言葉に慣れるより、行動を起こさなくてはいけないと思う。
| - | 19:01 | - | -
ディズニーランドは修学旅行生満載!
ディズニーランドに行ってきました!仕事で・・・。
春の修学旅行シーズンとあって、もの凄い数の学生(生徒/児童)さんがいました!今日は昼過ぎまで天気が悪く雨が降っていたのですが、その後は快晴!人も少なく、良かったんじゃないかなぁ。自分も修学旅行で、はるばる秋田から来ましたからねぇ。
今、ディズニーリゾートだけではなくて、都内にもたくさんの修学旅行生を見ることが出来るんですよ。多分、自由行動とかだと思うんですが、5名くらいのグループで行動しているんです。でも見ていると良いですよね、何か。ほっとするというか…行動が初々しいというか…。「嫌な思いしなければいいけどなあ、気をつけてな!」って思ってしまいますよね。本来であれば、「楽しい思い出を作って来いよ!」ってのが本当なのだろうけどね…。自由行動の中で、東京の負の部分や人間の嫌らしさとかを体感して欲しくないなぁって思っちゃうんですよね。
でも自由行動って昔は定期的にココ(先生が待機しているホテル等)に電話するようにとかあったんですけど、今は携帯電話なんだろうなぁ。GPS付きの携帯とかを学校側が持たせていれば凄いけど…。
そうそう我が秋田って修学旅行CMがあるんです!告知とかではなくて経過報告みたいな安否情報で「**校の修学旅行一行は無事初日の日程を終え宿舎に戻りました」とか…。これって県外に出て初めて知ったんですけど秋田固有みたいですよね。何時にこのテレビ局で流します!みたいな情報を事前に親(保護者)に知らせているんですよね。自分も初々しころ姉が修学旅行のときに見ていましたよ!両親はどうしていたのかは???今なら携帯電話が…って思うけど、まだやっているようですね。
まぁ修学旅行を取りやめたり、宿舎での集団生活(入浴や就寝時の大部屋)をなるべくしない方向で個人を尊重する傾向もあるようだけど、修学旅行はそこが一番の楽しみって時もあったような気がする・・・。
| - | 19:05 | - | -
保育料滞納問題
認可保育園(所)における滞納額は、全国の県庁所在地と政令指定都市と東京23区で34億と言われている。その額は給食費未納の22億(全国)をはるかに超えている…。しかもその保育料…あくまでも全国県庁所在地と政令指定都市と東京23区であって、他の自治体を含めるとどうなるのだろうか?
勿論、徴収活動はしているということだが、実情は給食費問題と同じく払えるのに払わない、払いたくないと豪勢な生活をしている人も多いらしい…。
これではいかん!と滞納者に自主退園届の提出をお願いする自治体もあるようだが、管轄の厚生労働省から『児童福祉法違反』の疑いがあるとして、その行動を口頭で注意されたという。何が児童福祉法違反の疑いだよって…じゃぁ全国2万人ともいわれる「待機児童」問題はどうなる?立派な児童福祉法違反だろ!
そういう省庁の逃げやかわし、こじ付けの姿勢が、普通の人が迷惑を被るシステムを助長している。今回の件の保育料総額は約1447億円で滞納額は約34億円。厚生労働省所管の特殊法人「年金資金運用基金」(旧年金福祉事業団)がおつくりになった今は亡き【グリーンピア】につぎ込んだお金が3730億円でその損失3682億円…。言っていることやっていることに説得力が無さ過ぎだわな…。
まぁ厚生労働省の問題もあるが、一番の問題は払えるのに払わない親(保護者)。給食費未納予備軍ともいえる訳なんだから、しっかりと措置をしなければ被害が大し、普通の人が迷惑を被る…。給食費も保育料も、逃げ得だけは絶対に許されない。
| - | 19:13 | - | -
赤ちゃんポストに3歳児!?
あの赤ちゃんポストに開始(運用)当日に男の子が入れられたという…しかも3歳児。
男の子はちゃんと自分の名前と年齢を話して、「新幹線に乗ってお父さんと来た」とも話しているという。
物凄く胸が詰まった。3歳児…言葉もわからぬ赤ちゃんではない。幼稚園の年少組で運動能力と想像力とが著しく伸びる時期。そのお父さんにどんなことを言われて、どんな思いで、あの箱?BOX?に入ったのだろうか?想像するだけで心が痛む。
病院側は“医療機関として”ノーコメントのようだが、3歳児ということで警察や児童相談所等に通報、警察は父親の特定を急ぎ、同時に保護責任者遺棄罪に当たらないか等を調べているという。どういう事実関係や家庭環境があるのかは判らない。何歳でもいいと思ったのだろう…。ただこの赤ちゃんポストがなければ、間違いなく保護責任者遺棄罪だろう…どう考えても。でも「どうしても自分では育てられない場合に匿名で赤ちゃんを預けられるところ」が出来た…。そして3歳児が入れられた……。
病院側は新生児(医学的には生後4週間)を想定しているというスタンスだが、新生児であろうと3歳児であろうと“命”はいのち。尊厳の問題…そこを履き違えてはいけない。
| - | 19:45 | - | -
相撲は知的なスポーツではない!
と言ったとされるフランスの次期大統領、サルコジ氏。
「ポマードをつけた太った男同士が戦うことがなぜそんなに魅力的なのか?インテリのスポーツではない!」「日本よりも中国が好き。東京は息が詰まる。京都御所はうらぶれている。有名な庭園も陰気だ」
まぁその発言の真偽の程はどうなのかわからないが、物事をストレートにいう性格らしく、似たような主旨のことは言ったのだろう…。
思想は個人の自由…確かにそれはそうだろう。ただ“言い様”というものがある!日本人としてはっきり言って腹立たしい!
『ポマード?…鬢付け油と呼べ!』『息が詰まる?…異常に密集しているんだから当たり前だろ!』これ位の反応があって当然!というかあるべき。相撲協会なんかは、毅然と反論?主張?すればいい。反日派と親日派だったら勿論、親日派の方がいい関係を構築できる。でも幾ら反日だとしても“言い様”だよ。
相撲って『国技』…まぁ日本における相撲人口やファンのことを考慮すれば…という感じもあるが、国技は国技!日本を馬鹿にしているのと一緒。アメリカがベースボールを同様に扱われたらどうするんだって?
そもそも国技なんだから義務教育で相撲を取り入れるべき。自分自身、柔道も剣道も習った…でも相撲は習っていない。別に裸にまわしじゃなくてもいいし、遊び感覚でもいい。小学校くらいなら丁度いいかもしれない。体育着の上からまわしでもいいだろう。その所作や文化や習わしや…。
まぁそれはそうとしてもあの発言。過去のことで証拠も何も無いので何とも言えないが、もし今後何かあったら毅然と反論や主張をしないといけない!大統領就任後の発言に注目だわな・・・・。
| - | 20:14 | - | -
親学の意味
政府の教育再生会議が、親に向けた子育て指針として発表する予定だった『親学に関する緊急提言』の発表を先送りすることを決めたという。
発表予定の内容は…
[1]子守歌を聞かせ、母乳で育児。
[2]授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない。
[3]早寝早起き朝ごはんの励行。
[4]PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す。
[5]インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施。
[6]企業は授乳休憩で母親を守る。
[7]親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞。
[8]乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施。
[9]遊び場確保に道路を一時開放。
[10]幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる。
[11]思春期からは自尊心が低下しないよう努める。
というから驚きだ…はっきり言って当たり前の内容で、ある意味人をバカにしたような内容。
“有識者”や“学識経験者”が「政府がやることではない!」「教育観の押し付け!」「政策的な裏付けがない!」等と発表見送りの理由を述べていた。確かにそうなのだろうが、広義でいえばというより本質的には大義で説けばだと思うが『出来ない親が多くなっているから示さないと仕方が無い』ということだと思う。そこが大きな問題であり、この親学の意味(真意)だと思う。
「こんなことはやっている!」「当たり前のことだ!」「余計なお節介!」「家庭の事情がある!」という前に、そういう議論が出ること事態が黄信号だということを受け止めないといけない。
やれ格差格差といわれるが、出来る親と出来ない親…わかる親とわからない親…そんな格差もあるってことだろう…。
| - | 18:11 | - | -
高校野球のスポーツ特待制度問題
日本学生野球憲章の第13条【選手又は部員は、いかなる名義によるものであっても、他から選手又は部員であることを理由として支給され又は貸与されるものと認められる学費、生活費その他の金品を受けることができない】の違反実態調査。結果は高野連加盟校加盟校773校の内、違反校376校(内、公立1校)・部員7,971人。実に48.6%が違反という状況だ。
一般の感覚からすれば「え!?違反だったの?」って感じだと思う。「私立ってみんなそうなんじゃないの?」って感じで…公立が1校あるのが驚きなくらいだ。出場校の県名と選手の出身地が違うのなんか、もう普通になってきている(なので自分は公立を第一に応援しているが…)し、特待制度なんかは当然だと思っていた。
野球部だけに課せられた決まりで、他の部は自由という点もあって『納得できない!』『時代遅れ!』『ふざけるな!』という意見も多いが、決まりは決まり、守らないといけない…それを教えるのが教育現場であり、社会のルール。半数近い数が違反だから…どこもやっているから…の論理は通用しない。
まぁただはっきり言えば、この憲章(条文)。機能していないのは明白なのだから、見直した方がいい。今回も担当部長の解任とか当該選手の対外試合禁止(期限付き)とか措置はするみたいだが、夏の甲子園はお咎めなし?って、何か既に形だけになっている気がする。条文だって、仮に対象が“選手の保護者や家族”だったらどうなるの?ってなる。
この問題は西武の裏金問題から始まったこと…まぁ問題は多々あるとはいえとりあえず高校野球界は真摯に取り組んだんだろうから、プロ野球もしっかりと取り組まなければいけない。
元々は戦前の野球人気による選手の引き抜きによる制定だったというが、これで野球人気(人口)がなくなる事にならなければいいが…。
| - | 19:13 | - | -
悩ましき時…
原点に返れば“あぁ〜”って思うことってあるものだ。
日々の生活や現実に追われながらいると解らない事や忘れてしまっている事…。
何かそんな感じがした・・・・。
| - | 19:53 | - | -
会社は休み!も…
GWはあっちだこっちだと仕事だったので、本日は本来であれば休日!
も!私は出社で諸作業…まぁ今日も東京スタッフの一部は公演で現場!福岡スタッフは勿論出社!自分はゆっくりバカンス!とはなりませんよ。
そんなこんなで事務所で諸作業!DVD(レンタル含む)の話があって処理していたのですが改めて思いますよね、時代を…。世の中は当然DVDってこと!そしてレンタルになる速さ…。昔、レンタルショップでVHS版とベータ版が並んでいたのが本当に懐かしいですよ。自分の最初は普通の街の電気屋さんの中にもレンタルコーナーがあったりして、大型レンタルビデオ店が出来たときにびっくりしましたもんね、品揃えとか…。未だに覚えていますよ、その大型レンタルビデオ店のオープン時のスペシャルサイン会!ゲストはAV女優でしたからね!何故か顔しか映っていない新聞広告と店頭に貼ってあった“エッチ”なポスター…思い出せれます!
明日は公演チームが休み…さぁ私は元気に出社しましょう!
| - | 19:01 | - | -
福利厚生!?
の一環で、社内行事がありました!唯一のオフ日?まぁ実際には来れないスタッフもいたのですが、ある程度の人間が集まれるので強引に決行!企画したのは自分では無いのですが、とても中身の濃い一日になりました!
詳細は紹介できませんが、遊びに語りに飲みに…そしてエンタテインメント?って感じで、日頃見れないスタッフの姿を垣間見れた!…というか弊社の社風が日頃も飲んでさらけ出している!?みたいな感じなので、実際はあまり変わらず?まぁただ仕事が終わった後の何時間とかという“さくっと”という訳でもなかったので、楽しめました!
仕事のために中抜けしたスタッフもいたのですが、そこはビジネスのけじめ!でも最後は再合流して楽しめました!まぁ私は日中から付き合いで!?飲んでいたので大変でしたが…。まぁこれも福利厚生の一環です!
まぁその余韻に浸る時間もなく、自分も含めそれぞれの仕事に突入!GW後半戦…頑張ろう!!
| - | 20:42 | - | -
我々の業界のゴールデンウィーク
いつの間にかGWに入っていました…。
まぁ人が多い多い!神奈川と静岡に行ってきました!が、渋滞のため移動時間に物凄く時間が…。会場入りからリハーサル、そして本番…この流れの時間よりも長い時間車内にいましたね、間違いなく!ある意味、拘束時間は朝から晩。
今回は自分が車を出していたのですが、まぁ大変でした。渋滞回避もあって通常は使わないだろうなという道を使ったんですね。まぁこの道が凄い!本当に狭い!しかもでこぼこで急カーブの連続。感覚的にはオフロード!『何だよ〜この道!』って思っても、裏道なので…仕方が無い。
でも前を走っている軽トラのおじいちゃんがびゅんびゅん飛ばすんですよね!自分の車は、小回りも聞かないし何より高低とかには弱いタイプなんですよね。人も乗せているので急ハンドルや急ブレーキも控えたいんですよね…自分が乗っている立場なら間違いなく酔いますもん、あの道は!
何とか会場入りしてステージをこなし…いやぁしかし家族連れが多いなぁと思っていたらGWですもんね。当たり前です!“休日”という素敵な空間がつくられていましたよ、本当!仕事中の我々は仕事をこなし、帰路東京へ…「来た(行きの)道は嫌だ!」との意見が多く、通常の道へ!まぁこれからが地獄の大渋滞!
でも意外に自分自身、そんなに苦痛でも無かったんです。それは海が見えたからなんです!海が好きなんですよ、本当!海で育ったのでどうしても海が恋しくなるんですね!あの潮の音や磯の香り…もう最高なんですよね!飽きないんですよ、これが!
と、一人悦に浸りながら、同乗者はぐったりしてました・・・・。
| - | 19:26 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2007 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE